海外就業できる経理の求人

職業:経理

117views

imasia_1864849_M_R

 

海外の現地採用で経理の仕事を見つけるには

 「海外勤務」というと日本企業の海外駐在員という感じがしますが、「海外就業」というと現地法人を含めた外国企業で働くイメージがあります。海外留学なども一般化してきており、そのまま海外で働く、現地採用される、現地の企業または世界的なグローバル企業で働く人材もどんどん増えてきています。

 

 特に経理・会計の仕事は国際会計基準の導入もあり、会計のコンセプトが全世界同じ基準、そして仕事の進め方もあまり変わらないので、外国語やコミュニケーション力が弱いとされる日本人でも活躍の余地はあります。

 

 将来のキャリアを考えて、自らMBAを取得するために海外留学したり、また世界で通用するCPA資格などを取得するケースも増加中です。海外就業のハードルは、より乗り越えやすくなっているのは確かでしょう。

 

  • 留学や世界で通用する資格を取得するなどすれば、現地法人など海外で就業できるチャンスもある。経理・会計の仕事は国際的にも基準が統一されており、ある程度のコミュニケーション能力があれば活躍できる余地はある。

 

海外で働くには就業ビザが最大のハードルに

 ただし、海外で合法的に働くビザを日本企業がスポンサーしてくれる駐在員とは違って、現地採用の殆どは合法的に働けるかどうかが最初のハードルとなります。どんなに能力や才能・資格があっても、現地企業がわざわざ手間とお金をかけて就業ビザをスポンサーするのは、並大抵のことではありません。

 

 日本語の分かる人材を必要とする企業でもそれは同様です。極端な話、経理業務が未経験でもその国で合法的に働ける人のほうが、ビザの無い経理業務のプロフェッショナルよりも優遇されるケースが多いです。

 

 そんな状況でも、現地企業にビザをスポンサーさせる能力がある強者もいますし、多少運やタイミングなども関係しますが、まず海外で働くには、ビザ問題が避けては通れない事を覚えておきましょう。また移民が多い国なら、他の国からきたライバルとも戦う必要があります。それだけの精神力や強さがなければ、とてもではないですが海外で生き残ることはできないでしょう。

 

  • 能力や才能よりも就業ビザが発給されるかが一番重要。これには、運やタイミングも関係するが、他の国のライバルともたたかう精神力や強さも試される。

 

経理スキル以外に必要になってくるもの

 海外では、大学で得た学位に関連した仕事に就くことが一般的です。なので、日本企業のように新入社員として丁寧に研修を受けさせたり、様々な部署を経験させることはまずありません。自己責任でどんどんと専門性を高め、スキルアップをしていく必要があります。その上、仕事では即戦力を求められますから、海外では学生時代からインターンなどをして職場環境に慣れ、社会人マナーを学んでいく人が殆どです。

 

 経理・会計などの専門性以外にも、その国の宗教や文化をよく知り、ビジネスの進め方、それからもちろん英語や現地で使われている言葉が流暢であれば、海外で働ける可能性は高まります。その上、日本人の真面目さ、堅実さが経理という仕事にマッチしていますので、抜擢されマネージャーレベルに昇進したり、高給なポジションに就ける可能性もあります。これからは日本だけではなく、世界レベルで仕事を探せる時代かもしれません。

 

 もちろん就業ビザの問題もありますが、現地の日本企業を含め、粘り強く交渉すれば、現地採用の道も開けるに違いありません。自分の能力を最大限に活かして、謙虚さよりも押しの強さを発揮し、積極的に自分を売り込んでいけば、チャンスを自分の手で掴め、世界的に活躍できることも夢ではないでしょう。

 

  • 海外で働くには、経理スキル・就業ビザはもちろんのこと、国内とは異なる文化や宗教など、その国のビジネスの進め方について学ぶ必要がある。

本記事は2016/02/09の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する