スタイリスト

 

スタイリストの転職市場は良好傾向にあり

 スタイリストは、雑誌やテレビなどの撮影、写真撮影に必要な衣装や小道具類を調達し、企画意図に合わせて形や色彩の調和を図りスタイリングする仕事です。ファッション業界憧れの職業の1つとして人気があります。華やかなイメージの職業ですが、細かな打ち合わせや衣装集め、衣装の管理などの地味で体力のいる作業も担当します。広告プロダクションに勤務するほか、雑誌や広告会社、モデルプロダクションに所属して働くか、独立してフリーランスとして活動する人も多いです。

 

 スタイリストになるために特別な資格は必要ありません。しかし、経験や知識、ファッションセンスが必要な職業であることからアシスタントとしてスタートし、経験を積んでスタイリストデビューするケースが多く、スタイリストになるには平均2~3年の下積み期間が必要といわれます。

 

 スタイリストの仕事は芸能・ファッション業界がある限り需要はあり、転職市場も良好状態が続いています。特に、即戦力を求める企業ではスタイリスト経験者を優遇する傾向にあり、既にスタイリストとして活躍している人は有利に転職することができるでしょう。また、スタイリストアシスタントの仕事はファッションに関する知識や経験がない未経験者を積極的に採用しているため、ファッションに興味があり、スタイリストという職業に対しての熱意や実践的なスキルがあれば、スタイリストアシスタントとしての転職を成功させることができます。

 

スタイリストへの転職を有利にするためには

 特別な資格を必要としないスタイリストですが、少しでも転職を有利にしたいと考えている人は、服飾関係の専門学校に進むと、ファッションに関する知識やスキルを身に付けられ、転職活動時にアピールすることができます。企業によっては、専門学校卒業を採用条件にしているところもあるので、費用と時間があれば専門学校へ進学することをおすすめします。

 

 専門学校へ行く時間がない、異業種で働きながら転職活動をしたいと考えている人は、「色彩検定」「色彩技能パーソナルカラー検定」「カラーコーディネーター検定試験」「ファッションビジネス能力検定」「ファッション色彩能力検定」といった民間資格を取得するとよいでしょう。転職活動のアピール材料になるだけでなく、試験勉強で養われた色彩やファッションに関する知識は転職後にスタイリストとして働く際に役立ちます。

スタイリストに関連するみんなのQ&A

社会人からスタイリストになりたい、夜間の専門学校に行くべき?

企業に3年勤めています。昔からスタイリストになりたいと思っていたのですが、これからでも目指せるでしょうか?現在27歳です。服飾系の学校は出ていなくて、普通に短大を卒業しました。学生時代から何か洋服の仕事をしたいと思っていたのですが、...

スタイリストとしてCMや広告の仕事がしたい。事務所に入った方がいい?

師匠のスタイリストにアシスタントでついて2年、スタイリストとして仕事を任されるようになってから2年が経ちます。師匠の仕事は雑誌がメインなため、私も雑誌のスタイリングの仕事しかしたことがありません。もっと、CMや広告などのスタイリング...

ページ上部へ移動する