システムアナリスト

 

システムアナリストは転職に有利な職種

 システムアナリストとは、クライアントの現状システムを分解し、課題や要望をヒアリングして問題点を探り、解決策を提案していく仕事です。システムアナリストの仕事の範囲はIT用語で「最上流工程」と呼ばれ、コンサルタントや営業の側面を持ち、クライアントとやり取りをするコミュニケーション力、ITに関する深く幅広い知識、クライアントを説得するためのプレゼンテーション能力などが必要となり、高度な知識が求められる職業です。

 

(出典:人材バンクネット「システムアナリストとは?」

 

 ITシステム化のためには、システムアナリストは欠かせない業務です。今後ますますITのニーズは高まっていくことが予想されているためシステムアナリストは転職に有利な職種となるでしょう。

 

システムアナリスト転職は経験者のみ?

 システムアナリストはIT知識に加え、経営知識が必要となりクライアントの経営戦略を担う重要なポジションであることから、未経験者が務まる仕事ではありません。システムアナリストには経験者のみ転職することができます。

 

 システムアナリストになるために特別な資格は必要ありませんが、「アプリケーションエンジニア」や「テクニカルエンジニア」などの各種エンジニア資格、ITの基礎知識を幅広く学べる「情報処理技術者試験」、システムアナリストとしての知識を示すことができる難関資格の「ITストラテジスト試験」を取得しておくと、転職時のアピール材料になります。特に、ITストラテジスト試験は2009年にシステムアナリスト試験と上級アドミニストレーター試験が統合してできた試験です。システムアナリストとして活躍できるという事を客観的にアピールできる材料として最も有効な資格といえるでしょう。

 

 システムアナリストはシステムエンジニア(SE)10年分程度の経験が必要であるともいわれており、SE経験者やSEを経てプロジェクトマネージャーを経験しているなど、経験豊富な人材は有利な転職活動をおこなえるでしょう。

システムアナリストに関連するみんなのQ&A

システムアナリストって?

システムアナリストってどんな仕事ですか?上流工程ですか?SEの経験を積めば転職できますか?...

ページ上部へ移動する