経理の年収相場

職業:経理

4485views

imasia_6594570_M

 

気になる経理の仕事の年収は?

 経理の仕事と言っても、中小企業で経理担当が一人・二人しかいない場合もあるし、大企業で、数十人~数百人のうちの一人として仕事をしている場合もあります。もし派遣や契約社員として一般の経理業務と言われている、会計ソフトへの入力や、入金、出金の管理、売掛金、買掛金業務など、日々の簡単な業務をしている経理事務の業務なら、だいたい年収レベルとしては、300万くらいとなります。もちろん、業種にもよりますし、都市と地方では、多少の給料格差があるかもしれません。正社員なら、それにボーナスがあるので、数十万は上乗せされる可能性があります。

 

 中堅クラスの主任(チーフ)等、多少役職がついてくると、年収は400万から500万以上になってきます。それぞれの専門分野があり、財務や管理会計、または税務関係に強かったり、会計、簿記の資格や、税理士、公認会計士、また米国公認会計士資格(CPA)などをもっていると、昇進しやすくなる面もあります。

 

 ただし、給与レベルは、その企業によって違うので、同じ職務に従事していても、また業種によっても大きく違います。だいたいは外資系企業のほうが年収レベルでは高い傾向がありますが、外資系は日本のようにボーナス制度はなく、トータルの年収が日本企業より若干高いようです。

 

 また、大企業のマネージャークラスですと、600万から800万、それから部長(ジェネラル・マネージャー、バイス・プレジデント)クラスになると、1000万円以上にはなるでしょう。ただ、かなりの責任と、激務が予想されますので、忙しい日々を送ることになります。経理の場合、キャリアパスを描くのが比較的シンプルであり、確実に実積を残していけば、昇進のチャンスも多くあります。役職付きになる為に、関連資格試験にチャレンジする人も多いです。

 

  • 会計ソフト入力など一般の経理業務であれば300万円程度。大企業で部長クラスまで上りつめていくと1000万円以上になることも普通。

 

経理の転職で年収をアップするには

 経理、会計の場合は、今までの職歴などを参考に、適性年収などを考え、転職時に交渉するといいでしょう。転職サイトなどを利用すると、あなたの適性年収ですとか、または転職時のお給料の交渉などを引き受けてくれる場合があります。転職時にはぜひ一度相談してみましょう。

 

 もし、未経験で経理の仕事に転職するときには、関連業務をこなした経験などを職務経歴書などに盛り込んでおくといいです。事務職をしていた人は、多少はお金の計算をしたり、請求書を作ったり、またエクセルを使って経費精算などをしたことがある人も多いと思います。そうした経理関連業務をアピールすると良いでしょう。

 

 すでに中堅、管理職レベルの人は、いままで培ってきたキャリアや、職務経験などを活かして、納得できる転職先を探しましょう。英語ができれば、外資系企業に転職することも決して難しいことではありません。会話レベルは特筆する程ではなくても、読み書きができる程度で大丈夫です。

 

 なるべく転職時には、前職の経験を盛り込んで、転職に成功、また年収がアップできるコツを掴んで、理想の転職を目指しましょう。

 

  • 転職での年収アップは可能。自身の職務経験をしっかりと伝えましょう。転職エージェントの活用も視野にいれましょう。

 

資格を持っていればより強い?

 もちろん、税理士資格、公認会計士やCPAをもっていれば、その資格を活かしてエグゼクティブクラスの転職も可能です。経理スタッフとして仕事をするのでも、日商簿記資格や、外資系企業に勤めるのなら、英語資格、TOEIC730くらい持っていると転職の武器になるでしょう。

 

 年収をアップするために転職する場合は、自分でキャリアプランをしっかり考え、つじつまが合うような転職理由を用意しておきましょう。面接官を納得させることができる理由、例えばキャリアアップや、専門分野の知識を深めたい、職務経験を積みたい、グローバル企業にチャレンジしたい等、前向きの理由をプラスするといいでしょう。

 

 職務経験、そして資格、やる気とヒューマンスキルをアピールするのが転職のコツです。経理はチームワークが大切ですから、もちろん協調性や交渉力があればより良いでしょう。

 

  • もちろん資格保有者の方が転職では有利に。転職時の年収アップもかなえやすい。

本記事は2016/01/28の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する