看護師

 

看護師の就業者数は増加傾向

 厚生労働省の調査によると、平成28年末(2016年)の看護師の就業人数は1,149,397人であり、この10年で約33万人増加しています。

 

(出典:厚生労働省「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 看護職員の現状と推移」を加工して作成)

 

 特に男性看護師の増加がめざましく、平成18年は約38,000人であったのが平成28年は約84,000人と、倍以上の人数になっています。一時期の深刻な看護師不足は一旦落ち着いたようにも見て取れます。

 

看護師不足は解消されていない?

 しかし、看護師の人数は地域や医療施設によってかなりの差異があり、まだ看護師不足に悩んでいるところが多いのが現状です。

 

 人口10万人当たりの看護師の人数を都道府県別にみたところ、最も多いのは高知県、続いて山梨県でした。一方で最も少ないのは埼玉県の636.8人で、いわゆる主要都市(首都圏の一都三県、関西(大阪・兵庫)、福岡)で全国平均値を下回っている、つまり看護師が不足していることが分かっています。

 

  また、上記と矛盾するような結果ですが、人口規模が少ない地域ほど看護師不足の比率が高くなるという傾向も見られます。2017年末の調査によると、人口10万人未満の市町村、および過疎地域の75%以上が「現在看護師が不足している/不足することがよくある」と回答しています。(参考:日本医師会総合政策研究機構「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察

 

  就業看護師の地域の偏りは解消できていないこと、看護師が必要とされる職場やシーンの拡大に需要が追い付いていないこと(たとえばここ数年で訪問看護ステーションが急増し、看護師の人材確保も急務となっています)、更に離職率の改善が図れていないことなどの理由で、看護師不足はまだ続いているというのが実際のところでしょう。

 

 看護師全体の離職率はこの5年程で11%前後、新卒看護師に絞ると7%台後半で横ばいの状態です。日本看護協会が新人看護研修制度の導入を呼び掛け、若手看護師の教育や育成、早期離職防止策を講じていますが、現状は離職率の大きな改善は見られていません。

 

 今後も看護師の需要は一定数あり、転職者や潜在看護師も転職先に困るということはなさそうです。

看護師に関連する基礎知識

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の求人事情と転職時期
  2. 看護師の採用先の分類
  3. 看護師の年収・給料相場と年収アップの方法
  4. 看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!
  5. 看護師の履歴書の書き方<※例文あり>・志望動機と面接対策
  6. 看護師の転職と年齢・ブランクからの復職

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・グループホーム
  2. 訪問看護ステーション(訪問看護師)
  3. デイサービス(通所介護)
  4. デイケア(通所リハビリテーション)
  5. 地域包括支援センター
  6. ショートステイ

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 好条件(夜勤なし・土日休み・激務でない・託児所・寮完備)
  2. 公務員・公務員扱い
  3. 第二新卒向け
  4. 夜勤専従
  5. 2交代・3交代

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係

看護師に関する給料情報

  1. 看護師のリアルな給与明細調査

看護師に関連するみんなのQ&A

うつ病からの復帰、いきなり常勤は厳しいですか?

看護師として働き始めて1年で精神的に苦しくなり、うつ病と診断され仕事を辞めました。通院と服薬治療をしながら少し良くなってきたところで小さなクリニックへ再就職しましたが、また数ヶ月で状態が悪くなり退職。通院している病院で、一度しっかり治療に専...

中堅看護師になっても、辞めたい思う事はありますか?

新人看護師です。最近、職場の先輩が立て続けに3人辞めていきました。転職なのか退職なのかは知りません。そこで質問したいんですが、40代とか中堅看護師になっても、辞めたいと思うものですか?今回辞めていった先輩たちはみんな40...

看護師を辞めたくなる時は?乗り越え方は?

看護師になって5年目の27歳です。最近、看護師への情熱が無くなりかけています。看護師を辞めたい気持ちでいっぱいです。毎日、同じように介助して、日々の業務に追われ、夜勤回数も多くて疲れてきてるのかな?と感じています。それに、このままが...

看護師の妊娠中の仕事軽減について

総合病院の外科病棟で働く妊娠6ヶ月の看護師です。今年で30歳になります。妊娠中の仕事について質問なのですが、私の職場の看護師長は30代独身で子供もいないせいか全く軽減されていません。重い物も平気で持たされるし、動けない患者さんの介助も普...

47歳ですが、これから准看護師を目指すのは無理でしょうか?

47歳、この歳になって夫と離婚し、中学生の子供と二人で暮らしていく事になりました。私には何のとりえもなく、資格もありませんので、これからの生活がとても不安だったのですが、先日民生委員の方から資格取得に関する資料をいただく事ができました。...

シングルマザーがナースとしてのびのび働ける職場

理由あってバツイチとなり、二児のシングルマザーとなりました。すでに両親は他界しており、血がつながっているのは二人の子どもだけ。この子たちを養うために、再び看護師として復職しようと考えているのですが、そこで問題となるのがどういう職場に...

母子家庭の看護師さんに質問です。

一人で子供を育てています。息子は小学6年生です。母子家庭で看護師を続けていくことは可能でしょうか?他の仕事に転職すべきでしょうか?...

離婚したので看護師免許を取って子育てをしていきたいです

去年離婚したシングルマザーです。子供はまだ3歳です。パートで生活していますが、貯金する余裕がないので看護師の資格を取って正社員として働きたいと思っています。子供は保育園に預けています。母子家庭なら福祉から資格を取るお金が借りれるそう...

病棟勤務の看護師です。家庭持ちと独身のバトル、どうにかならないでしょうか?

私の病棟では、家庭持ち、子ども持ちの看護師グループと、独身グループに分かれ、陰バトルのようになってしまっています。特に、独身グループは、家庭持ちの看護師さんに土日祝日の休みがついてしまうため、土日祝日の勤務がどうしても増えてしまうこと。そし...

看護師の夜勤手当って重要ですよね?稼げる働き方はありませんか?

私は今、民間病院で働いています。20代のうちに留学を考えていて、お金を貯めたり語学の勉強をしたりと、いろいろと準備を進めたいと考えています。向こうに行ってから本格的に勉強しても十分だとは思いますが、やはりあまりにも出来無さ過ぎる状態で行...

ページ上部へ移動する