公認会計士の年収相場

職業:公認会計士

1468views

imasia_13660654_M_R

 

監査法人(Big4)の場合

 四大監査法人(Big4)に在籍する公認会計士は、新人でも年収が600万円前後になります。

 

 在籍4年目辺りでシニアに昇進すると、年収は平均すると800万円前後になります。また、大規模なクライアントを担当したり、大きなプロジェクトに関わったりすると、周りよりも残業時間が多くなるためシニアでも1,000万円を超える場合もあります。

 

 マネジャーに昇進すると残業代が出なくなるため、シニアよりも年収は下がると言われていますが、ボーナスの比重が高くなるため800万円から1,000万円くらいになります。そしてシニアマネージャーまで承認すると、年収は1,000万円を超えていきます。

 

 パートナーになると、1,300万円前後でスタートし、その後の営業活動成績や監査法人自体の業績に応じた利益配分などで2,000万円を超える人も多くいます。またBig4は、公認会計士業界の大企業に当たりますので、一定の福利厚生や有給休暇の制度も整っています。

 

 なお、Big4間では年収の差はほぼありません。

 

  • 監査法人(Big4)は、業界最高水準の年収。

 

中小の監査法人や会計事務所の場合

 Big4以外の監査法人や会計事務所の年収は、Big4に比べて200万円くらい少なくなります。

 

 Big4でシニアとして在籍していた人が転職した場合でも、年収は600万円前後になります。これは、クライアントの規模がBig4に比べて小さく、事務所として得られる報酬も少ないためです。ですが、給料が少ない分、仕事のやりがいや新しい仕事が報酬であるという雰囲気もあります。

 

 また、残業代込の年俸という形で提示され、残業代が付かない場合もありますので、転職する際には給与の決定方法について確認が必要です。

 

 なお、会計事務所では、所長の裁量によって各従業員の給料やボーナスが決まる場合が多いので、所長との交渉次第では、Big4並みの年収を得られる可能性はあります。

 

  • 中小の監査法人や会計事務所は、年収よりもやりがい重視。

 

監査法人・会計事務所以外の場合

 監査法人や会計事務所以外では、所属した業界や会社の規模によってその年収は左右されます。

 

 一般事業会社の経理では、役職が付くかどうかで違いはありますが、役職なしで400万円から600万円、役職ありで600万円から800万円くらいになります。ですが、業界として伸びているIT系やM&Aに積極的な大企業にプロフェッショナルとして採用されている場合には、年収800万円前後を得られる場合があります。

 

 証券会社や投資ファンドでは、Big4の給与水準が情報として入っていますので、経験豊富な公認会計士を採用するために、Big4と同水準の給料を保証して採用することが多いです。コンサルティングファームも、プロフェッショナル業界という意味では監査法人と同じであり、Big4並みの大規模なファームであればシニアクラスで600万円から800万円にボーナスという場合が多いです。

 

  • 所属する業界や会社に左右されるが、Big4並みの年収も可能。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する