映画宣伝

 

映画宣伝の転職事情

 映画宣伝とは、新作映画を広く世の中に宣伝し、観客動員を獲得するために働く仕事です。大手配給会社の映画宣伝部や広告会社、映画制作会社へ入社して映画宣伝の仕事に携わります。

 

 映画宣伝の仕事は、新聞や雑誌、テレビ局などのマスコミに映画を売り込む、ポスターやチラシで宣伝する、試写会のイベントを開催する、企業とタイアップして作品を宣伝するなど様々な方法で映画の宣伝を行います。作品を宣伝するための戦略を立てて売り込む営業力、映画関係者や企業に魅力を伝えるためのコミュニケーション能力を必要とする仕事です。外国映画を宣伝することもあるため、語学力を身に付けておくと就職や転職に有利になるでしょう。

 

 転職では、テレビ局や制作会社など映像制作の現場での就業経験者は有利です。特に資格を必要としない職業ですが、大学や専門学校で映像や専門的な技術を習得した人は就職転職の際に良いアピール材料となるでしょう。また、映画業界以外からの転職者でも広告関係の仕事の経験がある人は、映画宣伝の仕事内容についてある程度理解しており順応性も高いと判断されることから、転職成功の可能性も高くなるでしょう。

 

 一方で未経験者可という募集も少なくないため、異業種・異職種からの転職も可能です。未経験者の場合はアルバイトや契約社員として採用され、経験や実力次第で正社員雇用されるのが一般的となっています。

 

映画宣伝の将来性

 映画宣伝の仕事は、映画産業がなくならない限り必要とされる仕事です。今までは映画宣伝の多くはテレビや雑誌、新聞、街頭広告などのメディアを利用して行っていました。しかしこれからはPCやスマートフォン、SNSを使った宣伝に力を入れていく必要があるでしょう。

 

 映画の勧興収入を増やすためにも、効果的な宣伝は必須であるため、映画宣伝の活躍は期待されています。時代のニーズやトレンド、人々のライフスタイルに合わせた効果的な宣伝をしていくことが、映画宣伝の仕事の将来性に繋がるでしょう。

映画宣伝に関連するみんなのQ&A

映画の宣伝の仕事がしたい

映画が好きで、映画に関わる仕事に転職したいと思っています。今はメーカーで経理をしています、20代の女です。「君の名は」がヒットした時に、女性の宣伝の方がニュースなどで取り上げられているのを見て、憧れるようになりました。でも東宝とか、...

ページ上部へ移動する