第二新卒!DODAエージェントサービスで転職成功!

業界:通信事業者、ネットインフラ・通信サービス |105views

転職No

case51

名前・性別

戸田隼人(仮名)・男性

転職時の年齢

23歳
転職時期2017年3月
転職前の仕事不動産営業の会社で住宅販売の営業(岐阜県)
転職後の仕事ネットワークサーバーの保守およびサポート(愛知県)

書類提出

12社

面接

6社

転職回数

1回目

転職活動期間

4ヶ月(働きながらの転職活動)

卒業大学名古屋商科大学 経営学部経営学科

ポイント

勤続7か月にして転職を決意。DODAエージェントサービスに登録し転職活動開始。

転職後IT業界でネットワークサポートの業務に携わりながら、ITエンジニアを目指し勉強中!

 

新卒として不動産営業の世界へ

-前職には新卒で入社されたのですか?

 

(戸田)就職活動で企業展覧会へ行った際、一通り業種を回ろうと考えて不動産関係を探した所、前職のブースにたどり着きました。担当者に一番最初に聞かれたのが、自分は本当はどこの業種に行き何がしたいのかということです。私は素直に、希望する職種がIT関係か金融関係ですと伝え、なぜそこに行きたいのかも聞かれましたので、私は地域貢献をして地元に恩返しをしたいからですと答えました。それを聞いた人事の方が、それは疑似的に自分の会社でもできるとお話をされました。他ではそのような話を聞いたことがなかったので、他社とは違う魅力を感じて入社を決めました。

 

‐前職の業務内容と携わっていた仕事内容について教えてください。

 

(戸田)業務内容は、自社建築の住宅の販売、土地の仕入れおよび整地、注文住宅を営んでいる会社です。 私の仕事内容は、住宅販売の営業で、愛知県と岐阜県のエリアを担当しており、主に岐阜県のエリアで活動していました。

 

‐前職の職場はどんな職場でしたか?不満や不安点はありましたか?

 

(戸田)まず仕事のやり方ですが、常にチームで営業活動をしており、自分の功績は自分の功績としてカウントしますが、上司の評価だけは部下がどれだけ成果を上げたかで評価されており、上司は常に部下と一緒に行動して、自分の経験談や成功談、様々な実例などを常に勉強させてくれました。また、社員全体への教育も熱心に行っており、1か月のうち3週間、平日の午前中に住宅に関する最新情報や、住宅ローンの勉強などをしておりました。日常の業務活動や教育に関しては非常に良い環境が整っていました。しかし、労働環境が過酷でした。毎日20時に帰ることができれば早いほうで、遅いときは終電で帰ったり、時には帰れない日もありました。休日も週一日しかない時が多く、体を休める時間がほとんどなく次の日の業務に支障が出たり、早退をしなければならない日もありました。このように、業務自体については良い会社でしたが、労働環境が劣悪でした。

 

-労働環境の劣悪さが転職を決めた理由ですか?

 

(戸田)転職を決意したのは、先輩や上司たちが休日も出社している様子を見て、ここでは私の満足のいくキャリアは積めないだろうと判断したことです。もともと、仕事をしながら勉強をしようと考えていました。仕事に慣れれば、そのような時間もできるだろうと思っていたのですが、先輩たちの様子を見ていると勤続を重ねれば重ねるほど会社の拘束時間が長くなっていました。入社当初は、ここで営業のノウハウを積んだら他の業界でも通用すると思い理想の就業先へ転職するための勉強ができればよいと思っていましたが、そのうち、この会社にいればこの会社でしか頑張れないのだと思いました。
また、私が受けたことではないのですが、同期が有給休暇を申請したところ、会社から電話がかかってきて有給休暇は取れないと連絡がきたそうです。まさに、この会社で永遠に頑張り続けなければならないという環境が転職を決断した理由です。

 

‐前職にはどのどのくらい勤務されていましたか?転職した時期はおいくつの時でしたか?

 

(戸田)前職場には11か月勤務していました。転職活動を始めた時期は勤続7か月目ぐらいで、年齢は23歳です。転職は初めてです。

 

 

DODAエージェントサービスに転職活動をサポートしてもらい、働きながら転職活動!

-転職活動ではどのように情報収集を行ないましたか?転職エージェントは利用しましたか?

 

(戸田)転職の情報収集はDODAという転職サイトを活用しました。転職エージェントであるDODAエージェントサービスに登録し転職活動をサポートしてもらいました。エージェントの対応ですが、私の希望する会社を、厳しい条件ながら定期的なヒアリングを通じて探してきてくれました。現在の就業先もDODAエージェントサービスが紹介してくれた会社です。また、退職の手続きの際も、エージェントからアドバイスがありました。引き留めにあった場合、退職届だけを提出して終わること、自分の意思表示を伝えることをアドバイスされました。例えば、私が転職を決めた理由はおおむね不満点ばかりでしたが、それを伝えるのではなく、自分のキャリアを今後考えての行動でこういった就職先を目指しており今後のことを考えて退職します、と伝えたほうが円満退社につながるというアドバイスでした。転職活動だけでなく、退職のアドバイスもしていただき、とても助かりました。

 

-書類選考や面接において、どんな点をアピールしましたか?

