看護師

 

看護師の就業者数は増加傾向

 厚生労働省の調査によると、平成28年末(2016年)の看護師の就業人数は1,149,397人であり、この10年で約33万人増加しています。

 

(出典:厚生労働省「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 看護職員の現状と推移」を加工して作成)

 

 特に男性看護師の増加がめざましく、平成18年は約38,000人であったのが平成28年は約84,000人と、倍以上の人数になっています。一時期の深刻な看護師不足は一旦落ち着いたようにも見て取れます。

 

看護師不足は解消されていない?

 しかし、看護師の人数は地域や医療施設によってかなりの差異があり、まだ看護師不足に悩んでいるところが多いのが現状です。

 

 人口10万人当たりの看護師の人数を都道府県別にみたところ、最も多いのは高知県、続いて山梨県でした。一方で最も少ないのは埼玉県の636.8人で、いわゆる主要都市(首都圏の一都三県、関西(大阪・兵庫)、福岡)で全国平均値を下回っている、つまり看護師が不足していることが分かっています。

 

  また、上記と矛盾するような結果ですが、人口規模が少ない地域ほど看護師不足の比率が高くなるという傾向も見られます。2017年末の調査によると、人口10万人未満の市町村、および過疎地域の75%以上が「現在看護師が不足している/不足することがよくある」と回答しています。(参考:日本医師会総合政策研究機構「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察

 

  就業看護師の地域の偏りは解消できていないこと、看護師が必要とされる職場やシーンの拡大に需要が追い付いていないこと(たとえばここ数年で訪問看護ステーションが急増し、看護師の人材確保も急務となっています)、更に離職率の改善が図れていないことなどの理由で、看護師不足はまだ続いているというのが実際のところでしょう。

 

 看護師全体の離職率はこの5年程で11%前後、新卒看護師に絞ると7%台後半で横ばいの状態です。日本看護協会が新人看護研修制度の導入を呼び掛け、若手看護師の教育や育成、早期離職防止策を講じていますが、現状は離職率の大きな改善は見られていません。

 

 今後も看護師の需要は一定数あり、転職者や潜在看護師も転職先に困るということはなさそうです。

看護師に関連する基礎知識

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の求人事情と転職時期
  2. 看護師の採用先の分類
  3. 看護師の年収・給料相場と年収アップの方法
  4. 看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!
  5. 看護師の履歴書の書き方<※例文あり>・志望動機と面接対策
  6. 看護師の転職と年齢・ブランクからの復職

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・グループホーム
  2. 訪問看護ステーション(訪問看護師)
  3. デイサービス(通所介護)
  4. デイケア(通所リハビリテーション)
  5. 地域包括支援センター
  6. ショートステイ

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 好条件(夜勤なし・土日休み・激務でない・託児所・寮完備)
  2. 公務員・公務員扱い
  3. 第二新卒向け
  4. 夜勤専従
  5. 2交代・3交代

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係

看護師に関する給料情報

  1. 看護師のリアルな給与明細調査

看護師に関連するみんなのQ&A

看護師1年目。今は落ち込むほどの激務でも、2年目は楽になりますか?

看護学校を卒業し、学校とは全く関係のない大学病院で働き始めた新人です。自分を試してみたくて敢えてレベルの高い大学病院への就職を選んだのですが、想像以上に仕事がきつく、毎日落ち込んでばかりです。わからないことばかりで仕事が難しいのはも...

総合病院から転職したい。市役所での看護師業務について

病院で毎日朝早くから夜遅くまでヘトヘトになりながら働いて、自宅に帰ってきても仕事関係のやらなくてはいけないことをして、休みの日でも仕事関係のやらなくてはいけないことをして、もうかなり疲れてきてしまいました。総合病院での勤務も丸4年以上が...

子育てとの両立のためにクリニックを選んだのに失敗

妊娠をきっかけに以前働いていた病院を退職しました。その後、子どもを出産して2歳まで自宅で一緒に過ごして、看護師に戻ろうとなって、子育てと両立がきちんとできるように、しやすいようにということで以前働いていたような病院ではなくて、クリニックを勤...

自信喪失中の新人看護師です。退職した方がよいのでしょうか。

新卒で看護師として働き始めた新人看護師です。病棟は、内科系の総合病院です。9月ごろより夜勤に入り始め、失敗や叱られながら、何とか仕事をこなしてきたのですが、前回夜勤をした時に、目の前で患者さんの急変を発見しました。救命措置や急変...

個人病院での看護師の人間関係が苦手。総合病院はどうですか?

個人病院に就職して3年程経ちますが、看護師の人数が少ないので人間関係が濃くて私には合いません。仕事とプライベートはきっちり分けたいのに、何だかお友達感覚みたいな感じがどうしても好きになれないです。合わせているので特に浮いた感じはしな...

50代の看護師です。転職が怖いです。

小さなクリニックに12年勤めてきました。先日、体調を崩していた院長先生が亡くなり、クリニックを閉院することになりました。予想はしていたものの、やはり閉院となることがショックで、でも落ち込んでもいられないと今更ながら転職活動を開始...

公立病院の看護師の退職金について

公立病院の看護師の退職金について教えてください。公務員に該当する公立病院の看護師は、退職金もかなり多いと聞きました。友人は民間病院のほうが多いと話していましたが、別の友人は公立病院のほうが多いと言っています。ネットで調べてもよく...

看護師はうつをどう克服すればいいのでしょうか?

看護師はうつにかかりやすいと言いますが、どう克服すればいいのでしょうか?実は最近、私の職場にも3~4人はうつ状態になって、辞めた人がおりました。最初は休職扱いでしたが、結局は復職ができずにそのまま辞めていきました。そういう私も、以前...

クリニックで扶養内で働きたいと思っている看護師です

子供を出産して育児休暇後に子供が1歳になった為、仕事復帰したのですが、子供が体調不良で仕事を休むことが多く、給料も税金を抜くと少ない為、子供が成長して落ち着くまで、扶養内でのクリニックの仕事に転職しようか考えています。今は正社員で仕事してい...

個人病院やクリニックは暇?転職した方がいい?

転職をして数週間!以前までは総合病院の病棟で働いていたのですが、ちょっと諸事情があり退職をして、実家方面の地域に戻ってきて個人経営のクリニックで働き始めました。同じ看護師として働いていますが、そのギャップのすごさにただただ驚くばかりの毎...

ページ上部へ移動する