特別支援学校教諭

 

特別支援学校教諭

 特別支援学校教諭とは、障がいを持つ子ども達を対象とする特別支援学校で教える教員のことです。以前は盲学校・聾学校・養護学校に区別されていましたが、2007年に制度が改正され、いずれの学校も特別支援学校に含まれています。

 

 特別支援学校教諭になるためには、大学や短大で教員養成課程を修了し、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教員免許状の他に、原則として特別支援学校の免許状が必要となります。その後、各自治体の採用試験を受験し、合格すると特別支援学校教諭として働くことができます。

 

 特別支援学校教諭の主な就職先は公立の特別支援学校であり、各都道府県で実施される教員採用試験を受験し、合格する必要があります。公務員であるため、離職率が低く定年まで勤務する職員が多いことが特徴です。特別支援学校教諭への転職はかなり狭き門になると言えるでしょう。

 

 正社員としての転職は難しいですが、育児休暇や介護休暇を取得する職員の補充として臨時採用されることがあります。特別支援学校教諭へ転職したい場合には、臨時職員として働くことも視野に入れ、各都道府県の職員採用情報をチェックしてみるとよいでしょう。

 

特別養護学校教諭の将来性

 特別養護学校に在籍する生徒数は、知的障害児の増加によって増えています。それに伴って特別支援学校の新設も増えており、特別養護学校教諭のニーズはさらに高まっています

 

(出典:文部科学省「特別支援教育行政の現状と課題」

 

 また、特別養護学校だけでなく、放課後等デイサービスや障がい者施設、ヘルパーなど福祉関係の仕事でも特別養護教諭資格保有者を優先して採用しているケースが増加しています。福祉分野でのニーズも今後高まっていくと考えられ、将来性のある資格であると言えるでしょう。

特別支援学校教諭に関連するみんなのQ&A

特別支援学校教諭のやりがいや大切なこと

教員をしておりましたが、諸事情により退職しました。女性です。現在仕事への復帰を考えておりますが、特別支援学校の教員を検討しております。(特別支援学校教諭の免許は持っていませんが、ゆくゆくは取得したいと思っています)この職における...

特別支援学校教諭の仕事について

特別支援学校教諭のうち、小学部の教諭はどんな仕事を行っているのか具体的に教えてください。また、やりがいを感じることはどんな時ですか?...

ページ上部へ移動する