第二新卒として製薬営業職(MR)から技術職へ!

|241views

転職No

case53

名前・性別

福田葵(仮名)・女性

転職時の年齢

26歳
転職時期2016年11月
転職前の仕事外資系大手製薬会社の営業職(愛媛県)
転職後の仕事大手薬品メーカーの技術職(山口県)

書類提出

3社

面接

2社

転職回数

1回目

転職活動期間

約3ヶ月(働きながらの転職活動)

卒業大学東京理科大学大学院 総合科学研究科

ポイント

MRの仕事は自分のやりがいを感じる職ではないと判断し、第二新卒として転職活動。

医薬品営業から医薬品メーカーの技術職へ、希望通りの転職!

 

大学院卒業後、製薬会社のMRとして就職

-前職には、新卒で入社されたのですか?

 

(福田)前職は医療用医薬品の営業です。開業の先生や500床ほどの基幹病院を担当していました。もともと大学院で有機合成を専攻しており、新卒の就活では研究開発職を希望しておりました。中でも薬の合成に興味があったことと、医薬品業界のお給料は皆さんご存知の通り高い水準にあるため、医薬品メーカーの研究開発を狙っていました。しかし、選考を受けた企業は全敗してしまいました。保険として受けていた外資系大手製薬会社のMR職に内定を得ていたため、そちらに就職を決めました。当時はなかなか内定が出ないことに焦りもあり、「MRだけど、憧れていた製薬業界に変わりはないから」という安易な気持ちで就職先を決めてしまったことは事実です。あとは、早く就活を終えたいという思いもあったと思います。

 

-職場の雰囲気はどうでしたか?不満はありましたか?

 

(福田)一言で言うと、ドライな職場でした。基本的に営業先へは自宅から直行直帰です。月に1度の会議と、営業準備で週に1回ほどは営業所に行っていましたが、それ以外では会社の人とほぼ関わりがありませんでした。嫌な上司と毎日顔を合わせなくて済むというメリットもありましたが。慣れてくれば楽な一面となりますが、新人の時は分からないことがあっても上司や先輩に相談することもできず、一人で悩むことも多かったです。

 

-なぜ転職しようと思われたのですか?

 

(福田)転職を決意した理由は、営業職が私の肌に合わなかったためです。まず嫌だったのが、先生方との飲み会を含めたお付き合いです。休日がつぶれることも多々ありました。接待はありませんでしたが、土日にふと「好きでもない人とゴルフ・飲みをしていて、自分は今時間を無駄にしているのではないか」と考えることもしばしばありました。ですが、このお付き合いをこなさなければ、新人はなかなか売り上げに結び付きません。ただし、こういったお付き合いが苦にならず、むしろ先生方との人脈を広げるチャンスだと捉えることができる人ならば、まさに営業向きだと思います。結局、MRのお給料には大変満足していましたが、仕事へのやりがいや充実感を全く感じることができず転職を決意しました。私の仕事に対するモチベーションは、お給料ではなかったということです。

 

‐前職にはどれくらい勤務されていましたか?転職した時期は勤続何年目、何歳の時ですか?

 

(福田)1年半勤務しました。転職した時期は勤務2年目で、25歳の時です。

 

 

ハローワークを中心に、他県からの求人も視野に入れて転職活動

-転職活動はどのように情報収集しましたか?転職エージェントは使いましたか?

 

(福田)大手の転職サイトには一通り登録しました。エン転職、DODA、マイナビ転職、リクナビNEXTです。しかし、情報が膨大な割には中途半端な求人が多く、実際に応募してみると実はとっくの昔に申し込みを締め切っていた等、正直私には向かないと感じることが多かったです。そのかわり、転職に非常に役立ったのがハローワークです。まず行きたい企業をピンポイントで絞り込み、その企業の工場や研究所のある県のハローワークにネット上で登録しました。求人情報を検索し、目的の求人が見つかったらハローワークに連絡しました。ハローワークの方が、書類の申し込みから面接までの一連の流れを仲介してくださいました。また、最近はどの県もU,I,Jターンに積極的であるため、他県からの応募でも非常に丁寧に対応してくださいました。私は他県への就職も視野に入れていたので、ハローワークが使いやすかったです。

 

-書類選考や面接ではどのようなことを企業にアピールしましたか?面接官にはどんなことを聞かれましたか?

