経営企画になるには

職業:経営企画

120views

imasia_9642562_M

 

自分から動ける力をつける

 経営企画の仕事は、採用の枠は小さく、自分の転職したいタイミングに希望する企業の採用があるかどうかわかりません。しかも、経営企画といっても仕事の幅が広いため、自分の思っていたような仕事ができるかどうかもわからない職種といえます。

 

 できる準備としては、、現在やっている仕事をどれだけ成功させておくかが経営企画になる近道といえます。どんな成功をしたらよいかということになりますが、常に期待以上の結果を発注者に返すぐらいの気持ちで仕事に取り組むべきです。

 

 経営企画を目指す人は「自分で何かをしたい」という人が多いので、言われたことだけにしないことです。常にそれを心がけて実績を作ることによって、大きな力になります。この、自ら考え動く力はどんな場面でも役立ちます。

 

  • 少ないチャンスを狙うために現在の仕事の実力をつける。

 

誰も教えてくれないことを自ら探す能力をもつ

 期待以上の結果を出すには、提供される情報以上に自ら情報収集をしていきます。自分の仕事と関係ないことだと思っても、実はどこかでつながっている情報もあります。常に新しい情報に触れ、気になるものに関してはより深く探ってみることをお勧めします。

 

 マーケティングの視点、システムとしての長所、収益の出る構造、組織力アップの方法、多くの情報があちこちに転がっています。どれが使える良い情報なのか誰も教えてくれません。誰かが教えてくれる情報になったらそれはもう古いかもしれません。何かを変えていくのであれば、散らばった情報を使える形にしていくことも経営企画を目指す人には必要です。

 

  • 最新の情報は自分で作り出す。

 

誰かを納得させることができているか

 期待以上の結果をだすために、もうひとつできるようにしておきたいことがあります。それは、情報収集をした成果や、提案をして、それを受け取る側の上司やクライアントの「納得」を必ず引き出すことです。言い換えると「腹に落ちる」状態を作っているかをチェックしてください。 

 

 目的をはっきりさせる、理論的に説明する、メリットデメリットを伝える、選択肢を用意する、など相手の立場に立ち、その人が判断できる状況を作ります。そして、もうひとつ大事なのが熱意。真剣に取り組んでいる状況も伝えていきます。

 

 納得のいく報告、取り入れられるか入れられないかは別にして、納得できる提案を常にできるようにしておけば、経営企画になるチャンスは増えていきます。

 

  • 相手の「腹に落ちる」報告提案をする。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する