30代後半、証券会社コールセンター正社員に転職!

業界:証券会社 |263views

転職No

case126

名前・性別

只野未来(仮名)・女性

転職時の年齢

38歳
転職時期2013年11月
転職前の仕事大手ITグループネット証券 カスタマサービス部(東京都)
転職後の仕事証券会社 営業部カスタマーサービス部(東京都)

書類提出

30社

面接

15社

転職回数

2回目

転職活動期間

約9か月(退職後の転職活動)

卒業大学

高卒

ポイント

30代後半、転職2回目、書類30社以上、面接15社を経て正社員として採用!

 

派遣社員として入社し正社員に。将来像が見えず転職を考える・・・

-前職の大手ITグループネット証券では、カスタマーサービス担当されていたとの事ですが職場の雰囲気はいかがしたか?

 

(只野)前の職場は急激に成長したこともあり、最初は私みたいな学歴のない人をどんどん雇っていましたが、会社が大きくなるにつれて資金力もでてきたので、よい人材を採用するようになり、そうなると今までの管理職との軋轢がでたり、その下で働く私達のような平社員にもその弊害があって人の入れ替わりが激しく、人手が不足するから仕事が終わらない、仕事量が多くなるから嫌になったり、病気になってやめてしまうというような悪循環が続いていました。

 

-転職を決意した出来事や具体的な理由はありますか?

 

(只野)前職では、大手だったので自分の学歴よりもよい給与をもらえていたと思いますが、会社の都合に合わせての異動が多く人の入れ替わりも多かった為、精神的に不安定になってきていました。また、異動が多いので専門的に学ぶことができず、常に補助的な役割だけになって、使い捨て同然のように働く働き方にも将来に不安を感じていました。
密かに転職活動をしていましたが、専門性がないのと年齢が高いため、年収が下がるのであればそのままの方がよいと人材派遣の人にも言われており転職がなかなかできませんでした。そのため、ずるずると働いていないといけないような状況でした。
そんな中で、再度異動の辞令がでてしまいました。異動もあちこちではなく、元々の部署に戻ったり、人手不足のところに異動というような感じでした。元々いた部署に戻ってくると、休んでいた期間がブランクになるので、役に立たないといじめられて居心地が悪く、異動になった時はほっとしたのに再度戻るのはどうしても嫌でした。人手が足りないから異動させられたのに、異動先では異動になっていた期間ブランクがあるからすぐには仕事ができないといわれ、仕事を与えてもらえず何もしないのはつらいし、その現状を人事部は見ていないということにもいらだちを感じました。何回目かの異動の時に耐えかねて人事に異動を拒否したら、異動を受け入れないんだったらどうするんですかと詰められ、このままだと異動を受け入れないと会社は辞めてもらうというような状況になり、そのまま辞めることになってしまいました。

 

-それはとても大変でしたね。前職場にはどれくらい勤務し、転職したのはおいくつの時でしたか?初めての転職ですか?

 

(只野)派遣から入ったので、派遣期間を含めると7~8年働いていました。30代手前で前職に就き38歳までなので、30代のほとんどをその会社で過ごしました。
正社員での転職は、今回を含め2回目になります。

 

 

書類提出30社、面接15社、活動開始から9か月後に内定!

-転職活動はどのように情報収集を行いましたか?転職エージェントは利用しましたか?

 

(只野)いずれは転職したいと思い、在職中も転職活動を続けていましたが、異動になり人事部の売り言葉に買い言葉みたいな感じで辞めてしまったので、 突然失業してしまいました。
その後、いろいろな転職エージェント、派遣会社、人材会社に登録しましたが、年齢が高いこと、専門性がないこと、大卒でないことというのはとても不利になり、転職エージェントでは、ほぼ紹介は無理と言われたので、あきらめました。 
ネットで転職サイトやエージェントを見て応募し、登録までするのにいざ面談となったら「○○さんの希望に合うような案件はないです」といわれたり、大手の転職エージェントに至っては登録すらもできず、ネットで申し込みする段階で断られました。
もし、自分の学歴、専門性がない場合、年齢が高い場合は応募しても無駄に跳ねられるので、直接企業に応募の方が面接までいける可能性が高いと思います。

 

-ご自分で直接企業に応募されたのですね。書類選考や面接でどんな点をアピールしましたか?