 

(戸田)現在IT業界に勤務しているのですが、ITの実務実績や高度な資格があるわけではなかったので、主にアピールしたのは、前職で得た営業のスキルを新しい会社でどうやって活用するのかということです。もともとITを目指していたので、全くITについて知らないわけではないこと、キャリアを積んで自分がどのような人柄を目指していくのかということを伝えました。

 

‐面接官には、どんな質問をされましたか?

 

(戸田)これは全社共通していたのですが、私は勤続1年未満で転職活動しているので、その理由を聞かれました。その質問には、拘束時間が長すぎて体調を崩したりすることも言いましたが、なによりアピールしたのは、キャリアチェンジをしたいからということです。他には、現在ITに関する勉強をしているかということですが、その時はC言語を勉強しており、VisualBasicを使って学んだことを伝えました。

 

-転職活動を始めて内定をまで、どのくらいかかりましたか?

 

(戸田)転職活動をスタートして、内定をいただくまでの期間はおおよそ4ヶ月で、その内転職先の1回目の面接からは大体1ヶ月ぐらいで内定がでました。 勤務しながら転職活動を行ないました。

 

‐数ある企業の中で新しい職場を選んだ理由は何ですか?

 

(戸田)選んだ理由として一番は、教育制度がしっかりしており、未経験者でも受け入れ、教育をして仕事ができるようにしてくれる環境の企業だったからです。ただし、教育期間中は試用期間と同じで、もし教育を最後までやり遂げられなかった時や業務に参加できるほど成長していなければ、正社員雇用はせず、雇用契約を終了するというリスクがありました。しかし、ITの分野で全く実務経験がない私にとっては非常に良い待遇でした。未経験者でも教育制度を通じて業務にかかわれる環境があるということは重視した点です。また、DODAエージェントサービスから新しい職場についての評判の情報を教えてくれたので参考にしました。その会社に就職した人が実際の勤務時間であったり勤務状態を報告してくれているので、とても参考になりました。

 

‐転職活動中、一番辛かったことは何でしたか?

 

(戸田)転職活動で一番つらかったのは、勤続1年未満ということの話を長くされることでした。1年も働けないやつがなんで転職するのかという感じで言われましたが、想定内の事だったので我慢しました。それ以外で辛いと感じたことはありません。

 

 

ITエンジニアを目指し、勉強の日々!

-新しい職場の業務内容と担当されている仕事について教えてください。

 

(戸田転職先の企業の業務内容は、ネットワークストレージ製品の保守およびサポート業務です。また、エンジニアもおり、サポートとエンジニアの間で日程の調整やトラブル等の原因究明を行い、顧客へのサポートを完了するという業務を行なっています。私はその中で、サポート業務を担当することになりました。サポート業務というのは、ネットワークストレージ製品を購入された法人であったり、その他県や市からくる、お問い合わせやトラブルに対応する業務です。具体的には、最初にお問い合わせ先に電話をして、現在の状況をヒアリングし、その方の状況に応じて自らトラブルが起きた環境を再現して検証を行ったり、エンジニアと連携して、お客様のお問い合わせに返答をします。解決するところまで行うので、通常のサポートと違いこちらから積極的にヒアリングを実施しなければなりません。

 

‐新しい職場は前職と比べてどうですか?よかった点、悪かった点をお聞かせください。

 

(戸田)転職してよかった点は、ITに関する教育を通じてキャリアチェンジが確実に望めることです。現在はITエンジニアを目指して勉強中です。また労働環境も改善され、今では夜暗くなる前に退社しております。他の方も同じように退社しており、勤続が長くなってもライフワークバランスが保てている保証があるので今後も続けられそうです。
悪かった点としては、休日が平日から土日になったことです。平日であれば銀行や市役所などで必要なことができたのですが、土日が休みになったので、それらができなくなりました。また給与は非常に下がりました。前職では年収300万円がほぼ確定しており、さらにそこに歩合給がついていたのですが、今の職場は年収270万円ほどに落ち込むので、住民税が前の時の収入で徴収されるので気を付けながら生活しなければならなくなりました。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスを!

(戸田)これから転職を考える方へ、私の経験上の話しですがまず年収を安定させたいなら現職と同じ業界にしたほうが確実だと思います。キャリアチェンジを考える方は、現職のスキルが何に活用できるかを強調したほうがいいと思います。その結果、そのスキルがほしいと言ってくれる企業もいるので積極的にアピールしましょう。

 

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「マイナビ」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!マイナビエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する