公認会計士の求人事情

職業:公認会計士

280views

imasia_16314217_M_R

 

経験豊富な公認会計士の求人

 公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして一定の地位を確立しています。そのため、公認会計士が持っている高度な知識や豊富な経験は、どの分野でも一定のニーズがあります。

 

 求人も公認会計士が集まる監査法人や会計事務所だけでなく、一般事業会社やコンサルティング会社など、様々な分野の企業、組織が出しています。特に、毎年のように会計基準が改正されたり、日本の上場企業の中でIFRS(国際会計基準)の導入が本格化したりしているので、会計のプロフェッショナルの需要は高まっています。

 

 ただ求人はありますが、各企業、各組織で採用する人数は決して多くありません。社内に会計のプロフェッショナルを採用したいというニーズはあるものの、経験豊富な公認会計士は1人いれば十分という考えがあるからです。

 

 また、公認会計士の採用を考える場合には、企業側で、会計の高度な知識や豊富な経験を必要に迫られていることが多いです。そのため、採用した公認会計士には、即戦力として働いてもらいたいと考えている場合が多いので、どうしても採用されるのは経験豊富な公認会計士になってしまいます。

 

  • 会計のプロフェッショナルである公認会計士の需要は高いが、経験豊富な人に限る。

 

若手の公認会計士の求人

  経験豊富な公認会計士向けの求人は多いですが、経験があまりない若手の公認会計士向けの求人も少なくはありません。

 

 若手の公認会計士を複数人採用しようとする求人もあります。こちらは、会計のプロフェショナルを採用したいというものではなく、その会社自体が会計のアドバイザリー業務などを行っているので、その業務に対応してくれる人員を確保したいという求人になります。

 

 コンサルティング会社や中小の監査法人、会計事務所がそのような求人を多く出しています。そのため、豊富な経験よりも、やる気や体力を重視した採用が行われます。またそのような求人を出しているところは、Big4と呼ばれる四大監査法人のような高い給料を支払うことができないので、仕事のやりがいなどをアピールした求人になっていることが特徴です。

 

  • 経験が少なくても、やる気や体力を重視した求人も多い。

 

公認会計士同士の競争

 公認会計士の求人の特徴として、公認会計士同士の競争が求められるということがあります。公認会計士の多くが、試験に合格後、Big4に就職し監査業務からキャリアをスタートさせます。そのため、その経歴は似通ったものになっている場合が多いです。

 

 また、Big4も業績悪化に伴ってリストラを行っているので、転職市場には公認会計士が数多くいます。その中で、公認会計士の求人を多くの公認会計士同士で争うことになりますので、転職を目指す公認会計士はまず他の公認会計士とは違う自分の強みをアピールしないといけません。

 

 いわゆる差別化をしていかないと、いくら求人があっても他の公認会計士が採用されるばかりで、なかなか自分の転職先は決まらないという状況になることも少なくないのです。公認会計士として転職を考える場合には、その差別化を考える必要があります。

 

  • 公認会計士同士で競争しないといけないので、差別化が重要になる。

 

本記事は2016/02/02の情報で、内容は公認会計士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する