英語を活かせるアロマセラピストの求人

職業:アロマセラピスト

316views

imasia_11704390_M_R

 

アロマセラピストが英語力を活かして働くには

  • サロンの立地が影響する

 海外のお客様にとって、かゆいところに手が届く日本の接客やトリートメント技術は非常に魅力的です。日本国内であれば、ホテルや空港内など、世界中からお客様が集まる場所にサロンを設けていることが多いため、採用条件として語学力を求められるケースがあります。もしくは、外国人が多く居住したり、観光などで来訪する地域のサロンでも、英語力が活かせるので転職に有利です。

 

  • 英語のレベルを確認する

 アロマセラピストはサービス業のため、くだけた日常会話ではなく、ビジネスレベルのきちんとした英語を話せることが望ましいです。アロマテラピーやトリートメントの学習だけでなく、英会話スクールなどで常に英語力を磨いておくことも大切になってきます。

 

 TOEICなどのハイスコアや英語関連の資格、留学経験があれば、履歴書に記してアピールできます。そして、アロマセラピストという職業柄、精油の名前や体の部位、力の強弱、病気や怪我の名前といった専門用語を使う場面があるため、専門分野の語彙を増やしたり、会話できるようにしておくと良いです。

 

  • ホテルや空港内、外国人観光客が多いエリアのサロンでは、英語力が重宝されることもある。精油の名称など専門用語まで習得するのが望ましい。

 

保有資格は、応募企業に適しているか?

 近年は、日本だけでなく、イギリスやフランスなどアロマテラピーの本場である海外で学び、語学のブラッシュアップと共にアロマテラピーの資格を取得する人が増えています。そのため、海外の団体が認定しているアロマテラピーの資格を保有しているだけでも転職の幅は広がってきています。

 

 ここで大事なのは、採用先がどのような資格を求めているかということです。例えば日本国内の企業に応募する場合、日本の認定団体の資格しか受け付けてくれないこともあります。本当に働きたい場所があるなら、事前にしっかり調べておくことです。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はアロマセラピストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する