アロマセラピストの講師の求人

職業:アロマセラピスト

119views

pixta_16404669_M

 

アロマセラピストの講師になるには

  • サロンでの実務経験を活かす

 アロマセラピストの講師になる場合は、職場で即戦力となるアロマセラピストを育てるためにも、サロンなどでの就業経験を積んでから講師として転職するケースがほとんどです。転職先はスクールが一番多く、次いでリラクゼーション企業での勤務が大半を占めます。

 

 就業時にアロマテラピー以外の知識や技術も身に付けておけば、講師としての幅も広がります。まずはアロマセラピストとしての経験を重ねてから、講師の道を考えるのが良いです。

 

  • 資格があると有利

 アロマセラピストの講師になると、精油の知識や化学成分、解剖生理学、カウンセリング方法、アロマトリートメントの技術など、教える内容は多岐に渡ります。その際、アロマセラピストやアロマテラピーインストラクターの資格や、そのほか採用先が求める資格を取得している方が転職に有利です。

 

 各資格の認定団体が、資格保有者向けにホームページやメールマガジンなどで求人情報を発信している場合もあるため、転職活動に役立ちます。

 

  • サロンでの実務経験を積んでから講師になる人がほとんど。資格取得者が有利な場合も。

 

講師としての適性やメリット

 アロマセラピストの講師は、自分の持っている知識や技術をただ伝えるだけでは務まりません。ひとりひとり異なるアロマセラピストに一番適したアプローチで教える柔軟性や、習得するまで辛抱強く付き合う忍耐力が必要です。それだけに、人の成長する姿を間近で見られるやりがいのある仕事です。

 

 また、女性は、妊娠・出産などで精油を使えない時期があり、アロマセラピストを休職、もしくは退職せざるを得ない場合があります。その点、講師の方が体力面の負担も少ないため、アロマセラピストに比べて長く従事できるというメリットがあります。

 

  • 人材育成や教育の大変さはあるが、成長を間近で見られるのは魅力的。サロン勤務よりも体力的な負担が軽いため仕事を長く続けやすいというメリットも。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はアロマセラピストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する