公認会計士の魅力とやりがい

職業:公認会計士

481views

imasia_12742223_M_R

 

会社の全体を見られる立場

 公認会計士は、会計のプロフェッショナルですが、そのキャリアは、監査業務からスタートします。

 

 監査業務は、クライアントの決算書をチェックし、適正に作成されていることにお墨付きを与える仕事です。決算書が適正であるかを判断するためには、会社のビジネスを理解することや内部の情報を確認することが必要であり、会社の全体を把握することが求められます。

 

 中には、会社の中で役員クラスの人しか知らないような情報にも触れる機会があります。さらに、最初に就職する監査法人では、新人の時から担当するクライアントは一社ではなく、複数社を同時に担当することになりますので、様々な業種・規模の会社のことを見るという経験を積むことができます。

 

 その結果、公認会計士は、会計のプロフェッショナルであると同時に、会社のプロフェッショナルとしての知識・経験を身に付けることができます。他の職業では中々得られない知識や経験を、新人の時から得ることができるという点は、公認会計士の大きな魅力であると言えます。

 

  • 会社のプロフェッショナルとしての経験を身に付けることができる。

 

クライアントからの感謝

 最初に経験する監査業務は、クライアントの決算書をチェックすることが中心になりますので、直接に利益をもたらすというものではありません。しかし、監査の過程で会社のビジネスや管理体制のことを知ることになり、その中でクライアントに管理体制の改善点などをアドバイスすることができる場合があります。それにより経営がよくなる場合もあり、その際には感謝されます。

 

 また、会社が大きく成長するために会計の知識が必要となります。IPO(株式公開)やM&Aを行うためには、会計の高度な知識や経験が必要となりますので、公認会計士の力が必要となります。その中で、クライアントに自分の知識や経験を提供し、結果的にそのIPOやM&Aが成功した際には、クライアントからの感謝は相当なものになります。

 

 どんな職業も同じですが、人から感謝される仕事というものは魅力的であり、やりがいをもってできる仕事になります。

 

  • 知識や経験を提供することで、クライアントから感謝されやりがいにつながる。

 

プロフェッショナルとして個人が認められる

 サラリーマンとして仕事をしている場合、お客様との取引などが上手くいった場合でも、それは自分が認められたというよりは、自分の会社が認められたからという場合が多いです。そのような状況では、中々仕事へのやりがいは感じ難いと考えられます。

 

 公認会計士も監査法人などに就職して働くサラリーマンなので、同じような状況です。しかし、公認会計士の仕事は、目に見える商品があるわけではありませんので、個々人の知識や経験そのものが商品となります。そのため、クライアントの満足度は、対応した公認会計士個人によって左右されますので、組織としての監査法人に感謝するよりも、公認会計士個人の仕事ぶりに感謝するという場合が多いです。

 

 その場合、その公認会計士は、クライアントからプロフェッショナルとして認められたということです。このように個人が認められるという場合は、他の職業よりも公認会計士の方が多く起こり得ます。

 

  • 商品は知識や経験なので、個人が認められるという場合が多い。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する