中小の監査法人・会計事務所の公認会計士の求人

職業:公認会計士

263views

imasia_7708229_M_R

 

人数確保のための求人

 中小の監査法人や会計事務所では、経験豊富な公認会計士だけでなく、試験合格後にBig4に就職できなかった人や、若手の公認会計士についても積極的に採用しています。

 

 これは、公認会計士の多くが試験合格後にBig4からキャリアをスタートさせるため、中小の監査法人や会計事務所では一定人数の新人を確保することが難しいからです。そのため、多くの案件を抱えているところは、人材を確保するために、経験が足りない若手の公認会計士でも通年で採用をしています。

 

 ただ、Big4ほど案件自体は大きくないので、採用人数は、Big4の定期採用に比べると少ないです。

 

  • Big4の定期採用で新人採用できない分、通年で若手を積極的に採用。

 

未経験可の求人

 中小の監査法人や会計事務所でも、経験が豊富で優秀な公認会計士を採用したいと考えています。

 

 しかし、Big4ほどの給料など払えないので、どうしても経験豊富なベテランの公認会計士を採用することができません。そこで、中小の監査法人や会計事務所では、経験ではなくやる気を重視した求人を行う場合があります。 公認会計士として最低限の会計知識や監査経験があれば、その後の経験は、OJT(On the Job Training)で身に付けてもらえばいいという考えです。

 

 例えば、M&A関係の仕事を中心にやっている会計事務所の求人でも、「M&Aの経験はなくても可」という求人もあります。この場合、求められるスキルや能力は、やる気と体力です。公認会計士という時点で、一定の知識と経験はあると考えられていますので、後は採用後に任せた仕事をこなしてくれるだけのやる気と体力があるかが見られます。

 

 そのような未経験可の求人は、比較的景気がよく、仕事の案件が多いときに増えます。案件が多ければ、経験が足りない人でもいいから人手が欲しいという場合が多いからです。

 

  • 未経験可の求人は、比較的景気がよく仕事の案件が多いときに増える傾向。

 

ブラックな求人

 中小の監査法人や会計事務所への転職を考える場合、注意しないといけないのがブラックな求人です。公認会計士の業界も長時間労働でありながら残業代も出ないといったブラックな職場があります。

 

 Big4のような大手では、監督官庁である金融庁や公認会計士協会から常に監視されていますので、非合法な職場にはなり難いです。しかし、中小の監査法人や会計事務所では、所長が絶対的な権力を持っている場合も少なくありませんので、ブラックな職場になってしまうことがあります。

 

 そのような求人の特徴としては、常に複数人の求人募集を出しているということにあります。大型の新規案件を獲得した場合などを除き、中小の監査法人や会計事務所の求人は、辞めた人の補充目的がほとんどなので、募集人数は1~2人くらいです。しかし、ブラックな職場では、常に人が辞め、慢性的な人不足になっていますので、常に5~6人や10人以上を募集している場合もあります。

 

 もし、転職を考えている先の募集人数が多かった場合は、その理由を確認しておいた方がいい傾向にあります。ただ、新規分野への進出などの正当な理由もありますので、募集人数が多いところは全てブラックというわけではありません。

 

  • 募集人数が多いところは、沢山の人がすぐ辞めてしまう職場の可能性あり。

 

本記事は2016/02/04の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する