地方から都会へ!将来性のある大手ゼネコンへ転職

業界:建設会社(ゼネコン) |98views

転職No

case88

名前・性別

佐藤健太郎(仮名)・男性

転職時の年齢

35歳
転職時期2014年4月
転職前の仕事中小企業の建設会社の施工管理(広島県)
転職後の仕事大手ゼネコンの施工管理(東京都)

書類提出

3社

面接

2社

転職回数

1回目

転職活動期間

5か月(働きながらの転職活動)

卒業大学

福山大学 工学部 土木工学科

ポイント

マイナビエージェントを利用し、全国の企業をチェック。広島から東京へ転職!

 

物づくりの仕事に携わるため、地元の有名な建設会社へ就職

-前職に就職した経緯を教えてください。新卒で入社されたのですか?

 

(佐藤)そうです。物をつくるという仕事に携わりたいと感じたのは高等学校の頃ですが、その気持ちがどんどんと強くなっていき、大学は土木工学科を専攻しました。そして、地元では有名な建設会社に就職してできるだけ大きな規模の仕事をしたいと思うようになり、新卒で前職の会社に就職することを選びました。また、地元を離れるという気持ちがなかったので、できる限り実家から通えるということも条件として前職の会社を選びました。

 

-建設会社では、どのような仕事に携わっていましたか?

 

(佐藤)前職の建設会社の業務内容は、公共工事や民間工事の元請施工をメインとした施工管理を行っていました。自分自身も施工管理をメインとして業務を行っていました。施工管理はとても忙しい仕事ですが、目的物を完成させるというやりがいをとても感じることができました。

 

-職場の雰囲気はどうでしたか?不満はありましたか?

 

(佐藤)前職の職場環境は、決して良いと言えるものではありませんでした。基本的には残業を毎日夜遅くまで行うことは当たり前であり、どうすれば早く仕事を済ませることができるのかという改善がほとんど行われないでいました。パソコンなど、仕事で必ず必要となる機器の提供はありましたが、どれも古いタイプばかりで業務を行うスピードは明らかに他社よりは劣っていると感じました。また、手当てなどに関しても他社よりも劣っているという不満を感じていました。

 

-転職しようと決意した大きな理由とは?

 

(佐藤)大学時代も含め建設という業種に携わって、10年以上が経過し、自分の実力がどのくらいなのか知りたい気持ちになりました。今までお世話になっていた会社には、これからも居続けるべきかとても悩んでいたのですが、さらに給料が高く、そして自分の実力をしっかり発揮でき、その実力をしっかり評価してくれる大手の建設会社で頑張ってみたいという気持ちになっていました。

また、家族が私の考えを理解を示してくれたことも、転職をしようと決意した大きな理由です。今では転職はリスクが大きいという気持ちを家族は持っていたのですが、転職をすることで得られるメリットの方が大きいという説得に納得してくれ、転職を了解してくれたことも行動を起こそうと決意した理由です。

 

-前職にはどれくらい勤務されましたか?転職した時期は?

 

(佐藤)前職には7年間勤務していました。転職をした時期は、勤続8年面で28歳のときです。転職は初めてです。

 

 

マイナビエージェントを利用し、全国の企業に視野を広げてチェック!

-転職活動はどのように行いましたか?転職エージェントは利用しましたか?

 

(佐藤)転職には、マイナビエージェントを利用しました。どのような転職活動を行うべきか、とても悩んでいましたが、今住んでいる地域などにとらわれることなく転職活動を行いたいことや、希望する企業の情報をしっかり収集したかったため、インターネットで全国の企業情報を収集できるマイナビエージェントを利用することにしました。

 

-マイナビエージェントを利用してどうでしたか?よかった点、悪かった点はありますか?

 

(佐藤)マイナビエージェントは、転職成功までしっかりサポートしてくれることが最大のメリットだと感じました。スタッフの対応もとても良く、始めて利用するときでも利用方法や転職成功までの流れなどをしっかり教えてくれました。また、転職活動では必ず必要となる面接時の対応や履歴書や経歴書の記載方法なども細かくサポートしてくれました。誰でも同じような対応をするのではなく、その人の状況などに合わせた対策を行ってくれますので、とても信頼感を得ることができました。

 

-書類選考や面接ではどんなことをアピールしましたか?

