キャリアアップできる経理の求人

職業:経理

148views

imasia_12354081_M

 

キャリアパスが描きやすい経理のお仕事

 経理の仕事は、基本的な仕訳入力から、財務諸表の作成、そしてそこから発展して、経営戦略や企業評価やコンサルティングに至るまで、段階的に学んでいける仕事です。そのため、実地での仕事に慣れていくうちに、どんどん経理の奥深さが理解できるようになります。

 

 最初は仕訳って何?のレベルから始めた初心者でも、業務をこなしていくと、企業における簿記会計の本当の大切さが分かってきます。毎日の取引を記帳していくうちに、仕事の流れ、お金の流れなども分かるようになります。次第にこなせる仕事も多くなっていき、事務仕事の一環として行っていた経理、会計業務から、最終的には会社全体を見渡せるようになってきます。

 

 経理ポジションのキャリアアップは、簿記や会計の資格や学位を持っていると、たしかに有利ではありますが、実際に仕事として行う経理、会計業務は、やはり知識だけではこなしきれないところがあります。実務ならではの難しさというのもあるからです。ただその分、やりがいがあるとも言えます。

 

 そのため、経理、会計の仕事は、どんなに高学歴でも、簿記や会計の資格、または公認会計士や税理士の資格を持っていたとしても、まずは実地経験、職務経歴が最優先されるのは当然のことといえるでしょう。コツコツ仕事経験を積んでいくことで、あなたの転職市場での評価がどんどんアップしていきます。勤務年数や、過去の仕事内容が確実に評価されますし、仕事内容も具体的ですので、キャリアパスを描きやすい、または順当に進んでキャリアアップしやすい業種といえましょう。

 

  • 様々な仕事内容があり、キャリアプランを描きやすい。資格は有利に働くが、それ以上に実地での経験が重要視される傾向にあり。

 

最終的なキャリアゴールを考えておくことも大切

 経理・会計の知識があると、どんな業種でも、またどんな部署に所属していても大きな力となります。例えば営業でも、戦略を練るときに一番参考にすべきは数字ですし、どれだけのお金を動かして、どれだけ効率よく人材を配置したり、また業務成績を上げることができるのか、またマネージメント、スタッフを統括する立場になれば、当然会社全体や担当部署のお金の流れ、バジェットプランなどは把握していなければなりません。昨今の企業では、経理・会計の知識はどんな部署でも必要なのです。

 

 その点、経理・会計の基礎があれば、どんな業種・部署でも活躍できるといえますし、数字が分かるということは、他の同僚またはライバルに比べてすでに一歩抜きん出ているといっていいでしょう。営業として仕事をしていても、経費の精算や、様々な場面で経理にお世話になることは多い筈です。営業部長になるのでも、経理が分かる人なら経営側としては安心です。

 

 これは一つの例に過ぎませんが、経理をベースとして、様々な分野での活躍、発展性があることは間違いありません。早めに自分のキャリアゴールを考えておくと、目的へ確実に近づいていくことができます。もちろん経理専門、一本で頑張ることもできますが、いまは経理をベースとして、様々な部署で活躍している人材も多くなっています。

 

  • 様々な職種・部署において役に立つ経理の知識。経理の道一本でいくことも含め、最終的には自分がどの部署で働きたいかを考えるのも大切。

 

経理のキャリアアップにはなにが必要か?

 ブックキーパー(仕訳入力)から、一般経理スタッフへ。それからシニアアカウンタント(中堅経理スタッフ)になり、マネージャー、コントローラー(部長、管理職レベル)など、どんどん段階を踏んで昇進することができる経理職ですが、やはりマネージャーレベルになるには、それなりの学歴や実積、最近では、公認会計士やCPA、MBA、マネージメント経験や英語力などが求められるケースが多いようです。

 

 実務経験が最大限に評価されることの多い経理ですが、マネージメントレベルに昇進したい場合は、それ相応の資格や実積を持っておくことも大切なようです。一般経理スタッフでも、簿記や税理士の資格を持っていると、転職や昇進の際の強みになるでしょう。日々の業務をこなしつつ、スキルアップも怠らないのが、キャリアアップのコツであり、自分を高く評価してもらうために大事なことです。

 

  • 実際の実務経験がキャリアアップには必要だが、学歴や資格、マネージメント経験・英語力などが求められることも。

本記事は2016/02/04の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する