第二新卒で転職!ホテルマンから営業職へ!

業界:その他メーカー |34views

転職No

case27

名前・性別

阿川正俊(仮名)・男性

転職時の年齢

23歳
転職時期 2014年5月
転職前の仕事 ホテル・料飲部門(東京)
転職後の仕事 大手メーカー・法人事業部門(東京)

書類提出

1社

面接

1社

転職回数

1回目

転職活動期間

1か月半(休職中の転職活動)

卒業大学 神奈川大学 経済学部経済学科

ポイント

仕事のやりがいを求めて異業種への転職に挑戦!転職エージェントを上手に利用し1ヶ月で内定GET!

 

やりたい仕事ができない日々…転職を決意!

-前職には、どういった経緯で就職されましたか?

 

(阿川)元々アルバイトでホテルのレストランで働いており、上司の方から、就職活動をするのならぜひ弊社で働かないか?と言われていました。
特別に内定をもらえるわけではなかったので、しっかり面接を4回し、選考を受けた末に、就職することになりました。

 

‐元々アルバイトで働いてい職場なのですね。仕事内容を教えてください。

 

(阿川)仕事内容はレストランのホールの担当になりました。

朝6時からの朝食ブッフェの準備から一日は始まります。ランチブッフェの準備と接客、ディナーはブッフェスタイルではないので、担当テーブルを細かく決めて接客していました。
22時にレストランを閉めてそこからは明日の準備と片づけをして終わりです。
レストランのオープン中の裏方の仕事といえば、常連のお客様の好みや食事メニューなどを記録したり、たまにお金の金額を数えて帳簿に記入する仕事をまかされたりするくらいでした。

 

-前職で不満や辛かったことはありますか?

 

(阿川)基本的にはランチのピークとディナーのピークはとても忙しく、さらに食器が一つ一つとても重いので肉体労働といってもいいくらいです。

ずっと広いレストラン内を早歩きで歩くため体調が優れない日などはとても辛いです。
また、なんといっても配属される場所は完全に人事次第なので、私は客室の仕事をしたかったのですが、レストランの配属になり、その場合料飲部門から客室部門への移動の申請が通ることは滅多に無いというのが現状でした。

 

-不満がつのったことが転職のきっかけになったのですか?

 

(阿川)やはり、やりたい仕事が出来なかったのは大きいです。レストランの仕事と客室の仕事は同じ接客でも大きく違いますし、給与面もかなり低い設定でしたのでやりがいを見つけられなければ続けられない仕事でもありました。また平社員から昇格するまで平均で5年から10年、それまで安い賃金をもらいながら働く事を考えると、転職を考えざるを得ませんでした。拘束時間もとても長く、休憩時間が長いためと残業が多くなってしまうため、休憩時間を合わせると12時間以上ホテルに在住していなければならないことが普通でした。
ホテルは24時間稼動しています。始発前にレストランの準備にとりかからなければいけないときは仮眠室で夜を明かしたこともあり、身体的に疲労するだけでなく精神的にも疲労が重なっていき転職を決意しました。

 

‐前職にはどのくらい勤務していましたか?転職活動は何回目ですか?

 

(阿川)アルバイトの時期を合わせれば2年半、正社員としては1年勤務しました。転職活動は今回が初めてです。

 

 

転職エージェントを利用して、1社面接即内定!

-転職活動には転職エージェントを利用しましたか?利用してよかったですか?

 

(阿川)転職活動には渋谷ヒカリエにあるレバレジーズという転職エージェントを利用しました。
きっかけは、インターネットで正社員の求人を探していたところ、転職を手伝ってくれる転職エージェントの存在を知り、レバレジーズが近場だったこともあって一度相談するくらいのつもりで行ってみました。もちろん無料ですし、ヒカリエだけあってお洒落な雰囲気でした。
対応自体は普通という印象です。どのような職が希望か聞かれてエージェント側がいくつか薦めてくる、といういたってシンプルなやりとりでした。
シンプルだからこそ気兼ねなく事を進められましたし、細かい希望も聞いてくれたので安心はできました。
しかし、悪かった点といえば紹介できる会社全てを見せてくれるわけではなかったので、選択肢は絞られた状態で説明が始まります。
時間制限はないので、粘れば色々な会社を紹介してくれるのかもしれませんが、私には10社程度が限度でした。

 

-面接時のアピールポイントは?面接内容を教えてください。

 

(阿川)元々接客業をしていたので、対人には慣れているということ、ホテルで作法やマナーは一通り勉強していたので、ビジネスマナーにも活かせるという点をアピールしました。
面接では、給与が固定給に歩合の給料が足される仕組みだったので、どのくらい稼ぎたいと思っているか、成績で上下関係が決まることに対しての抵抗はあるかなど聞かれました。