 

(佐藤)まず書類選考では、今まで行ってきた業務経歴をしっかり記載しました。建設業は、個々が持っている業務の経歴がとても重要なポイントになることは理解していましたので、どのような規模の仕事をどのくらいの期間行ってきたか、またお客様にはどのような評価を得てきたのかを書類でアピールしました。そして面接時のアピールは、これから行っていきたい業務に関する自分の考えをアピールしました。将来像や自分の知識を後輩に伝えていくことの重要性などを面接官にしっかり伝えました。

 

-面接官には具体的にどんな質問をされましたか?

 

(佐藤)面接時での質問事項では、給料の内容や希望する手当て、そして今まで仕事に関する考え方などを質問されました。また、なぜ転職を行うという考えに至ったのかについても質問をされました。

 

-転職活動をスタートさせて内定までどのくらいかかりましたか?

 

(佐藤)内定までには5か月かかりました。転職活動は働きながら行いました。

 

-数ある企業の中から新しい職場を選んだ決定的な理由とは何ですか?

 

(佐藤)転職先を決めるに当たり、まず一番考慮したのはやはり待遇です。前職よりも給与が上がること、また同等の給料だったとしても、近い将来に給料が上がる可能性が高いであろう企業を中心に選んでいきました。また、給料以外の待遇についても重視しました。とくに通勤手当や住居手当などの福利厚生に力を入れていることを条件として、多くの企業から選んでいきました。希望する転職先の決定には、こうした給与や福利厚生がしっかりしていることを重視しましたが、それだけではなくインターネットでの口コミなども参考にして、仕事でのやりがいを感じることができるのかも確認しました。今、実際に仕事をしている人の口コミなども確認することができましたので、参考にして選考していきました。

 

-転職活動中、一番辛かったことは?想定外のトラブルはありましたか?

 

(佐藤)転職活動で辛かったのは、職場の人が転職活動をしているということを知り、対応がとても悪くなっていったことです。

どのような行動も監視されるようになっていき、こうしたことは自分にとっては想定外のトラブルでした。

 

 

将来性のある大手ゼネコンで、やりがいのある大きな仕事に

-新しい職場の業務内容と、担当されているお仕事について教えてください。

 

(佐藤)転職先の業務内容は、基本的には現場での施工管理が中心です。現場は土木工事が主な内容で、港湾に関する業務がメインです。施工管理は公共工事がほとんどで、元請として仕事を受注し、下請け業者や構造物の制作業者の管理、そして実際の現場での施工の管理などを行っています。施工管理は現場だけではなく、書類等の作成もとても多いので、現場に出る時間よりも事務所でパソコンを操作している時間の方が多いことも多々あります。基本的にはトータル的に管理をすることが求められますので、業務内容は多岐に渡ってしまいます。そのため、他の業務内容よりも過酷に感じることも多いですが、それ以上に完成したときのやりがいを感じることができる業務内容です。

 

-新しい職場は前職と比べてどうですか?よかった点、悪かった点はありますか?年収面では?

 

(佐藤)新しい職場と前職を比べた場合、最大の魅力はやはり将来に大きな希望や期待が見えてきたことです。大手の建設会社ということで、地方の小さな企業よりは将来性がとても高く、安心感を得ることができています。また、今まで触れることができなかった大きな業務内容にも携わることができるという魅力も感じています。技術職としては、やはり規模の大きな仕事をしてみたという考えが強くなっていきますので、こうした仕事ができることは幸せだと感じています。しかし、大手の企業というプレッシャーも同時に感じるようになっています。自分が持っている能力以上のことを求められますので、常に勉強をしていなければいけません。

年収については、前職よりも40万円ほどアップしました。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

(佐藤)これから転職活動を行う予定のある人は、まずは冷静になり、じっくり自分の能力を確認することをお薦めします。転職はどうしても突発的に考えてしまいがちですが、冷静になり考えることで本当に転職活動を成功させることが今の自分の能力で可能なのかどうかが見えてくるはずです。また、転職を決めた場合は、必ず多くの情報を得ることができる体制を整えるようにしましょう。情報は少しでも多い方が転職時のリスクは最小限に留めることができます。完璧な転職は無理ですが、こうした情報を活用することでリスクを減らすことができることは理解しましょう。たとえ費用が発生したとしても、転職専門の情報サイトなどは積極的に活用していく方が転職は成功しやすいと感じます。自分の力では限界がありますので、活用できることはしっかり活用しましょう。

 

転職サイトランキング【2020年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

ページ上部へ移動する