アジャスターの年収相場

職業:アジャスター

4370views

imasia_12789827_M

 

損保会社系と民間の損害調査会社での年収や福利厚生は大きく異なる

 アジャスターの年収や福利厚生などは損害保険会社・損保子会社と民間の損害調査会社との間で大きく異なります。損保・損保子会社の損害調査会社では、企業に属し会社員として給与を得る、いわゆるサラリーマンであることに対して、民間の損害調査会社の採用の多くは業務委託契約による完全出来高制による収入であるケースが多いためです。

 

損害保険会社・損保子会社の年収相場

 損害保険会社に直接雇用される場合と子会社の損害調査会社に雇用される場合では、年収面でそう大きな開きはありません。

 

 相場の目安としては、20~30代が年収300万円台~600万円台、3~40代が年収500万円台~1000万円台、40代以上だと年収800万円台からと言われています。金融業ということもあり、年収面は他の業界より比較的高いのが特徴であり、賞与も以前と比べて低下傾向にあるとはいえ、概ね年間で3か月以上の支給が一般的です。

 

 福利厚生に関しては、有給休暇のほか、特別有給休暇や介護休業などの制度があったり、退職金に加えて財形制度が設けられていたりと充実しています。

 

  • 損害保険会社や損保子会社の年収は他の業界より比較的高いのが特徴。

 

民間の損害調査会社の年収相場

 民間の損害調査会社は業務委託契約による完全出来高制が多く、必ずしも年収相場と年齢とが一致しません。全体の平均年収は約300万円程度ですが、個人の力量や経験、そして引き受けられる業務の幅で年収が決まってくるので、30代で年収1000万円以上の人もいれば、50代で200万円台の人もいます。

 

 完全出来高制の報酬は、平均で1件につき10,000円~40,000円ほどの幅があります。大手の損害調査会社の年収相場は、入社1年未満~3年が200万円台~300万円台、入社3年~5年が300万円台~500万円台、入社5年以上になると400万円台からと言われています。

 

 福利厚生に関しては、慶弔休暇のみというところも多く、業務委託契約のため、社会保険等の加入もできないため、ほぼ無いと言っても過言ではありません。一方、勤務時間・スケジュールは原則自由である場合が多く、組織に属さず働きたい方や、極力働き方を自分で決めたい方・個人のスキルのみで稼いでいきたい方などには向いているといえます。

 

  • 業務委託契約での完全出来高制が多いため、必ずしも年収相場と年齢とが一致しない。

 

本記事は2016/02/22の情報で、内容はアジャスターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アジャスターに関連する基礎知識

アジャスターTOP

  1. アジャスターの求人事情

アジャスターの転職の基礎

  1. アジャスターの仕事内容
  2. アジャスターの年収相場
  3. アジャスターの採用先の分類
  4. アジャスターで求められるスキル・能力・知識
  5. アジャスターの魅力とやりがい

採用先別のアジャスターの求人

  1. 損保系調査会社
  2. 独立系調査会社

条件別のアジャスターの求人

  1. 正社員
  2. 未経験可

年齢別のアジャスターの転職例

  1. 20代
  2. 30代

アジャスターに関するコラム

  1. アジャスターになるには
  2. 技術アジャスター資格
  3. 一日の流れ
  4. ここが辛い
  5. 辞めたい時
ページ上部へ移動する