人事の転職とキャリア形成

職業:人事

101views

imasia_9642562_M

 

自分の売りは何か

 人事の仕事は、「人に関わる業務全般」という概念があるものの、実際の業務範囲は、多くの企業で明確にされていないケースが多々あります。

 

 個々の企業によって捉え方は異なるため、前職では必要のなかったスキルや資格が、新たに入社した会社では必要になり、またその逆に今までの経験が、転職先では活かしきれなくなることもあります。それだけに、人事のプロとしてキャリア形成を考えるにあたっては、自分の「売り」を明確にしていくことと、これからの人事のあり方を自分なりに見通していくことが大切です。

 

  • 自分の「売り」の明確化や人事のあり方を見通していくことが大切。

 

企業規模とキャリア形成

 人事の役割を大きく分けると、「採用」「教育」「労務」「制度の構築」になり、若手から中堅、ベテランと経過していく中で、それぞれの分野を並行して経験していくことになります。大手企業と中小・ベンチャー企業では異なり、大手企業の場合は業務が細分化されるケースが多くあります。

 

 まず若手の場合は、採用のサポートや労務や給与計算の業務が一般的です。新卒採用の会社説明会などで、会社の顔として登場するなど、採用現場の業務を学んでいきます。次の段階としては採用の計画や、研修プログラムの作成、業務効率化のための新しいシステム導入など、より質の高い業務を担います。

 

 課長〜部長クラスになると企業の根幹となる人事制度の構築といった、組織作りの責任者として活躍が期待されます。中小・ベンチャー企業では、人事の管理責任者と言えども現場にも関与するプレイングマネージャーとして、企業の管理部門全体を担うこともあります。さらに、より経営に近い立場として役員や取締役のポストも目指していくことになります。

 

  • 「採用」「教育」「労務」「制度の構築」の役割を、若手から中堅、ベテランと経過していく中で、それぞれの分野を並行して経験していく。

 

社会の変化と人事の未来

 キャリア形成の中で、自分なりの理想の人事を見つけることが大切です。研修や教育の専門家、制度や法律のプロ、また独立しての人材コンサルタントという道もあります。

 

 いずれにしても、これまで以上に企業における人事の役割は重要です。また従来通りの人事では、社会の変化についていけない場合もあるかと思います。人口減少時代における人材の確保、多様化する価値観や働き方の変化、モチベーションを向上させるための評価制度など、大きく変化する時代において経営戦略を具体的に形にしていくため、人事はとても重要で、また新しい領域に広がっていきます。

 

 従来の常識にとらわれず、これから先を見据えた「新しい時代の人事」を目指して、キャリアを形成していくことが求められます。

 

  • 先を見据えた「新しい時代の人事」を目指したキャリア形成が求められている。

 

本記事は2016/03/03の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する