一般事業会社の公認会計士の求人

職業:公認会計士

194views

imasia_9729115_M

 

経理部門の求人

 一般事業会社に転職する場合、多くの公認会計士が選択するのは経理部門になります。公認会計士が最初に経験する仕事が、企業の決算書をチェックする監査業務であり、経理部門はその決算書を作成することが仕事になります。

 

 そのため、チェックする側からチェックされる側に移るだけですので、これまでの知識や経験が活かしやすい転職となります。また企業側も、年々複雑になっている会計基準への対応などで会計のプロフェッショナルを社内に置きたいという需要は増えています。

 

 ただ、経理部門は、一般事業会社にとってはコストセンター(利益を生まない部門)ですので、発生する費用は最低限に抑えたいということが会社側にあります。そのため、一社あたりが採用する人数も多くありません。

 

  • チェックする側からチェックされる側への求人となり、需要は増えているが会社ごとの求人数は多くない。

 

内部監査部門の求人

 一般事業会社への転職を考えている公認会計士の中で、密かに人気が高まっているのが内部監査部門への転職です。

 

 人気が高まっている理由として、まず仕事内容が監査法人の監査業務と類似したものであるため、これまでの知識や経験を活かすことがでるという点があります。ただ、それ以上に人気の理由は、出張が多い部署であるということになります。

 

 公認会計士が多く選択する経理部門は、基本的に同じ場所で作業することが中心であり、出張は多くありません。一方、内部監査部門は、監査対象となる部署や子会社に直接往査するので、地方や海外にも子会社があれば、それだけ出張も増えます。公認会計士の監査もクライアントに往査するので、多くの公認会計士が、一つの場所でずっと仕事することに慣れていません。そのため、外出や出張が多い内部監査部門は人気があります。

 

 またコンプライアンスに対する世間の目は、年々厳しくなってきていますので、内部監査部門を強化することを検討している会社は増えています。その中で、監査経験がある公認会計士を採用することは、内部監査部門の強化に直接つながりますので、公認会計士の需要は高いです。

 

  • 出張の多い内部監査部門への転職は人気となり、内部監査部門の強化につながる公認会計士の需要は高い。

 

スペシャリストとしての求人

 一般事業会社への転職を考えている公認会計士の多くは、その待遇面で悩む人も多いです。

 

 公認会計士の多くは、試験合格後にBig4と呼ばれる四大監査法人に就職します。Big4の待遇は、業界最高水準であるだけでなく、世間一般と比較しても高水準になります。そのため、一般事業会社へ転職すると、多くの場合で給料などは下がってしまいます。

 

 その中で、給料が同じや上がる可能性がある一般事業会社への転職としては、スペシャリストとして採用される道があります。これは、主にM&Aや新規事業への進出に積極的な大企業やIT系の会社などが、新規プロジェクトに対応してくれる経験豊富な公認会計士などの専門家を採用するというものです。

 

 専門家の一般的な給与水準と変わらないだけの待遇面を用意しないと、優秀な人は採用できないという考え方がある会社は、監査法人の水準をベースにした求人を行っています。特にM&Aや海外進出などの案件について、リスクも高く専門家に対応してもらいたいと考えることが多いので、その面で経験が豊富な公認会計士の需要は高いです。

 

  • M&Aや海外進出で経験豊富な公認会計士の需要は高い。

 

本記事は2016/02/08の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する