定年まで働ける、ワークライフバランスが整った会社へ!

業界:インターネットメディア・サービス運営 |59views

転職No

case127

名前・性別

山木愛梨(仮名)・女性

転職時の年齢

31歳
転職時期2016年8月
転職前の仕事大手広告代理店 営業・営業事務(東京都)
転職後の仕事インターネット関連会社 営業事務(東京都)

書類提出

4社

面接

4社

転職回数

2回目

転職活動期間

約5か月(働きながらの転職活動)

卒業大学

上智大学短期大学部 英語学科

ポイント

契約社員から正社員へ転職成功!ワークライフバランスの整った企業へ転職。

 

契約社員として大手広告代理店に入社するが契約満了を迎えることとなり・・・

-前職に入社した経緯と業務内容、担当していた仕事について教えてください。

 

(山木)前職は2社目の就職して、雇用形態に拘らず仕事内容に惹かれ就きました。雇用形態は契約社員でしたが、正社員と同様な仕事をさせて頂きました。

前職は大手広告代理店(東京都)でして、営業局にて営業および、営業事務を担当しておりました。主に新聞や雑誌、屋外広告などの紙媒体を中心に出稿主への提案型営業で、単純に広告の出稿・制作だけでなく、媒体社と出稿主との関係構築を築くことが根底にある最重要業務でした。出稿主・媒体社への営業活動がメイン業務でしたが、営業だけでなく、資料作成や原稿の進行管や、人事慶弔などの営業事務、来客対応や上司のスケジュール管理、出張手配などの一般事務も担当しており、多岐にわたる仕事内容でした。

 

-前職の職場の雰囲気はいかがでしたか?不満はありましたか?

 

(山木)忙しい職場だと聞いていたので、ある程度の覚悟はありましたが、プライベートを充実させるということは中々難しい環境でした。定時で帰れることは5年半の勤務期間の中でほぼなかったと記憶しております。また、休日の出勤もたまにですがありました。担当業務によっては、残業が多い頻度になる場合もあります。また、体育会系の企業でしたので、上下関係がハッキリしており、そういう社風に合わない方にはとても厳しい環境だと思います。加えて、飲み会も多く発生する為、個人的にはそこに不満を感じておりました。

 

-転職を決意した大きな出来事や具体的な理由はありますか?

 

(山木)特にございません。自分には合った環境だと思っていましたが、契約満了により退職致しました。私は前職で正規の社員になるつもりはなく働いておりましたが、正規の社員を目指している方でも、正社員になれる可能性はほぼなく、契約満了を待たずに転職される方をたくさん見てきました。契約社員から正社員になる方は、社員登用試験を受験します。入社2年目から年に1度のチャンスがあり、営業成績はもちろん、筆記試験、面接で判断されますが、社内での関係構築(社内営業)もとっても大事になってくるので、正社員を目指す方は仕事だけでない他の部分でも努力が必要です。上下関係がはっきりしているため、上司へのご機嫌取りを多く目にすることになると思います…。

 

-契約満了で退社されたのですね。転職したのは勤続何年目で、おいくつの時でしたか?転職は何回目ですか?

 

(山木)6年目で31歳のときに転職しました。転職は2度目です。

 

 

定年まで働くことができ、正社員としての雇用を希望し転職活動!

-転職活動はどのように行いましたか?転職エージェントは利用しましたか?

 

(山木)転職活動を開始する半年前に、リクルートエージェントに登録しましたが、最終的にはエージェントを介さずに転職いたしました。正直言って、私にはあまり必要なかったと思います。だいたいの転職市場を知ることができたのは良かったですが、あまり魅力的な企業はなく、ただのポータルサイトと化していると感じました。仕事のスカウトメールというものもあり、メールボックスがそちらで埋まってしまう為、余計なメールが増えただけという印象でした。そのため、私は前職で勤務中に知人を通してコネクションを作り、知人からの紹介で企業にエントリーをしていました。通常通り企業のホームページで求人を確認し、書類を送付し面接を受けた企業もありました。

 

-書類選考や面接でどんな点をアピールしましたか?

