29歳3回目!ゲーム会社カスタマーサポート社員に

業界:ゲーム会社 |26views

転職No

case136

名前・性別

吉松彩恵(仮名)・女性

転職時の年齢

29歳
転職時期2013年11月
転職前の仕事

携帯電話向け音楽映像配信事業会社 総務(東京都)

転職後の仕事ソーシャルゲームの企画・開発・運営会社 カスタマ―サポート(東京都)

書類提出

3社

面接

3社

転職回数

3回目

転職活動期間

約3か月(退職後の転職活動)

卒業大学

専門学校卒

ポイント

派遣から正社員へ転職。年収100万以上UP!

転職エージェント(ワークサポート)で紹介された1社目で内定!

 

派遣社員として携帯向け音楽・映像配信事業会社に勤務

-前職に就職した経緯を教えてください。

 

(吉松)前々職ではゲーム会社で3年ほどアルバイトをしていましたが、所属していた部門の業務がアウトソーシングされることとなり、アルバイトは契約終了となったため転職を余儀なくされました。突然の契約終了を宣告され、急いで就活をしましたがなかなか決まらず、とりあえず繋ぎのために派遣社員に登録し前職に就職する形となりました。

 

 -前職の業務内容と担当されていた仕事内容について教えてください。

 

(吉松)前職の会社の業務内容は過去にCDショップで働いていたことがあり、派遣会社から携帯電話向けの着メロ等の音楽・映像配信事業会社を紹介されました。 仕事内容は管理部門の総務として勤務しました。来社対応、電話対応、請求書処理、備品の購入、慶弔対応、資産管理、社員に貸与されている携帯電話の棚卸の実施や回線契約の管理など、庶務全般を担当しました。

 

-派遣社員として勤務した前職の職場の雰囲気はどうでしたか?不満はありましたか?

 

(吉松)エンターテイメント系の業界であったので、職場は華やかで社員のノリも軽く、自由な雰囲気でした。会社の規模のわりには、正社員以外にも業務委託や派遣社員の数がかなり多かったのですが、風通しは悪くない印象でした。不満は、当初派遣されていた部署が2か月で閉鎖されました(もともとは総務ではなく違う部署での派遣採用でした)。これに限らず、無意味な部署名変更などが頻繁に行われていたため、名刺の所属部署の書き換え等の作業などが多かったです。

 

-転職しようと決意した“きっかけ”とは?

 

(吉松)同じ部署にもけっこうな数の派遣社員がいましたが、周りの同僚たちに「なぜ派遣社員をやっているのか」と話を聞いたところ、結婚して旦那がおり収入が十分にある、過去に正社員経験があり、激務に耐えられなくなって派遣社員をしている、株で儲かってるから楽に働きたいなど、何かしら理由があって派遣社員を選択している方たちばかりでしたが、自分は今まで契約社員→アルバイト→派遣社員とフラフラと生きてきており、このままずっと派遣社員では、やはり将来的に問題があるだろうと考えたため転職を決意しました。派遣社員では決定権もなく、「こんなことをやりたい」と業務改善を提案しても受け入れられないことにも歯がゆさを感じていましたし、また、この時ちょうど20代最後の年でもあったため、この機会に正社員を目指して転職活動を行いました。

 

 -前職にどれくらい勤務し、何歳の時に転職しましたか?転職活動は初めてですか?

 

(吉松)転職した時期は、働き始めて1年半くらい経った頃です。当時29歳。転職は初めてではなく、今回で3回目です。

 

 

転職サイト・転職エージェントに複数登録し、正社員を目指し転職活動!

-今回の転職活動では、どのように情報収集しましたか?転職エージェントは利用されましたか?

 

(吉松)情報収集は転職サイトではenジャパン、マイナビ、リクナビなどに登録し、転職エージェントではワークポートを利用しました。初めて面談した際には、これまでの経験やどんな仕事をしたいか、どんなスキルがあるかをヒアリングされ、その場で何件か紹介できそうな案件を紙に印刷して出してくれました。自分で履歴書や職務経歴書を応募先に持参しなくてよいのが楽だなと思ったのと、給与交渉や面接日時、これまで面接したほかの方からの情報をもとにアドバイスをくれるところが助かりました。良かった点は自分自身や、自分が紹介した友人が転職が決まった際にはAmazomギフト券を頂きました。悪かった点は転職が決まった後も、いまだに「友人を紹介してください」といったキャンペーンのメールがしつこく送られてくるのでイライラします。

 

 -書類選考や面接では、どんな点をアピールしましたか?

 

(吉松)自分は転職回数がかなり多いため、転職先の業務に関係のなさそうな職務経歴はさらっと流しつつ、経験のなかで転職先で生かせそうなものである、ゲーム業界でのアルバイト経験、その時の業務内容と応募先が提供しているサービスへの関心度、アルバイトではありますがリーダーとしてチームを取りまとめていた点をアピールしました。

 

-採用担当面接官にはどんな質問を聞かれましたか?

