歯科技工士の採用先の分類

職業:歯科技工士

163views

SONY DSC

 

主な勤務先は技工所

 歯科技工士は基本的に、技工所と呼ばれる保健所から認可を受けた特定の作業場で仕事をしています。この技工所は歯科技工士資格、もしくは歯科医師資格を持っていれば誰でも開設することができます。また、技工所の他にも歯科技工士資格が優遇される仕事があり、歯科技工以外の職に就いている人もいます。

 

歯科技工士が開設した技工所

 個人経営の場合が多く、所長と社長を一人の歯科技工士が兼ねている場合が大半です。社長が技工士なので、専門的な指導を受けやすく短期間での技術や知識の向上が望めます。

 

 ただし、俗に言う「ブラック企業」がとても多いのも事実で、ボーナス無し・保険年金の加入無し・残業代や有給も無しというようなところもあります。こういった過酷な場所で、短期間でも耐えて自分の知識と技術を磨き、独立して自分の技工所を立ち上げるというような人も中にはいますが、このような現状は歯科技工士の業界全体としての問題になっています。

 

  • 歯科技工士が開業した個人経営の技工所は、短期間でのスキルアップが期待できるが、劣悪な労働環境が問題視されている。

 

歯科医院内の技工所

 歯科医院内に「技工室」という形で技工士が常駐している場合もあります。この場合は歯科医師から直接指示を受け、技工物を作成するという流れになります。実際の患者さんへのセッティングまで間近で見届けることができ、達成感を感じやすいです。また、基本的に歯科医院の雇用条件がそのまま適用されるので、ボーナスや保険・勤務時間等は整っていることが多いです。

 

 しかし、近年の法律改定で初めて技工士を雇い入れる歯科医院が多く、先輩の技工士がいない等の理由で適切な指導がなかなか受けられないというケースも多いです。

 

  • 歯科医院内の技工所は比較的雇用条件が良いが、初めての技工士雇用で指導者や先輩がいない場合も。

 

大手企業内の技工所

 技工物を作る機械「CAD/CAM」のメーカーや、歯科材料のメーカー、大手の技工会社等にある技工所です。メーカーでは、機械や材料の開発に携わったり、時には歯科イベントでのデモンストレーナーとして実演を行ったりします。

 

 また、大手技工会社は多くの歯科医院と直接契約して技工物を一手に引き受けています。こういった会社の中で技工を行う歯科技工士も多くいます。いずれも雇用条件や受けられる指導・研修等は比較的充実しているところが多いですが、勤務先が大都市部に限られていたり募集が少なかったりするため、狭き門です。

 

  • 大手の技工所、技工物製作機器・歯科材料のメーカーなどは勤務条件に恵まれているが、求人が都市部に偏っており募集も少ない。

 

技工所以外の就職先

 歯科技工士は手先が器用な専門職ということから、歯科以外の企業からの募集も若干あります。例えば補聴器メーカーでは、耳に当てる部分を作る技術や材料がとてもよく似ているので、技工士資格を持つ人を募集していることがあります。貴金属を扱う知識と技術を買われてジュエリー制作現場で働く技工士もいます。

 

 また、ネイルアートに使う材料は元々は歯科技工の材料として開発されたものであり、歯科技工士資格を持つネイルアーティストというのも案外存在します。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容は歯科技工士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する