高収入の経理の求人

職業:経理

150views

imasia_12789827_M

 

経理の仕事は高収入?

 経理の仕事といってもピンからキリまでありますから、もちろん事務職レベルの仕事と、大企業のコントローラ、経理部長などの収入を比べるのはナンセンスです。ただし、経理の仕事はその性格上、どんな企業でも必要不可欠なポジションでもあるし、大事なお金の流れを知ったり、経営の善し悪しをはかるバロメータでもあることから、仕事自体はなくなることはないです。

 

 一般の事務員レベルなら、年齢や就業形態を問わないなら、仕事はいくらでも見つかるでしょう。ただし、給与レベルは、一般事務職よりすこし良い程度でしょう。

 

 もし経理職、会計業務である程度の収入を得ようとするのなら、実務経験だけではなく、学歴・資格などとともに、実積を積み上げ、ポジションによってはマネージメント経験などが必要となります。経理・会計を専門にしている人は、決して年収レベルは他の業種に比べて低くはないものの、劇的に年収アップすることが難しく、また大抜擢されて昇進するということも少ない職種です。

 

 ある程度企業のなかで厳選された人材が、マネージャーレベルまで昇進しますし、そのような人材は転職市場でも高く評価されますが、当然皆がすべて昇進できる訳ではありませんので、地味な仕事にもかかわらず意外に競争は熾烈です。同じ職場で長く働くことが評価に繋がりやすい職種でも、逆をいえば同じことの繰り返し、マンネリに陥りやすい仕事ともいえます。

 

  • 経理で昇進してある程度の収入を得るには、実務経験はもちろんのこと資格、学歴、実績、マネジメント経験などが必要。しかし、ライバルとの争いも熾烈なので、運の部分もでてくる。

 

高収入の経理の仕事を見つけるには

 すでに管理職経験のある経理・会計の人材なら、転職サイトなどでもその職歴が評価され、年収アップ・高収入案件にも応募できるかもしれません。一般的に、日系企業よりも外資系の企業のほうが年収も高い傾向がありますが、その分、外資系は首を切られやすいなどのデメリットもあります。

 

 中堅の経理スタッフでも転職案件は多数ありますが、自分のキャリアパスや転職計画によって、税理士や公認会計士、またはCPA、MBAの資格を取得し、いま現在の職場で昇進したり、またはより多くのチャンスを求めて転職市場に打って出る人もいます。業種も、監査法人やコンサルティング関係など、より高収入が狙えるところにフォーカスすれば満足のいく転職ができるのではないでしょうか。

 

 一般会計スタッフですと、経理の仕事のなかでもより専門色の強い業務の経験があると、転職もスムーズで高収入の転職へも繋がりやすいです。今は、正社員だけではなく、契約・派遣・パート・アルバイト・在宅などでも経理の仕事ができますから、一生の仕事として考えることもできますね。

 

 いずれも、経理専門の転職サイトや、資格の学校などが仲介しているより専門性の高い人材を扱っているサイトなどに登録しておくと、より検討する案件が増えますし、色々な将来の可能性を見つけることができるでしょう。

 

  • 管理職経験のあるベテラン、中堅スタッフ、一般スタッフ、それぞれ高収入の転職の狙い目は異なる。転職サイトを利用しての転職活動もおすすめ。

 

将来のことを考えて、体系立った転職を!

 今は日本でも、好条件の仕事を求めて転職することが当たり前になってきました。しかし、条件が良い高収入の案件だからといって、まったく脈略のない転職はしない方がいいでしょう。

 

 「ジョブホッパー」と呼ばれる転職回数があまりにも多い場合や、まったく関係のない業種や職務内容で転職を続けると、レジュメなどもまとまりがなく散漫な印象を受けますし、キャリアゴールややりたいこと、専門性がはっきりしないということで、職務経歴書を見ただけではじかれる可能性が高くなります。もちろん、転職時の面接でいままでの職歴を説明する際には困った事になります。

 

 それぞれの転職に意味があり、きちんと自分の計画に基づいたキャリアを築いているかというのが、経理職を得る上で大事なものです。経理の人材というと性格的にも安定や堅実さを求められることは必須ですので、その仕事のイメージにも合いません。グローバル企業ならまだしも、日本の中小企業などは、とくに転職回数には厳しい企業が多いので、高収入だからといって理由もなく転職していくのは、将来の可能性を減らしていくことにも繋がりますので注意してください。

 

  • ただ条件が良いからといって転職を繰り返すのは良くない。自分の人材価値を上げていくためにも、整合性・意味のある転職理由を持ちましょう。

本記事は2016/02/04の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する