テストは、“原価100円のボールペンを私に300円で売ってください”という問題を答えるというものもありました(あとで検索したら、「1本のボールペンを購入してくれると、物資が必要な国に2本のペンを寄付します」といってターゲット属性を寄付したい人に変える・・・などという回答がありました。)

3回面接があったのですが、優しい雰囲気の面接と圧迫面接がありました。
圧迫面接ではひたすら自分の意見を否定され、どうやって打開するかを見ていたようでした。 例えば、”ホテルでのマナーとビジネスマナーは全く違うと思いますが、どうですか?”と聞かれたりしました。

 

-内定がでるまでの期間はどのくらいでしたか?

 

(阿川)最初の面接から1ヶ月で内定通知が来ました。休職中でした。

 

‐他業種への転職を決めた理由は何ですか?

 

(阿川)人と接する職、給与面、社風この三つを意識していました。接客や営業の中から企業を選んでいきました。

前回は給与面での未来に対する不安が大きかったので、給与は平均以上を意識していました。 転職エージェントを利用して提示された中で一番給与が期待できたのは営業の仕事でした。 今までの仕事はどちらかというと作業になりがちでしたが、営業というと相手によって対応を変えたり、独自性が求められるというところに魅力を感じました。 もともとホテルの客室の仕事をしたかったのもそういうところにあったからです。
営業の仕事の中で企業を選ぶ際に気をつけたところは、やはり社風です。

営業の仕事は個人主義のところが多いらしく、場所によっては荒れている職場もあるそうです。 ノルマがあるのかないのかという点も注意しなければならない点でした。
転職エージェントで調べてもらうだけではなく自分でも出来る限り評判などを調べました。 営業関係の仕事は他の仕事よりも批判的な書き込みが多く、選別するのに苦労しました。

 

‐転職活動での苦労、想定外のトラブルはありましたか?

 

(阿川)自分で調べていた頃は全然選択肢を絞れず、会社の情報も浅いものばかりで大変でした。想定外といえば転職エージェントを利用したにもかかわらず、会社から提示された給与が紹介されたときの給与と少し違っていたことです。

 

 

新しい会社ではやりがいも収入もUP!

-新しい会社の仕事について教えてください。

 

(阿川)基本は午前8時半に出社し、朝礼から始まります。9時からはひたすら電話で営業のアポイントをとります。 もしアポイントが取れればそこからは各自営業に行き、とれなければひたすらかけ続けることになります。 13時になると昼食の休憩になり、14時からは飛び込み営業に行く人や電話でアポイントをとることを継続する人に分かれます。
他にも新商品が入荷された場合は講座や勉強する時間が設けられたり、ミーティングでこれからのことを考える時間などもあります。 アポイントの時間によっては営業先から直帰することもありますが、基本的には20時に終礼して帰宅するという内容です。
また新卒や中途採用で新人が入ってきた場合は新人研修を上司から頼まれることもありました。

 

‐前職と比べてよかった点、悪かった点はありますか?年収はどうですか?

 

(阿川)新しい職場では拘束時間が一般的で、前職みたいに12時間以上拘束されたりしませんし、成績さえとれればマイペースに事が運べます。
前職はひたすら作業に追われていたので、そういう意味では気楽に仕事ができるのでよかったです。
成績に関して言えば最初はとても悪く上手くいきませんでしたが、先輩方から学んだり本など独学で成績を安定させることが出来るようになると、やりがいと心に余裕が生まれるようになりました。
しかし、毎月成績を安定してとるというのは難しいもので、どんな人でも絶対に上手くいかない月があります。 そういう月は焦りますし、上司からのプレッシャーもあるので会社に行くこと自体が憂鬱になってしまいます。 また成績が取れない月が続いている同僚を見ていると、生きた心地がしないというくらいかなり追い込まれているので、自分も他人事ではなく、不安が側にある職場です。
年収に関しては歩合もあるので月によって変動しますが、拘束時間は減り、給与は1.5倍から2倍くらいになりました。

 

 

転職しようと考えている方に、アドバイスをお願いします!

(阿川)私は20代前半で転職しました。そのため職歴が浅くても面接さえ上手くできれば違う職種でも転職できると転職エージェントの担当者から言われました。
しかし、職歴を重ねてしまうと逆に選択肢は減り、また技量も求められるようになります。

今の仕事と違う職種に転職を決めるならば、できる限り早いほうがいいと思います。

 

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する