テレビディレクターの転職と年齢

職業:テレビディレクター

599views

imasia_9884927_M

 

年齢は若いほど転職率がいい

 テレビディレクターの場合、異業種からの転職は20代のうちにしておきたいです。中途採用で未経験のテレビ業界で働くわけですから、採用する側も頭が柔らかくて使いやすい若い人を選びます。

 

 テレビディレクターを目指している人は、誰でもアシスタントディレクターから始まります。その名の通りアシスタントですので、テレビディレクターの指示に従って細々とした雑用をしたり、補助的な役割をします。テレビディレクターの下で修業するので、上司のテレビディレクターよりも、アシスタントディレクターの方が年齢が上だと使いづらいという点があります。また、アシスタントディレクターとして最低3年は頑張らないと昇格できません。

 

 しかし、募集内容に「年齢不問」と書いてあったりもしますし、実際に30代でアシスタントディレクターになった人もいます。やる気のある人は諦めず、ぜひトライしてみてください。

 

  • 異業種からの転職は20代のうちにしておきたい。

 

同業種の転職なら30代以上でも可能性はある

 テレビディレクターの転職で多いのは、カメラマンや編集マンからの転向です。これだと職種は違っても、同じように番組を作っている仕事なので、比較的転職も容易です。

 

 ただし、カメラマンは撮影に特化した仕事ですし、編集マンは編集技術に優れている人です。テレビディレクターのように文章が書けたり、企画力や構成力がないと難しいです。また、番組制作の全てを満遍なくこなす能力も必要になってきます。傍から見ていると「自分にもできる」と思えても、実際にやってみるとそう甘くはない仕事なのです。

 

 中途採用では制作会社からテレビ局に入る人もいますし、新聞社や広告代理店から入るケースもあります。この辺りはテレビ業界のことを少しは理解している人たちですが、異業種ともなると、理想と現実のギャップに驚く人が少なくありません。過酷で激務な毎日に挫折して辞めていく人が多くいます。

 

 転職をする前にテレビディレクターについてよく調べておき、「徹夜も平気」「帰れなくても大丈夫」という覚悟があれば、やりがいと夢のある仕事ですから、チャレンジしてみる価値はあります。

 

  • カメラマンや編集マンからの転向なら比較的転職も容易。

 

テレビディレクターになれれば年齢制限はない

 テレビディレクターになってしまえば、年齢はあまり関係ないです。経験を重ねるごとに「ベテラン」になりますので、いろんな仕事ができるようになります。

 

 別の会社に移る場合、若い人よりはハードルが高くはなりますが、転職組よりは比較的簡単ですし、フリーになるとあちこちで仕事を受けることができます。そうすれば定年もなく、体力さえ続くならいくつになってもテレビディレクターをやっていけます。

 

 実際には70代のテレビディレクターがいるかはわかりませんが、映画やCMの世界では年配の監督が多く活躍しています。大体は年齢が高くなると、自分で制作会社を作ったり、放送作家などに転向する人も多くいます。テレビディレクターはある意味「手に職」を持っている人なので、違う業種にもつぶしが効く職業でもあります。

 

  • テレビディレクターは違う業種にもつぶしが効く職業。

 

本記事は2016/01/22の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

テレビディレクターに関連する転職者の声

  1. 制作会社からテレビ局へ!年収100万以上UP!
ページ上部へ移動する