経営企画の採用先の分類

職業:経営企画

77views

imasia_9729149_M

 

一定規模を超えた企業(分野を問わず)

 どの企業でも経営企画という仕事は必要です。ただし、ある一定の規模ではこの仕事は経営者の仕事でもあります。

 

 経営企画の必要を感じ始めるのは30~50人規模、経営者がひとりでは社内を見渡せない規模になってきた時です。それまで経理・総務系で社員一人、パート数名といった状況で管理部門を作っていた企業では、経営者をサポートする部署が必要となってきますので、こうした企業の採用があります。

 

 こうした企業の経営企画では、ひとりが担当する業務内容も大企業に比べ、多種多様となります。企業により主に必要とされる知識や経験も大きく違います。 

 

  • ベンチャー企業がさらに成長するための採用がある。

 

新分野の立ち上げや業務拡大を狙う企業

 新事業を展開していこうとしている企業からも採用があります。

 

 その企業の主力な分野とは違う異業種からの人材採用を考えている場合が多く、経営企画そのものの経験より、他業界の営業経験や企画経験を問われることが多いことがあります。

 

 また、マーケティングの知識や経験を必要とされる場合が多いのも、この様な企業です。現在の技術やノウハウを別用途に転用したり、新たな顧客のマーケットを開拓できる発想が求められるからです。

 

  • 他業種のスペシャリストは今後さらに需要が増える。

 

経営陣の交代や新たな方向を模索している企業

 経営陣が入れ替わると同時に経営企画の採用が行われることがあります。この時は、経営方針が大きく変わったり、それまでの社内システムの見直しや新システムの構築が行われます。

 

 基本的には社内から適切な人材を抜擢することが多いのですが、それまでの社内風土とは全く違う人材を必要とする場合に外部から採用することが多くあります。

 

 それまでの慣習を大きく打ち破る人材が必要とされます。経理財務の知識、論理的な思考、幅広い視野、発想力などを持った人が望まれることが多いため、経営企画経験者が望まれます。

 

  • 企業のターニングポイントに大きな需要がある。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する