看護師

 

看護師の就業者数は増加傾向

 厚生労働省の調査によると、平成28年末(2016年)の看護師の就業人数は1,149,397人であり、この10年で約33万人増加しています。

 

(出典:厚生労働省「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 看護職員の現状と推移」を加工して作成)

 

 特に男性看護師の増加がめざましく、平成18年は約38,000人であったのが平成28年は約84,000人と、倍以上の人数になっています。一時期の深刻な看護師不足は一旦落ち着いたようにも見て取れます。

 

看護師不足は解消されていない?

 しかし、看護師の人数は地域や医療施設によってかなりの差異があり、まだ看護師不足に悩んでいるところが多いのが現状です。

 

 人口10万人当たりの看護師の人数を都道府県別にみたところ、最も多いのは高知県、続いて山梨県でした。一方で最も少ないのは埼玉県の636.8人で、いわゆる主要都市(首都圏の一都三県、関西(大阪・兵庫)、福岡)で全国平均値を下回っている、つまり看護師が不足していることが分かっています。

 

  また、上記と矛盾するような結果ですが、人口規模が少ない地域ほど看護師不足の比率が高くなるという傾向も見られます。2017年末の調査によると、人口10万人未満の市町村、および過疎地域の75%以上が「現在看護師が不足している/不足することがよくある」と回答しています。(参考:日本医師会総合政策研究機構「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察

 

  就業看護師の地域の偏りは解消できていないこと、看護師が必要とされる職場やシーンの拡大に需要が追い付いていないこと(たとえばここ数年で訪問看護ステーションが急増し、看護師の人材確保も急務となっています)、更に離職率の改善が図れていないことなどの理由で、看護師不足はまだ続いているというのが実際のところでしょう。

 

 看護師全体の離職率はこの5年程で11%前後、新卒看護師に絞ると7%台後半で横ばいの状態です。日本看護協会が新人看護研修制度の導入を呼び掛け、若手看護師の教育や育成、早期離職防止策を講じていますが、現状は離職率の大きな改善は見られていません。

 

 今後も看護師の需要は一定数あり、転職者や潜在看護師も転職先に困るということはなさそうです。

看護師に関連する基礎知識

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の求人事情と転職時期
  2. 看護師の採用先の分類
  3. 看護師の年収・給料相場と年収アップの方法
  4. 看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!
  5. 看護師の履歴書の書き方<※例文あり>・志望動機と面接対策
  6. 看護師の転職と年齢・ブランクからの復職

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・グループホーム
  2. 訪問看護ステーション(訪問看護師)
  3. デイサービス(通所介護)
  4. デイケア(通所リハビリテーション)
  5. 地域包括支援センター
  6. ショートステイ

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 好条件(夜勤なし・土日休み・激務でない・託児所・寮完備)
  2. 公務員・公務員扱い
  3. 第二新卒向け
  4. 夜勤専従
  5. 2交代・3交代

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係

看護師に関する給料情報

  1. 看護師のリアルな給与明細調査

看護師に関連するみんなのQ&A

看護師3年目です。転職先を明かすべきですか?

転職先を、今の同僚たちに知らせるべきかで悩んでいます。社会人3年目の看護師です。新卒の頃から病床数400の総合病院で勤めています。3年間、ずっと整形外科外来での勤務でした。私が勤めている整形外科外来には、4人のドクターが交代...

育児と看護師業と家事に追われ、イライラが止まらない

最近イライラが止まりません。対処方法ありますか?私は美容皮膚科のクリニックに勤めています。既婚、子供は2歳半の息子が1人です。産後は特になのですが、常にイライラしてしまって。クリニックの待ち時間に対して文句を言って来る患者に...

看護師の育児休暇後の職場復帰について

私は大学病院の外科病棟に勤務していましたが、育児休暇が終わったらしばらくは内科の外来で働く事になっています。もうすぐ子供が1歳になるので職場復帰しますが、外来は初めてなので緊張しています。何か気を付けることはありますか?また初めての子供...

クリニック勤務の看護師、出会いが全然なくて困っています!

私はレディースクリニックで勤務している看護師で、今年29歳になります。レディースクリニックへ転職した理由は、病棟で働いてた頃、男性患者様への対応がとても苦手だったからです。特に何かされたというわけではないのですが、私は高校も大学も女子校、そ...

入職前に怪我。不安で仕方ない。看護師を辞めたくない。

転職活動をして内定を頂いたのですが、就職前に転倒し左外踝骨折しました。現在、内定を頂いた病院は待っていただけることになりました。まだ、メンカで装具付けて松葉歩行です。職場は透析クリニックなんですが復帰できるか不安です。看護師を辞めたくないで...

看護師が育休あけですぐに退職なんて非常識ですよね…

昨年出産し、育児休暇を一年間取りました。まもなく仕事復帰する予定なのですが、とても忙しい病棟で残業も多く、家事育児と仕事を両立出来る自信がありません。復帰後の大変さを想像しただけで、毎日気が重いです。退職して業務の流れがゆっくりした施設やク...

看護師の求人で午前のみの職場とは?

24歳の子持ち看護師(現在育休中)です。今まで転職をしたことはありませんので、あまり知識がありません。子持ちで働くとしたら午前中だけの勤務が体力的には楽だと思いますが、午前中だけのシフトで入れるような職場となると、クリニックか診療所...

パート看護師の仕事と家事を両立させるコツが知りたいです

パートに反対の夫に文句を言わせずに、看護師の仕事と家事を両立させるコツを教えてください。子供が保育園に入ったのを機に、4月から私もクリニックで働き始めました。 本当はもう一年家で子育てをしたかったのですが、保育園の定員に余裕がある年...

訪問入浴の経験を活かせる看護師の職場はどこかありますか?

新卒で約三年間クリニックで働いてから、結婚を機に退職し、常勤での勤務はせずに今まで訪問入浴のアルバイトなどをやりながら過ごしてきました。今までは扶養範囲内で働いてきていたので、収入を自由にセーブできる訪問入浴のアルバイトをしていたのですが、...

シングルマザーの看護師です。育児がちゃんとできないから辞めたいです

2才の子を託児所に預けながら働くシングルマザーの看護師です。最近、子供のわがままがひどくなり、言う事も聞かず、育児に手を焼くようになりました。託児所の先生にも「おうちでちゃんと関わる時間を取っている?」と聞かれるなど、私の育児がちゃ...

ページ上部へ移動する