ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格 ファイナンシャルプランナー(FP)には3つの分類があります。1つはAFP資格。2つ目はCFP資格。そして3つ目がファイナンシャル・プランニン...[続きを読む]

銀行員

就職ランキングでも上位の常連の銀行員メガバンク(三菱東京銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行)を中心に、大学生による就職希望企業ランキングの上位に毎年入ってくる銀行員。最近では...[続きを読む]

税理士

税理士の資格保有者の推移 税理士は「税務の専門家」として難易度が最も高い国家資格です。全国の税理士登録者は平成30年7月末日現在で77,234人となっています。しかし最近は税理士の受...[続きを読む]

商社マン

総合商社・専門商社の業界動向 日本の5大総合商社といえば、三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅です。総合商社は近年、原油、鉄鉱石など資源価格の下落などによる資源分野の業績不...[続きを読む]

アクチュアリー

「数理業務のプロフェッショナル」として年々増加傾向 アクチュアリーは民間資格でありながら、専門的な勉強が必要となる難関資格です。アクチュアリーになるには、まず基礎科目の第1次試験5科...[続きを読む]

トレーダー

トレーダーの将来性と転職事情 投資銀行や証券会社に勤務し、顧客のために証券売買業務に携わるトレーダー業務は、金融知識の専門性と、情報収集力・判断力・コミュニケーション力を問われる仕事...[続きを読む]

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーの現状 ファンドマネージャーは資産運用の専門家として投信・投資顧問会社や信託銀行、生命保険会社で活躍しています。 ファンドマネージャーになるための...[続きを読む]

証券アナリスト

証券アナリスト試験合格者の推移と活躍する分野 証券アナリスト資格は、社団法人日本証券アナリスト協会の定める検定試験に合格した会員のことを指し、「CMA」と称される民間資格です。&n...[続きを読む]

金融ディーラー

金融ディーラーは転職が多い!? トレーダーと同じく、金融ディーラーも、銀行や証券会社、生命保険会社、損害保険会社などのディーリング部門に所属して株や債権の値動きを把握し売買を行う仕事...[続きを読む]

証券営業マン

証券営業マンがおさえておきたい業界事情 証券業界は2008年のリーマンショックで一旦規模が落ち込みますが、徐々に回復を見せて、2014年以降はほぼ横ばいで推移しています。&nbsp...[続きを読む]

生保事務・損保事務

生保事務・損保事務の新卒採用の現状 10年ほど前は、生保事務・損保事務は一般的に短大・大学卒業の一般職として就職し、本社や営業拠点の事務を一般職が担う形がとられていました。しかし、2...[続きを読む]

アジャスター

アジャスターの転職事情 アジャスターには技術アジャスター、特殊車アジャスター、医療アジャスターなどがありますが、ここでは「技術アジャスター」をメインに説明します。 ア...[続きを読む]

不動産鑑定士

不動産鑑定士の受験者数の推移 不動産鑑定士として国土交通省に登録されている人は平成28年1月1日時点で8,207名です。 不動産鑑定士になるには、短答式に合格した後、...[続きを読む]

土地家屋調査士

土地家屋調査士の登録者数、受験者数と合格率の推移 土地家屋調査士の個人会員は平成27年度4月1日時点で17,017人です。そのうち女性は487人であり、割合的に女性の会員はまだまだ少...[続きを読む]

ページ上部へ移動する