看護師

 

看護師の就業者数は増加傾向

 厚生労働省の調査によると、平成28年末(2016年)の看護師の就業人数は1,149,397人であり、この10年で約33万人増加しています。

 

(出典:厚生労働省「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 看護職員の現状と推移」を加工して作成)

 

 特に男性看護師の増加がめざましく、平成18年は約38,000人であったのが平成28年は約84,000人と、倍以上の人数になっています。一時期の深刻な看護師不足は一旦落ち着いたようにも見て取れます。

 

看護師不足は解消されていない?

 しかし、看護師の人数は地域や医療施設によってかなりの差異があり、まだ看護師不足に悩んでいるところが多いのが現状です。

 

 人口10万人当たりの看護師の人数を都道府県別にみたところ、最も多いのは高知県、続いて山梨県でした。一方で最も少ないのは埼玉県の636.8人で、いわゆる主要都市(首都圏の一都三県、関西(大阪・兵庫)、福岡)で全国平均値を下回っている、つまり看護師が不足していることが分かっています。

 

  また、上記と矛盾するような結果ですが、人口規模が少ない地域ほど看護師不足の比率が高くなるという傾向も見られます。2017年末の調査によると、人口10万人未満の市町村、および過疎地域の75%以上が「現在看護師が不足している/不足することがよくある」と回答しています。(参考:日本医師会総合政策研究機構「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察

 

  就業看護師の地域の偏りは解消できていないこと、看護師が必要とされる職場やシーンの拡大に需要が追い付いていないこと(たとえばここ数年で訪問看護ステーションが急増し、看護師の人材確保も急務となっています)、更に離職率の改善が図れていないことなどの理由で、看護師不足はまだ続いているというのが実際のところでしょう。

 

 看護師全体の離職率はこの5年程で11%前後、新卒看護師に絞ると7%台後半で横ばいの状態です。日本看護協会が新人看護研修制度の導入を呼び掛け、若手看護師の教育や育成、早期離職防止策を講じていますが、現状は離職率の大きな改善は見られていません。

 

 今後も看護師の需要は一定数あり、転職者や潜在看護師も転職先に困るということはなさそうです。

看護師に関連する基礎知識

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の求人事情と転職時期
  2. 看護師の採用先の分類
  3. 看護師の年収・給料相場と年収アップの方法
  4. 看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!
  5. 看護師の履歴書の書き方<※例文あり>・志望動機と面接対策
  6. 看護師の転職と年齢・ブランクからの復職

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・グループホーム
  2. 訪問看護ステーション(訪問看護師)
  3. デイサービス(通所介護)
  4. デイケア(通所リハビリテーション)
  5. 地域包括支援センター
  6. ショートステイ

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 好条件(夜勤なし・土日休み・激務でない・託児所・寮完備)
  2. 公務員・公務員扱い
  3. 第二新卒向け
  4. 夜勤専従
  5. 2交代・3交代

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係

看護師に関する給料情報

  1. 看護師のリアルな給与明細調査

看護師に関連するみんなのQ&A

透析室への転職(復職)は未経験だと厳しいですか?

夜勤勤務がない分野を探していて、透析室が目につきました。看護師経験は三年半、出産、育児で退職してブランクは一年ちょっとになります。一応、急性期の病棟で夜勤もしながら働いていた経験があり、基本的な看護の知識や技術はあると思います。...

妊娠中の看護師です。産休を取って復帰するか、退職するか…

30代前半の看護師です。現在妊娠6ヶ月、だいぶ症状も安定してきてはいますが、今回初産で、過去には流産の経験もありますし、今回も無事に産めるのかすごく不安がありながら仕事をしています。 周りを見てみると、産休をとらずに早めに退職して、...

内視鏡室に転職を考えている看護師です。業務内容について教えてください。

内科病棟で看護師をしています。今年で4年目ですが、急変患者が多く、頻繁な緊急入院もあり、続けるのが厳しくなってきています。もともと身体は丈夫ではなく、過酷な勤務には向いていないと感じています。4年目となれば新人ではないのですが、...

心療内科に復職したいけど、未経験で不安です

循環器外科で6年ほど働き、結婚を機に退職した者です。ブランクの期間はだいたい1年半と、ブランクというには比較的短いとは思いますが、このたび心療内科に復職したいと考えるようになり、少し不安を抱えています。このところの様々な社会的な問題...

精神科と心療内科の看護師の仕事って違うんですか?

精神科と心療内科の仕事内容は同じようなものですか?入職6ヶ月目の新人看護師なので、両者の違いがよくわかりません。心療内科のほうが業務の幅が広いと聞いたことがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?将来異動や転職をするときのために教え...

訪問入浴へ63歳での転職は、体力的に難しいと思いますか?

無謀かもしれませんが、63歳で転職を考えている看護師です。訪問入浴なる仕事を知りまして、興味を持っているところです。今の職場は介護施設ですが、体力的に無理が出てきました。そこで、訪問入浴の仕事を希望しているのです。経験したこ...

夫が単身赴任になりました。外来勤務か転職どちらがいいでしょうか?

現在、民間の総合病院の小児科病棟で働いています。新卒で入職し、これまで2回の産休育休を除き12年間程働いてきました。1度も転職の経験は無く、ずっと働いていくつもりでいました。先日夫から、転勤の話を聞きました。うちには小学校1年生と3...

子育てと看護師の両立は無理なのでしょうか?

半年ほど前、育休から現場復帰しました。もともと「資格職だから一生続けていける」と思ってなった看護師ですが、今では看護師という仕事そのものに魅力を感じています。しかし、いざ育休から復帰してみると、子供が頻繁に体調不良となり保育園を休む...

転職時の履歴書に書く看護師経験年数について

私は今、育児のために専業主婦をしています。ですがそろそろ常勤として仕事に復帰したいと思い、求人を色々探している所です。履歴書の書き方や職務経歴書の書き方も色々調べて練習しているのですが、わからない点が出てきたので投稿させていただく事...

総合病院勤務の看護師です。異動を断り続けることは可能?

総合病院で働いている看護師です。新卒の時からずっと産休や育休などもなく働いてきました。四年目に入る頃から、今配属されている病棟から他の病棟へ異動をしてもらえないかという話がくるようになりました。私は今働いている環境に大満足しているし、この病...

ページ上部へ移動する