看護師

 

看護師の就業者数は増加傾向

 厚生労働省の調査によると、平成28年末(2016年)の看護師の就業人数は1,149,397人であり、この10年で約33万人増加しています。

 

(出典:厚生労働省「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 看護職員の現状と推移」を加工して作成)

 

 特に男性看護師の増加がめざましく、平成18年は約38,000人であったのが平成28年は約84,000人と、倍以上の人数になっています。一時期の深刻な看護師不足は一旦落ち着いたようにも見て取れます。

 

看護師不足は解消されていない?

 しかし、看護師の人数は地域や医療施設によってかなりの差異があり、まだ看護師不足に悩んでいるところが多いのが現状です。

 

 人口10万人当たりの看護師の人数を都道府県別にみたところ、最も多いのは高知県、続いて山梨県でした。一方で最も少ないのは埼玉県の636.8人で、いわゆる主要都市(首都圏の一都三県、関西(大阪・兵庫)、福岡)で全国平均値を下回っている、つまり看護師が不足していることが分かっています。

 

  また、上記と矛盾するような結果ですが、人口規模が少ない地域ほど看護師不足の比率が高くなるという傾向も見られます。2017年末の調査によると、人口10万人未満の市町村、および過疎地域の75%以上が「現在看護師が不足している/不足することがよくある」と回答しています。(参考:日本医師会総合政策研究機構「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察

 

  就業看護師の地域の偏りは解消できていないこと、看護師が必要とされる職場やシーンの拡大に需要が追い付いていないこと(たとえばここ数年で訪問看護ステーションが急増し、看護師の人材確保も急務となっています)、更に離職率の改善が図れていないことなどの理由で、看護師不足はまだ続いているというのが実際のところでしょう。

 

 看護師全体の離職率はこの5年程で11%前後、新卒看護師に絞ると7%台後半で横ばいの状態です。日本看護協会が新人看護研修制度の導入を呼び掛け、若手看護師の教育や育成、早期離職防止策を講じていますが、現状は離職率の大きな改善は見られていません。

 

 今後も看護師の需要は一定数あり、転職者や潜在看護師も転職先に困るということはなさそうです。

看護師に関連する基礎知識

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の求人事情と転職時期
  2. 看護師の採用先の分類
  3. 看護師の年収・給料相場と年収アップの方法
  4. 看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!
  5. 看護師の履歴書の書き方<※例文あり>・志望動機と面接対策
  6. 看護師の転職と年齢・ブランクからの復職

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・グループホーム
  2. 訪問看護ステーション(訪問看護師)
  3. デイサービス(通所介護)
  4. デイケア(通所リハビリテーション)
  5. 地域包括支援センター
  6. ショートステイ

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 好条件(夜勤なし・土日休み・激務でない・託児所・寮完備)
  2. 公務員・公務員扱い
  3. 第二新卒向け
  4. 夜勤専従
  5. 2交代・3交代

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係

看護師に関する給料情報

  1. 看護師のリアルな給与明細調査

看護師に関連するみんなのQ&A

療養型病棟って、看護師いらなくないですか?

夫の転勤にて、それまで勤めていた急性期の病院から、療養型の病院へ転職しました。今の職場は、ただ毎日バイタルを測り、お風呂に入れ、食事介助し、おむつを替えて、おやつを介助して帰るという、ルーチンの繰り返しです。なので、「看護師っている...

政治色の強い病院への転職について

夫の転勤に伴い、首都圏で転職先を探しています。首都圏では選択肢がたくさんあり、どこにしようか迷っていたのですが、その中で一つ気になった病院があったので、いろいろと調べてみました。すると、どうもその病院は某政党関連の病院らしいのです。...

新しい病院で、採血グッズまで自腹で購入しろと言われました

訳あってこれまで長く勤めていた病院を辞め、新しい職場で働き始めました。実習先へそのまま入職したため、今まで勤めていた病院の常識=看護師の常識だと思っていました。しかし新しい職場では今までと異なる点が多すぎて、正直に言ってついてい...

嘱託保健師について教えてください!

病床数が650床程の病院の看護師をしていますが、過酷すぎて看護師を辞めたいと日々思っています。保健師の資格は持っているので、最近保健師もいいなと考えています。求人を見ていたら、私の地域で県の嘱託職員として保健師の募集がありました。ご経験...

看護師なのに、ほぼ毎日パソコン仕事しかしていません…

看護師になって15年目。まさかの異動命令によって、それまで慣れ親しんだ脳外科から、退院調整ナースになりました。この異動によって一番驚いたこと。それはとにかく作成しなくてはいけない書類が多く、それだけで一日の大半が埋まってしま...

看護師が転職してお給料が上がる事は少ない?

私は38歳の看護師で、現在看護師歴13年目になります。途中4年程離職していた時期があり、年齢的にちょっと経験年数が短いとは思います。今は民間の総合病院で副主任として働いていますが、役職から逃れたい気持ちも強く、今40前に最後の転職活動を...

夜勤専従看護師への転職を考えていますが給料はどれくらいですか?

現在、個人病院の病棟で働いている看護師です。正社員で夜勤もしているのですが、夜勤手当が少なく、他の病院でパートの夜勤専従看護師として働いている友達の方が給料が良かったんです。正直正社員として働いているにも関わらず、割に合わないと考え、転職を...

転職先にいる「自称」誰に対しても気遣いができるおばさんナース

先月から新しい職場へ転職しました。ゆっくりまったりと働きたいと思い、療養型の病院へ転職したのですが、配属された病棟で、もう30年以上看護師として働いているのに、全く出世しない看護師がいます。なぜならその看護師は「自称」いい人。つ...

夜勤をしない正職員のシングルマザーが転職してきました

この間転職してきたシングルマザーの看護師について、相談させてください。彼女は1歳になったばかりの娘がいるらしいのですが、シングルで頼れる人もいないということで、一切の夜勤はしないという条件で入職したとのこと。でも、正社員採用で、...

同僚がバイトや派遣ばかりで、正社員の看護職がほとんどいない!

ナースバンクにて印象の良かった病院に転職し、もうすぐ3か月になります。転職してわかったのですが、この病院の看護師はほとんどパートまたは派遣で、正職員はほとんどいません。そのため、少ない正職員で夜勤を回さなくてはいけません。また、...

ページ上部へ移動する