 

(只野)書類選考では、その企業が求めている業務内容を職務経歴書に詳しく記入しアピールして、面接時に聞かれた時は詳しく答えられるようにしました。 資格など、その業務に関連しているものを保有していることをアピールしました。
面接時に採用担当者からは、なぜ前職の会社をやめたのですか?前職をやめた理由を教えてくださいということを聞かれました。 下手すれば、ネガティブな事を言わなければならないところを、上手く言えるように考えていきました。自分が何ができるか、またチームの中で一緒に働いていく事ができるかどうかを見ているので、協調性があることや会社の業務で具体的な例を挙げ、アピールしました。

 

 -転職活動は内定が出るまでどれくらいかかりましたか?

 

(只野)仕事を辞めたのが2月で、その後から派遣やアルバイトで働きながら転職活動をしており、最終的に今のところに就職したのは11月でした。今の会社は面接を2回行い、9月の後半から10月の上旬ぐらいに応募して1か月ぐらいで内定を頂きました。

 

-数ある企業の中から新しい職場を選んだ基準を詳しく教えてください。

 

(只野)応募はするけれど、どこにもひっかからず、面接までいっても最終で落とされたりして不安になってきたところ、今までやってきた業務の中で一番長かった職業と業種に絞って探してみると、今の職場が引っかかりました。自分的には全く行きたくなかった職業でしたが、派遣社員という不安定な立場や派遣先の職場の人とも一部上手くいっておらず早く辞めたかったということもあり、次の就職先を探していました。ちょうど今の職場である正社員の募集と、他社の契約社員の募集の面接を受けており、契約社員の方は最終面接で落ちてしまったので、最終的に今の職場でしか選択の余地がありませんでした。派遣先を辞めるとまた仕事がなくなってしまうということ、ちょうど派遣の終了期間と今の職場の入社日が、切れ目なくできるという事で決めました。とりあえず採用されそこにしたということだけで、大袈裟にいうと生きるために職場を選んだので、自分としては不本意な転職になってしまいました。

 

-転職活動中に一番辛かったことは何ですか?何かトラブルはありましたか?

 

(只野)いきなりの失業だったので心の動揺や痛みが癒されず、しばらく呆然となっていました。有給も沢山あったので、人事部とトラブルになった時は有給を使ってでもしばらく自分の行く末を考えるべきだったと思いました。転職活動の難しさは想像以上で、派遣ですらなかなか採用されなかったということは辛かったです。

 

 

証券会社カスタマーサービス部コールセンターに正社員として勤務

-新しく転職された企業では、どんな仕事に携わっているのか教えてください。

 

(只野)転職先は、対面もネットの取引もある中堅の国内の証券会社です。働いている部署は、コールセンターになります。 コールセンターといっていますが、実際はネットで注文をだせない高齢者の代わりに、電話で株式などの投資商品を発注する役割です。
以前は高齢者に投資商品の案内もしていましたが、最近は高齢者に対する金融の規制が厳しくなってきており、特別な案内などは一切しません。ただ電話を受け取り、商品の発注を行うだけなので、簡単で単純作業が多い業務になります。利用者は高齢者が多いため、クレームや顧客の要望といったこともほとんどなくコールセンターとは名ばかりで、コールセンターの機能は実際にはない職場です。

 

-新しい職場は前職と比べてどうですか?良かった点、悪かった点は?

 

(只野)新しい職場はベンチャー企業とのことでしたが、実際に入ってみると古い日本企業の体質の会社で全然ベンチャー性が全くありません。 業務は単純作業が多いし、コールセンターの業務時間を超えて残ることはほとんどありません。残業がなくて楽な職場になり、女性ばかりで、結婚して子供がいる人や、これから結婚して子供ができても長く続けられる仕事内容になると思いますその反面、電話での注文を出すのは高齢者になり、今はほとんどネットでの取引が主流になっていて、今後この仕事がどこまで続くのかが不安になる点です。年収は、もちろん下がりました。転職時に年収は前職を考慮すると書いてありましたが、結局前の水準は維持できず、福利厚生なども考えると100万以上は下がっています。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

(只野)転職をする場合に、いきなりやめるのだけは避けないといけないと思います。私のようにもう仕事に行くのが嫌で早く辞めたいと思っているところに、さらに嫌なことがあったら 

心が折れ、やめると言ってしまいがちですが、そこは有給など上手く使って休んで気持ちをまず落ち着けることが必要です。
また、転職しやすいのは即戦力です。自分が今働いている中で即戦力になるのはどういう仕事なのか。またどういう仕事がしたいのか。やりたい仕事が即戦力にならない場合、多くの場合年齢が高ければ、なかなか採用されるのは難しいと思います。どういう職種に何が必要なのか、何が即戦力になるのかを考えて転職をしていく事が必要です。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する