経理

 

経理部門の転職は人気が高く、競争率が激しい

 景気が少しずつ改善し、全国に事業所が増えていることから、経理部門の転職市場では求人数が増加傾向にあります。どの事業所にも経理部門は必ず必要なので、事業所が増えると求人が増えるという現象が起きています。しかし、経理部門は人気が高い職種であり、キャリアアップ志向が高い人が多く、条件の良い職場は競争率が激しくなります

 

 転職エージェントがまとめた経理部門の2018年6月の求人倍率は0.59倍厚生労働省の「一般職業紹介状況」によると、全国の有効求人倍率は1.63倍であることから、経理部門へ転職することがいかに難しいかが分かり、条件の良い求人は特に激戦になることが予想されます。

 

(出典:MS-Japan「2018年4月~6月期 経理・人事・法務・会計事務所の転職動向」

 

安定志向が多い経理職への転職のカギは?

 経理職の方は安定志向が高く、将来的なキャリアアップが想像できる職場に転職を希望する傾向があります。

 

 20代~の若い世代の転職では、スキルが未熟であることから経験値をアピールすることは難しくなります。そのため、スキルがなくても若者ならではのチャレンジ精神やモチベーションが高い人材であることをアピールし、過去にどのような経験をしてきたか、その経験を経理という仕事にどう活かせるかアピールする必要があります。

 

 また、簿記や公認会計士などの経理職で使える資格を勉強している人、資格を取得している人は大きなポイントとなるので転職のアピール材料にしましょう。未経験の場合は、契約社員や紹介予定派遣でスタートし、将来的にスキルアップしたら正社員に登用される道もあります。また、ベンチャー企業は会社と一緒に成長できる社員を募集することが多く、経理未経験で20代でも採用される可能性は高いため、気になる人はベンチャー企業の求人募集をチェックしてみるとよいでしょう。

 

 一方、管理職に関しては経理としての経験が豊富で、マネージメント力がある人物が求められます。決算担当者や経理財務全般をまとめられるリーダー・マネージャーを募集している企業は多く、専門性がある経理職のエキスパート、即戦力として活躍できる40代以上の人材は激しい獲得競争になっています。また、グローバル展開を積極的に行っている企業では語学力の高さもポイントとなるため、経理職でも語学力が要求される傾向があることも特徴です。

 

 転職エージェントの中には管理部門専門のエージェントもあるため、該当する場合は参考にすると求人情報が得やすくなるでしょう。

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の年収相場・年収アップの方法
  2. 経理の転職と面接について
  3. 経理の転職にベストな時期
  4. 経理の転職と履歴書について
  5. 経理の転職と年齢について
  6. 経理転職時の志望動機
  7. 経理の仕事内容

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?

経理に関する給料情報

  1. 経理のリアルな給与明細調査

経理に関連するみんなのQ&A

未経験だけど経理事務に転職することできますか?

経理事務への転職を考えています。もともと某飲料メーカーで営業をしていましたが、子供の出産を経て職場復帰したものの、子育てをしながらお客様の予定に合わせないといけない営業でやっていくことに限界を感じています。そのため、事務員への転職を考え...

経理が高く評価される業界や転職先はありますか?

現在IT機器メーカーの経理で働いている、31歳、男性です。当社は、営業部門の力が非常に強く、経理をはじめ管理部門は社内で全く評価されません。人事評価でも、上司である経理部長からは高い評価をもらえるけど、その後の部門間の調整で管理部門の評...

ベンチャー企業の経理に転職したい。大企業との違いは?

現在東証一部に上場しているいわゆる大企業の経理部で働いています。大企業にいると仕事が分業制で、自分が担当できる範囲が非常に狭く成長スピードが遅いと感じています。出世も基本年功序列なので、上司もがつがつしているわけではなく、事なかれ主義が...

経理に転職したいけど、簿記の資格は必要ですか?

社会人3年目の男性です。今は食品メーカーの営業をしていますが、ノルマがある営業はどうも自分には合わないので転職を考えています。大学の授業で簿記を学んだことがあったので、経理への転職を考えていますが、経理に転職するためにはやはり簿記の資格は必...

経理の経験を活かして他の業種に転職することは可能ですか?

IT企業(東証一部上場)勤務、30歳、男性です。新卒で入社し、3年目に経理部に配属になってから5年が経ちました。そろそろ次のステップを考えています。元々経理部希望ではなかったのですが、商学部出身で、数字に対して苦手意識はなかったので...

資材メーカーの経理ですが、やりがいがないので転職したい

新卒3年目、建築資材メーカーで経理の仕事をしています。請求書の仕分けや伝票入力、得意先への事務連絡(請求書送付を含む)、出張旅費の精算などを担当しています。経理ソフトへの入力、事業所の月次報告の書類作成もメインではありませんが担当してい...

給料が安い経理職を辞めたい。未経験のIT業界に転職できる?

新卒からオフィス用品販売の会社で経理の仕事をしています。ちょうど3年目になります。同期の男の子は営業で採用で、私は最初から内勤事務での採用でした。それほど給料が良いような会社ではないのはわかってたのですが、それにしても低い給料で困ってい...

商社の経理ですが、コストカットの波で転職を余儀なくされそう

商社で経理の仕事をしてる28歳女です。新卒の一般職に相当するような枠で入社し、今年で6年目になります。この会社における経理の仕事は一通りやりましたが、基本的には経理ソフトや専用ソフトへの入力といった事務的作業が主です。一般職枠なので基本的に...

建設会社で経理をしてますが、先がなさそうで転職を考えています

28歳の女で、地方の建設会社で経理をしています。新卒で保険会社に勤めたのですが、営業が向いていなかったため1年足らずで辞めて、地元に帰ってから今の建設会社で経理をやっています。大学時代に就活のために取った日商簿記2級と、今の会社に入ってから...

食品メーカーの経理・総務の仕事内容と仕事上の注意点

食品メーカーの経理・総務担当に転職したいと考えています。今までは他業種メーカーで経理を担当していました。食品メーカーの経理・総務担当者の仕事内容を教えて下さい。また、仕事上で注意した方がよいことはありますか?...

ページ上部へ移動する