養護教諭

 

養護教諭の転職は狭き門

 養護教諭とは、学校内の保健室に常駐し、児童や生徒の怪我や疾病等の応急処置を行う他、健康診断や健康指導を行う仕事です。「保健室の先生」と呼ばれることが多く、小学校や中学校、高校の保健室で働きます。

 

 養護教諭になるためには国家試験である養護教諭免許状の取得が必要です。養護教諭育成課程のある大学や短大で所定の科目を修了するか、看護専門学校で所定の科目を履修し保健師の資格を取得すると養護教諭免許状が取得できます。免許取得後、学校の教員採用試験に合格すると養護教諭として働くことができます。公立学校であれば公務員としての給与が支払われ、私立学校では独自の給与算定基準に基づいた給与が支払われます。

 

 養護教諭は、採用倍率が高く非常に狭き門の職業です。公立の場合は公務員になるため、離職率もかなり低くなっています。私立学校についても離職率は低いと考えられます。そのため、養護教員への転職はかなり難しいと言えるでしょう。契約社員や産休・育休対応の臨時職員としての採用は正規社員に比べれば比較的入りやすいため、臨時職員として働きながら正規職員へ挑戦するという方法もあります。求人サイトや各自治体の臨時職員採用募集をこまめにチェックしてみましょう。

 

養護教諭の将来性

 養護教諭の仕事の中には、不登校や心の悩みを抱えている生徒の心のケアを行うという重要な役割があります。不登校児が増加している現在、学校カウンセラーや医師や保健師と連携しながら子供の心のケアを行っていくことが求められており、養護教諭の1校複数配置を望む声も出ています。また、養護教諭を保育園や幼稚園に配置している園も増えてきており、活躍の場は広がるばかりです。

 

 養護教諭は国家資格を取得しなければならず、採用倍率が高い職業でありますが、今後更に活躍を期待される将来性のある仕事だと言えるでしょう。

養護教諭に関連するみんなのQ&A

養護教諭に必要な知識や資質とは

養護教諭を目指しています。養護教諭に求められる知識や資質とはどんなものがありますか。一般的な教職と比較して、特に養護教諭にはこれが必要、というものがあれば教えていただきたいです。...

ページ上部へ移動する