テレビディレクターの1日

職業:テレビディレクター

123views

imasia_3006722_M

 

テレビディレクターに休みがないのは当たり前

 テレビディレクターの1日と言っても、最初から最後まで番組制作に携わり、番組を作り上げる仕事なので、日々仕事内容も異なります。

 

 まだ企画構成をしている段階では、出社はゆっくりめで自分のペースで仕事を進めることも可能ですが、どの段階でも期日は迫ってきますし、毎日時間に追われています。そもそもテレビディレクターは忙しい職業なので、その日中に帰れることはあまりなく、25時、26時・・・気づいたら朝だった、ということがザラです。

 

 休みはあまりありませんし、休日でもどこかで番組のことを考えています。

 

  • 最初から最後まで番組制作に携わり番組を作り上げる仕事なので、日々仕事内容も異なる。

 

企画~台本作成~ロケ

 企画を考える段階では、題材を何にするか、演出をどうするか、ということが常に頭から離れません。

 

 新聞・雑誌・インターネットなどでリサーチしたり、実際に街に出て探したりします。電話取材も欠かせません。そして、ロケや収録にはどんなスタッフが何人必要か、出演者は誰にするか、なども考えて手配し、事前にスタッフや出演者と打ち合わせをします。もちろん、その前に資料づくりや台本作成も必要です。

 

 ロケは、大体まる1日を費やします。早朝から夜中になることもあれば、数日かかることもありますし、泊まりもあります。技術スタッフや出演者に指示をし、取材先ともうまくやっていかなくてはなりませんので、かなり気を遣いながら進めます。

 

  • ロケには大体まる1日を費やす。

 

編集~MA~スタジオ収録

 ロケが終わると編集です。出社するとすぐ編集室にこもり、食事もろくに取らないまま画面に集中して編集しているので、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

 その間も電話がかかってきたり、次の番組内容を考えたりと、他の仕事も入ってくるので、中断して集中力が切れがちです。そこで食事をしていないことに気づいたり、眠気に襲われたりするので、邪念と戦いながら編集を進めていかなくてはなりません。VTRの尺ができたら、本編集です。本編集では映像を加工したり、テロップを入れたりしますが、ほとんどは編集マンがついて一緒に進めます。

 

 編集が終わったらMAです。MA前にはナレーション原稿を書いてナレーターに渡しておきます。選曲は音効さんがやる場合が多いですが、自分で選曲する場合もあります。音効さんに選曲をお願いする場合は、あらかじめシーンごとのイメージや、どこからどこまで音楽を入れるか、SEやアタックは使うか、などを打合せしておきます。そしてMA当日はナレーターに声の出し方や、どういう雰囲気で読んで欲しいかなどを伝え、ナレーションを録音します。一緒に作業をしてくれるMAマンにもタイミングや効果の付け方などを指示します。

 

 とにかく全般に渡って作業を熟知し、自分のイメージも伝えていかなければならないのです。その後スタジオ収録があれば、準備からまたバタバタと動き回ります。

 

 スタジオ収録や生放送では、ある程度の準備はアシスタントディレクターに任せ、テレビディレクターはサブ(副調整室)に入り、出演者、カメラマンや他の技術スタッフ、フロアディレクターに指示を出し、CMを入れるタイミングなども図りながら進行します。

 

  • とにかく全般に渡って作業を熟知し、自分のイメージも伝えていかなければならない。

 

本記事は2016/01/26の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する