 

(福田)アピールしたことと聞かれたことは、卒業からまだ間もなかったために大学・大学院に関する事柄が多かったです。あとは、営業職から技術職という異業種での転職でしたので、そのギャップをどのように埋めていこうと考えているかを深く聞かれました。そのため、転職先や類似企業の新人研修がどういったものであるかを調べて、その部分を自分でどうやって補完するかの具体策を考え、面接でアピールしました。一番答えに悩んだ質問が、「未経験であるあなたを採用するメリットを、われわれ(面接官・役員)に納得させてください」というものです。わたしは、「営業職でより患者さんに近い立場で医薬品に関わってきたので、患者さんの立場から医薬品の品質について考えるという視点を、製造の現場に持ち込めたら」という話をしました。ある程度は納得いただけたかなと考えています。

 

-転職を開始して内定までどれくらいかかりましたか?

 

(福田)約3ヶ月です。働きながらの転職活動でした。

 

‐新しい職場を選んだ理由は何ですか?

 

(福田)お給料に関しては、ある程度は下がってもよいと考えていました。その代わり、いかに自分が納得感と充実感を味わいながら仕事ができるかを重視し、転職先を選びました。そのため、業種はぶれないようにしました。女性という立場から重視したのは、その企業に育児に関する制度が整っているかという点です。制度があることを確認するだけではなく、実際にその制度を利用している女性の割合まで調べることが重要になるかと思います。東洋経済新聞などでランキングが出ていたりするので、参考にしました。さらに、厚労省認定の「くるみんマーク」があるかどうかもポイントです。他には、女性管理職の割合でしょうか。いずれにしても、女性でも長く働けるかどうかは面接でも直接聞いて確かめるべきだと思います。

 

‐転職活動中、大変だったことはありますか

 

(福田)働きながらの転職活動でしたので、活動時間を捻出するのが難しかったです。有給をもう少し残しておけばよかった・・・と後悔しましたので、計画的に転職活動を行うことが重要でした。

 

 

新卒時に希望していた、製薬会社技術職として活躍の日々

-新い職場での仕事内容について教えてください。

 

(福田大手医療用医薬品製造メーカーで、技術部門の仕事をしています。どういった製造プロセスを踏めば、品質が担保された製品を作ることができるかという技術検討を行っています。医薬品は患者さんの命を守るためのものですので、その品質が担保されていることは非常に重要です。仕事内容に大きなやりがいを感じています。第二新卒として採用されましたが、新人としての扱いはありませんでした。大学院での研究のバックグラウンドが生かせる部分が多かったため、入社後すぐに技術的な業務を任せてもらえました。また、海外からの工場査察の対応等も行うため、英会話能力を必須とする場面も多々あります。

 

‐転職してよかった点、悪かった点を教えてください。給与面などはどうでしたか?

 

(福田)唯一悪かった点といえば、お給料が下がったことでしょうか。MRのときは高い基本給に加え、月7万円ほどの営業手当が非課税で入っていました。また住宅手当も厚く、西東京の1LDKに月2万円ほどの負担で住むことができました。それと比べると劣ってしまいますが今は仕事内容に充実感・満足感を感じているため、転職して良かったとつくづく感じています。仕事内容自体に対するストレスが無く、毎日があっという間に過ぎています。自分が何に対してモチベーションを持って仕事に取り組む人物なのかを改めて考え直したため、そういった意味でも転職は良い経験となりました。また、前職での「当たり前」が通じない場面も多く、企業文化の違いをおもしろいなと感じています。柔軟な適応力が求められ、それが身に付くのも転職のメリットかと思います。

 

 

これから転職をしようと考えている方に向けてアドバイスを!

(福田)「今の仕事が嫌、というだけで転職してもうまくいかない」と転職マニュアル本には書かれていますが、賛同できる点とできない点があります。嫌だからという理由で転職を繰り返すのはよくないですが、「自分に合った企業でやりがいを持って働ける環境を見つけたい」という思いがあるのなら、それが異業種だろうと迷わず挑戦すべきだと思います。実際に転職活動する前は転職とはとてもハードルが高いものだと思っていましたが、実際にやってみるとそんなことはなかったです。とくに新卒入社1、2年目で転職を考えている方がいましたら、今がチャンスです。就活生の時には分からなかったけれど、実際に働いて悩んだ今だから見つけた答え、仕事に求めるものなどもあると思います。わたしの転職先もそうでしたが、そういった考えを受け入れてくれる企業は必ずあります。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

ページ上部へ移動する