テレビディレクターの仕事内容

職業:テレビディレクター

204views

imasia_530607_M

 

テレビディレクターはテレビ番組制作の現場責任者

 テレビディレクター(D)とは、テレビ番組を制作する現場の責任者です。ドラマやCMでは「演出」、映画では「監督」と呼ばれます。

 

 テレビ番組を作っていく上では出演者、カメラマン、音声、照明、美術など様々なスタッフが関わるため、スムーズに制作現場が進行できるようテレビディレクターが指揮をとります。そして番組の意図が伝わるよう各スタッフに的確な指示を出したり、出演者への演技指導なども行います。

 

 また、テレビディレクターは「なんでも屋」と表現できるくらい様々な仕事をこなします。勤務先や番組にもよりますが、番組の企画立案から始まり、台本作成、ロケハン、ロケ、編集、ナレーション原稿書き、MA(音入れ~ミックスして仕上げる作業)、OA(時には送出も担当する)など、放送が無事に終了するまで一貫して責任を持つのがテレビディレクターの職務です。

 

 腕を前に出し「キュー!」と言って、偉そうに座っている人がテレビディレクターのイメージだとよく言われますが、実際は裏でとても地道にコツコツと作業をしているのです。

 

  • テレビディレクターは制作現場の指揮官かつ「なんでも屋」。

 

テレビディレクターの仕事内容はかなりハード

 テレビディレクターの仕事は、「テレビを見るのが好き」「あのタレントに会いたい」などでは、すぐに挫折してしまいます。

 

 華やかで楽しい職業というイメージとは反対に、仕事はかなりハードです。同じ内容のものを作るにしても十人十色で、作り方も様々な手法があるので、「終わりのない世界」とも言え、徹夜になることも珍しくないですし、当然ながらOAという締め切りがあるので、常に時間に追われる仕事です。

 

 テレビディレクターは演出力、表現力、決断力、コミュニケーション能力、才能や技能も必要な要素ですが、まず第一に「体力」と「精神力」が求められます。

 

  • 才能や技能も必要な要素だが、まず第一に「体力」と「精神力」が求められる。

 

まずはアシスタントディレクターから

 まずはテレビディレクターの下でアシスタントディレクター(AD)として、番組制作のすべてを学びます。

 

 テレビディレクターの「助手」として、細かな雑用から取材のリサーチ、資料作成、出演者のアポとりや宿泊先の手配など、番組制作の重要な役割を幅広く担当します。労働時間も長くなり休む暇もない、気配りと体力勝負の仕事です。テレビディレクターの手が回らないところを素早くサポートできるようになれば、もう立派なアシスタントディレクターと言えます。しかし、そのノウハウは手取り足取り教えてもらえるものではなく「自分で盗むもの」です。

 

 アシスタントディレクターとして3~5年ほど修業を積むと、テレビディレクターとして自分で番組を制作することができるようになります。もちろん中々テレビディレクターに昇進できない人や、アシスタントディレクターとして優れた「プロAD」のような人もいます。過酷で地道な下積みに耐えた者こそ、「テレビディレクター」の肩書きがもらえるのです。

 

 初めて自分が作った番組が放送されると、それまでの苦労を忘れるほど感動します。この瞬間があるからこそテレビディレクターはやりがいがあります。大勢のスタッフと協力し合ってひとつのものを作り上げるということもテレビディレクターの魅力の一つです。

 

 初めは思い通りに行かないこともありますが、実績を積み重ねていくと自分が企画した作りたい番組が作れるようになります。限られた予算の中でいかにいいものが作れるか、というところもテレビディレクターの醍醐味です。

 

  • アシスタントディレクターとして、過酷で地道な下積みに耐えた者こそ、テレビディレクターの肩書きがもらえる。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容はテレビディレクターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

テレビディレクターに関連する転職者の声

  1. 制作会社からテレビ局へ!年収100万以上UP!
ページ上部へ移動する