テレビカメラマン

 

テレビカメラマンの転職は経験者優遇?

 テレビカメラマンには、スタジオで映像を撮影するスタジオカメラマンと、報道などでカメラを社外に持って行って撮影する取材カメラマンの2種類があります。テレビに流れる映像を撮影するという、テレビ番組制作になくてはならない技術職です。テレビ番組がなくならない限り必要とされる重要な仕事です。

 

 テレビカメラマンには、テレビ局や制作会社に就職するか、フリーランスとして独立して仕事をする働き方があります。テレビカメラマンは専門的な技術が必要であるため、転職する場合には経験者が優遇される傾向にあります。前職での経験を踏まえ、即戦力として活躍することを期待されます。テレビカメラマンの世界では、腕を磨くため、新しい活躍の場を求めるために転職することは珍しくなく、経験者の中途採用求人は一定数ありますので、転職サイトや求人情報をこまめにチェックするようにしましょう。

 

 未経験者の場合は、テレビカメラマンアシスタントから始めることになり、テレビカメラマンとして働くためには現場の技術スタッフとして技や経験を身に付け、一人前になるためには長い年月がかかります。異業種からの転職でテレビカメラマンになりたいと考えている人は、契約社員やアルバイトからスタートすることも覚悟のうえ、テレビカメラマンアシスタントの求人を探しましょう

 

 キー局などのテレビ局は中途採用でテレビカメラマン未経験者を募集することはほぼありません。未経験者はテレビ制作会社の求人をチェックし、未経験可の募集に応募するようにしましょう。

テレビカメラマンに関連するみんなのQ&A

テレビカメラマンになりたいのですが

テレビ番組のカメラマンになりたいです。できれば正社員がいいです。でもほとんど求人がありません。あっても映像制作経験者のみ、と記載があります。テレビカメラマンになるには専門学校などに行かないとダメですか?...

ページ上部へ移動する