 

(山木)私は広告代理店の営業からの転職でしたので、面接ではどのような企画を提案し成功させてきたかを中心に聞かれました。また、自分のアピールポイントとしても、前職での具体的な成功事例でした。今まで経験してきた業務が具体的に、どのように役立ち、採用頂けたら即戦力になれることを伝えることが大事だと感じました。大きなくくりでいくと、広告を扱う業界でしたので、広告とは何か、広告とは何が大事かなど、広告に関する知見や自分の意見を求められる質問も多く聞かれました。あとは基本的な面接と変わりない印象で、志望動機や長所短所などを聞かれたと記憶しています。また、なぜ退職を考えたのか、なぜ異業種での転職なのかを中心に聞かれました。

 

 -転職活動は内定が出るまでどれくらいかかりましたか?それは働きながらですか?

 

(山木)5ヶ月ほどで内定を頂きました。働きながらの転職活動をしていました。

 

-新しい職場を選んだ基準は何でしたか?詳しく教えてください。

 

(山木)定年まで働くという気持ちで転職活動をしていた為、福利厚生を最重要ポイントとして活動しておりました。また勤務時間が極端に長くないかなど、ワークライフバランスがとれる企業を中心に転職活動をしておりました。私は女性なので、産休育休の取得率、時短勤務ができる制度が整っていたり、実際に女性の就業率が高いかなど、そのような面を重要視しておりました。給与面は重視していなかった為、給与は前職より下がってしまいましたが、長い目で見て給与より福利厚生を重視してよかったなと思っております。また、前職では新卒から定年まで働くという意識が強い会社だったため、転職者を受け入れる環境が整っておらず、転職する際には転職者も多く在籍している企業を中心に応募いたしました。

 

-転職活動中に一番辛かったことは何ですか?

 

(山木)特になかったです。私は契約満了で前職を退職していたため、失業保険もすぐにもらえたので、金銭面でも問題なく過ごせました。ただ、転職をすると決める半年前に家賃の更新があったため、幸いにもそのタイミングで実家に帰り実家で失業中を過ごせたこともよかったと思っているので、一概には言えません。貯金、大切です。

 

 

仕事とプライベートを両立させたワークライフバランスの整った企業へ

-新しい職場の業務内容と、担当されている仕事について教えてください。

 

(山木)転職先企業はインターネット関連の企業でSNSを扱っている会社です。無料のサービスを世の中に提供し、そのサービスへの企業からの広告掲載で出稿料を頂いております。

私はその中で広告営業の部署に所属しており、広告物の校正や広報確認、請求作業や受発注業務、効果測定のレポート作成などの営業事務をしております。また、外出の多い営業に変わり、社内でメールや電話での顧客対応もしております。基本的には事務作業がメインで、営業活動はしておりませんが、営業部ということで、出稿主はもちろん、関連会社・制作会社とのやり取りが多く発生致します。今までの職場では営業として従事してきましたが、顧客フォローという面で、今までの経験が活かせていると思っています。

 

-新しい職場は前職と比べてどう感じますか?良かった点、悪かった点は?

 

(山木)以前の職場と比べて新しい職場はとっても穏やかで、プライベートの時間がとれていると感じています。働いている方も穏やかな女性が多く、静かな環境で働くことができています。転職してよかった点は、ワークライフバランスがとれるようになったことです。定時で退社できる日も月の半分あり、また、休日の出勤もないため、予定が立てやすいのがありがたく感じています。悪かった点としては、給与が下がってしまったことですが、福利厚生面を考えるとそこまで不満はありません。たくさん忙しく働いた20代があったからこそ、30代になった今、このような環境で満足しておりますが、もしかしたら、20代の頃の自分が今の環境で従事したら物足りなさを感じていたかもしれません。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

(山木)焦りは禁物です。計画的に転職をすることをお勧めします。転職をする為には、貯金もある程度必要ですし、コネクションも必要です。焦って決めてしまっては、せっかくの転職が失敗に終わる可能性があるため、もし何か特別な事情がない限りは、気持ちのゆとりがある状況で転職活動をはじめることをお勧めします。また、自分が本当に何をしたいのか、どのような仕事、どのような生活を送りたいのかを考え、その瞬間瞬間の考えよりも長期的なスパンで転職先企業を決める事が大切だと実感しております。そして、縁はとっても大切です。たとえ上手くいかないことがあったとしても、縁がなかっただけで、自分に能力がないと自信をなくさず前向きに頑張って欲しいと思います。頑張って下さい!

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「マイナビ」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!マイナビエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する