英語力(TOEIC)を活かせる経理の求人

職業:経理

146views

imasia_6515406_M

 

経理の仕事のプラスα「英語力」

 企業のグローバル化が顕著になり、国際的に統一された会計基準つまり「IFRS(国際会計基準)」の導入に伴って、日本企業の会計業務には大きな変化の波が到来しています。この変化は、日本企業にとって良い側面もあって、海外進出や海外での資金調達をスムーズにし、最近話題となっているM&Aなどのチャンスを広げることにもなります。

 

 これに伴い経理の仕事でも、英語力、そして国際会計基準や米国会計基準を遵守した財務諸表作成、または海外出張や駐在、本支店とのコミュニケーションなど(単体、連結決算の必要性から)、英語が使える経理の人材は、ますます重要となってきています。

 

 そして、「読み書き中心の英語」から「コミュニケーションで使える英語」、特に海外支店との電話やTV、ネット会議でのやりとりなどが一般化している現在では、英語はすでに必須の能力といえるでしょう。

 

  • 「国際会計基準の導入」や「企業のグローバル化」もあいまって、大企業においては経理部門でも英語力がますます重要になってきている。

 

メールでのやり取りや英文会計知識

 日本での英語能力の目安というと、TOEICがその評価の中心になりがちですが、実際の仕事で使う英語能力はこのテストで計れるものではなく、やはり海外などで活躍している駐在員さんなどは、最低限の英語力と度胸でなんとか日々の業務をこなしていることが多いものです。仕事で使う英語力はTOEICなどのテストとはまた違い、多少これらのテストの勉強において、語彙力や単語力がつく程度と考えておいたほうがいいでしょう。

 

 ただし、TOEICの点数が海外赴任や昇進の条件になっている企業もあるので、ある程度スコアを稼ぐ能力は必要かもしれません。日本にある外資系企業では、メールでのやりとりや業務上の英文会計、また経理勘定の英語表記などに既に慣れていれば、そう会話力等は問われない場合も多いです。

 

  • 日本においてはTOEICが英語力を計るものさしとなっているが、実際の現場では点数は重要ではない。ただし、点数が海外赴任の条件になっている場合も多いので、点数を稼ぐ勉強も必要。

 

本当に仕事で必要な英語力

 海外進出を考えている日本企業や日本にある外資系企業など、すでに英語でのコミュニケーションが重要事項になっている企業は多いことでしょう。そして、聞く・話すの会話中心への英語のシフトが進んできています。営業やPR、広報など対外的な業務に比べて、経理などは内部管理系の仕事なのでその会社で必要とされる英語レベル、その業務遂行上差し障りの無い英語力を持っていれば、問題ないです。

 

 ただし、経理職は他の職種に比べて、海外でも活躍できる可能性の高い仕事で、当然英語が流暢であれば、海外での仕事のチャンスもありよりよい転職やキャリアアップができることは言うまでもありません。国際的に活躍するなら、経理業務は一つの大きな可能性を秘めています。

 

 いまでも十分英語を使って仕事をしている人でも、やはり英語ネイティブの人ではない限り、日本人にとってはいつまでも英語は外国語に過ぎません。そのうえ、他のアジア諸国(例えばインドやシンガポール)では、彼らの母国語とともに、公用語として英語が採用されており、スタート時点で英語の能力に大きな差があります。ある程度の英語力を既に身につけていたとしても、常に学ぼうという姿勢を忘れないようにしましょう。

 

 ビジネス上、正しいビジネス英語を知らないと日本はグローバルな流れに乗り遅れる恐れもあります。まずは一般レベルで英語を普通に話せる人材を育てることが、急務といえるかもしれません。これは経理という仕事だけの話だけではなく、これからの日本の経済を支える大事な問題なのです。

 

  • グローバル化が進んだ昨今において、英語力が求められる会社は増えている。経理職は他の職種に比べて必要とされる英語力は高くないが、逆に流暢に会話ができる場合は海外での仕事も視野に入る。

本記事は2016/02/04の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する