医薬品製造メーカー人事部への転職。収入が倍に!

業界:製薬会社 |56views

転職No

case67

名前・性別

庄崎真紀(仮名)・女性

転職時の年齢

29歳
転職時期2014年4月
転職前の仕事

不動産会社の人事部(兵庫県)

転職後の仕事医薬品製造メーカーの人事部(兵庫県)

書類提出

6社

面接

2社

転職回数

1回目

転職活動期間

約3ヶ月(働きながらの転職活動)

卒業大学甲南大学 経営学部

ポイント

20代後半、既婚、女性、転職エージェントを利用し有利に転職!

 

不動産会社の人事部で人事の知識を身に付ける

-前職に就職した経緯を教えてください。

 

(庄崎)神戸の大学に通っていましたので、神戸に根付いた企業を中心に就職活動を行っていました。特に営業がやりたい、何を売っている企業に就職したいという大きな目標はありませんでした。面接を受ける中で、緊張せず自分らしく面接を受けられる企業であったこと、人事担当者の方や社員がとても気さくで、純粋に一緒に働かせていただきたいと思ったことが入社の決め手でした。大手鉄鋼会社の子会社ということもあり、安定してい点も魅力的でした。

 

-前職では、どのような仕事に携わっていましたか?

 

(庄崎)前職は大手鉄鋼企業の不動産関連の子会社で、人事部にて採用・社会保険関係・評価制度の運用や勤怠管理の業務を経て、給与の支払いや税金関係・人件費予算関係の業務に携わるようになり、人事担当としての知識はひととおり身に付けることができました。

 

-前職の職場の雰囲気はいかがでしたか?

 

(庄崎)とにかくのんびりとしている会社でした。所属している人事部はまだ忙しい方の部門で、ほかの部門の同期は「暇すぎる」というのが悩みだという幸せのような、不幸のような環境でした。今ではあまり考えられませんが、お茶くみは女性の仕事という風習で、サポート的な業務しか担当させてもらえず、数年はよかったのですがひととおり仕事を覚えてしまうと何となく物足りないような、このままでいいのだろうかといった不安はありました。

 

-転職をしようと決意した理由は何ですか?

 

(庄崎)会社自体のんびりとしていて働きやすい環境ではあったものの、目標に対して努力することもなく、自分もこうなりたいと思えるような上司や先輩もいない環境でした。このままこの会社にいては、ほかの会社で全く通用しない人材になってしまうのではないかと思い転職を考え始めました。転職を考え始めた時期に、人事に携わっているのであれば社会保険労務士の資格にチャレンジしてみようと思い、資格が取れたら転職を考えてみようと思っていました。一念発起勉強を始め、最短一年で社会保険労務士の資格に一発合格することができ、せっかくなので資格を活かしてチャレンジングできるような業務に携わってみたいと考えるようになり、転職活動を始めました。

 

-転職は勤続何年目で何歳の時でしたか?

 

(庄崎)勤続9年目、29歳の時です。

 

 

「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」に登録し、転職活動!

-転職活動はどのように情報収集しましたか?転職エージェントは利用しましたか?

 

(庄崎)転職活動では、転職エージェントのみ使用しました。転職エージェントは「リクルートエージェント」と「JACリクルートメント」に登録しました。

 

-転職エージェントを利用して対応はどうでしたか?よかった点、悪かった点を教えてください。

 

(庄崎)リクルートエージェントは、初めて面談を行ってもらったエージェントでした。担当の方にアドバイスをいただきながら職務経歴書等の作成を行いました。私の年齢や経歴的なものもあったのか、紹介していただける企業があまりなく応募も1社程度だったと記憶しています。

JACリクルートメントは応募者担当と企業営業担当の2名体制で紹介等をしていただきました。応募者担当の方はご経験がとても豊富な方で、企業が求めている人材や経験を教えていただき、私の経験の中からどういった点をアピールすれば効果的かなど、的確なアドバイスをいただけました。面接の際には企業営業担当の方が企業の受付まで同行してくださり、人事担当者や会社の雰囲気などを教えてもらえイメージが描きやすかったです。

 

-書類選考や面接で、企業にどんなアピールを行いましたか?

 

(庄崎)まず、人事部としての基幹業務はすべて経験しているという業務面と、社会保険労務士の資格を在職中に1年で取得できたこと、入社後に一緒に働いた姿をイメージしてもらえるように業務に対する姿勢についてアピールしました。転職時に29歳という年齢で既婚だったため、働くことに対して主人の理解も得ていることは伝えていました。転職理由として、しっかりと目標を持ち、人事マンとして成長したいという思いを伝えました。

 

-面接官からどのような質問がありましたか?