 

(吉松)採用担当者に聞かれた事は志望動機よりも、業界の理解度、業界特有の専門用語を理解しているか、分からない場合は今後覚えていく熱意があるかどうか等を主に聞かれた記憶があります。また、未経験職種への応募、しかも正社員での勤務経験がない中での応募だったので、即戦力として使えるかはあまり問われませんでした。

 

 -内定が出るまでどれくらいかかりましたか?

 

(吉松)内定が出るまで転職活動は3か月程度かかりました。退職してからの転職活動となります。
 

-数ある企業の中から新しい会社を選んだのはどんな理由からですか?

 

(吉松)転職エージェントに登録して初めて紹介された会社に面接にいったところ、1件目の会社であっさりと内定をもらってしまい、他の企業と比較検討する間もなく転職することになったため、特に選定基準や重視した点はありませんでした。退職してからの転職活動だったため自分の中でかなり焦りを感じており、どこでもいいから雇ってほしいという思いで転職活動するようになっていました。今思うと、派遣社員を続けたままもっといろんな会社を受けてみれば良かったなと若干後悔しています。重視した点は「未経験の業務でも正社員として雇ってもらえるかどうか」「現在の仕事よりも年収アップが見込めるか」「ボーナスが出るか」「土日祝日休みか」です。

 

-正社員に転職することができたのですね!転職活動中に一番辛かったこと、想定外のトラブルなどはありましたか?

 

(吉松)トラブルというわけではありませんが、面接の実施が1回のみ(現場担当の社員が1名のみ)で、その場で即採用となったことが想定外でした。2次面接も一応ありましたが、1次面接が終了したすぐあとに社長との顔合わせ程度のごく軽いものが行われた程度でした。今思うと、応募した部署への経営層の関心が薄かったのではないかと思われます。

 

 

正社員として、ソーシャルゲーム配信会社のカスタマーサポート担当として勤務

-新しい会社の業務内容を教えてください。また、どんな業務に携わっていますか?

 

(吉松)新しい企業の業務内容はソーシャルゲームやそのたサービスの企画・開発・運営会社です。私はカスタマーサポート部門の管理を担当しました。お問い合わせ業務としてクレーム等の難易度の高いお問合せ、委託先オペレーターが対応できない案件のエスカレーション対応、お客様から寄せられるご意見要望、問合せの多い不具合を分析し、開発チームに共有する、業務フロー見直し、回答テンプレやFAQなどの定期的な見直しなど担当しています。また、業務委託先との折衝、発注、情報共有など外注管理全般。開発段階の製品の品質管理、リリース準備としてリリース前のサービスの開発段階からプロダクトチームと連携し、問題点の洗い出し、お客様対応を円滑に行うためのツールの作成を開発チームへ依頼、新規プロジェクト立ち上げの際の業務フローやマニュアルの作成を行っています。

 

-新しい職場は前職と比べてどうですか?良かった点、悪かった点はありますか?

 

(吉松)良かった点はこれまでアルバイトや契約社員、派遣社員と不正規雇用だったため時給換算の給与でしたが、正社員になり収入面が安定したことです。年収としては、前職より100万円以上アップできました。また、上場企業であるため、社会からの信用度が上がったと感じます。また、職場の自由度が高いです。もちろん業種・職種・会社にもよると思いますが、今の会社は自由が利くので勤務中にコンビニ行ったり、病院にいくため少し出社が遅れる等は特に問題視されません。悪かった点は募集要項上は土日祝休み、10:00~19:00の勤務時間ですが、実際は休日出勤や深夜の勤務など、定時外での業務が頻繁に発生しています。酷い時期では、最高で60日間連続で勤務したこともあります。提供しているサービスが、常時動いているオンラインのゲームという特性上、不具合や障害が発生した際には即時対応することが求められます。このため、曜日や時間を問わず業務連絡のチャットや電話が来るようになり、気が休まることはないです。休日に旅行にいくときも、ノートパソコンを必ず持ち歩くようになりました。

 

 

これから転職を考えている方にアドバイスをお願いします!

(吉松)自分はあまり深く考えずに「とりあえず正社員ならなんでもよい」といった勢いで転職を決めてしまいましたが、面接を1回しか行わない会社は、上場企業と言えども人事が適当な会社である場合も考えられます。最近では、企業の口コミを見られるサービスも何個かありますので、そういったサービスも利用して複数の会社を見て、よく検討した上で転職先を決めるのがよいかと思います。また、転職エージェントも複数利用してみることをお勧めします。自分も今の会社からの転職を考えており、現在、転職エージェントは2つ登録しています。紹介される会社の幅も出ますし、転職エージェントの担当者によっても熱意や技量に差があるため、納得のいく転職ができる可能性が高くなると思います。なお、今の仕事を辞めてからの転職はおすすめしません。なかなか転職が決まらないことに焦り、妥協して転職先を決めると結局ろくな事にならないと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する