 

(庄崎)面接時の質問は、ほぼ一般的なものでした。自己紹介、これまでの経験をどう活かすことができるか、転職理由がネガティブなものでないかの確認、〇〇の業務はどのあたりまで自分が判断して、完結できるかというような具体的な業務の進め方に対する質問、他社状況、入社時期について質問されました。

 

-転職活動をスタートして内定が出るまでどれくらいかかりましたか?

 

(庄崎)在職中に転職活動を行い、約3ヶ月で内定をいただきました。

 

-数ある企業の中から新しい会社を選んだ理由は何ですか?

 

(庄崎)転職活動を行う中で、その後自分がどういうキャリアを積んでいきたいと考えているのかをしっかり見つめなおしました。前職であったような“楽だけどやりがいのない誰でもできる仕事”を続けるのは嫌だと感じていたので、転職先にはこれまでの経験を最大限に活かしながら、新しい環境にチャレンジできる環境を求めていました。また長く続けられる会社を大切にする企業、人材を使い捨てしない企業を探していました。

面接の中で、主担当として携わる業務は基本前職の業務で経験した範囲であるということだったので、転職をすることでの苦労は少ないと感じられたことが大きかったです。その上で、発展途上の企業だったため新しい制度などをどんどん導入していく会社の方針であったこと、自分のキャリアを考えたとき、良き手本となる上司や先輩がたくさんいると感じた点が新しい職場を選んだ基準です。

 

-転職活動中一番大変だったことは?

 

(庄崎)29歳という年齢と、既婚者・女性であったため、ある程度難航することは想定していました。最初はある程度年齢で足切りをされているんだろうという印象があり、書類選考でどう勝ち抜くかが難しいポイントでしたが、エージェントの方のアドバイスにより経験欄を変更することで書類選考の通過率が上がりました。

 

 

目標を持って働ける新環境。年収は倍に!

-新しい職場ではどんな仕事に携わっていますか?

 

(庄崎)転職先は医薬品製造メーカーです。私の業務は人事部門のB&Cという給与や福利厚生制度構築する業務に携わっています。給与支払いや社会保険の実務の業務が20%程度、退職金制度・福利厚生制度の運用メンテナンスが20%程度、人件費予算の策定・予実管理が30%程度、そのほか人事情報システムの運用メンテナンス、毎年新制度を導入するために制度設計の業務を行っています。人件費関係では上場企業であるため有価証券報告書作成のための人事まわりのデータ作成や、要員管理から年間の人件費予算をひとりでとりまとめ、実績の報告を行っています。

これまで導入した主な制度はフレックスタイム制度、半日休暇制度、在宅勤務制度、業績連動賞与制度、基金解散後の後継制度、人事一元管理システムの導入、技能職制度など毎年ひとつ以上は新たな制度の導入と社員への説明会実施を行っています。

 

-新しい職場は前職と比べてどうですか?年収面の変化はありましたか?

 

(庄崎)前職はのんびりとしていて、目標を達成しなくてよい、いわゆる楽な会社でした。転職後は常に目標を達成するための業績を求められ、ミスが許されない会社です。企業風土としては真逆の企業になりましたが、慣れるとやりがいがあり私にはあっていると思います。年収面は医薬品業界は給与水準が高いことや、今の会社が会社の業績に連動して賞与が大幅に増減することも影響しますが、転職前と比較して倍になり満足しています。

一方で企業風土としては責任を誰かのせいにする、担当の役員や部長の評価で部門の上下関係が決まってしまうなど、あまり働きやすい環境ではないかもしれません。ただ、よいと思って提案したことには頭ごなしに却下するのではなく、提案の機会は十分に与えられ、普段の自分の信用の度合いにより通りやすいので、真面目にやっていれば報われる企業ではあります。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスをお願いします!

(庄崎)まず、「この環境から逃げ出したい」などネガティブな理由では転職しない方が良いと思います。選考が進まないうちは妥協してしまいたくなりますが、自分が将来どのようなキャリアを積みたいのか、どう働いていきたいのかをしっかり考えて企業選びをしてみるとよいと思います。転職は選ばれているという感覚が強くなってしまいますが、自分自身も企業を選ぶ立場にあると思うので、媚びを売る必要はまったくありません。企業のよいところ・悪いところをしっかり見極めるために、せっかくの面接の時間帯は遠慮することなく、たくさん質問を投げかけてみるのが良いと思います。前向きに取り組んでいればふとあるとき自分にぴったりな企業がみつかると思います。

 

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する