経営コンサルタントの独立環境

職業:経営コンサルタント

82views

imasia_12746959_M

 

独立後に経営コンサルティング会社を開業

  • 経営コンサルタントの独立は珍しくない

 経営コンサルタントにとって、独立というのは非常に身近で可能性の高いことです。独立形態は様々ですが、最も多いのが、これまでの経験を活かしてコンサルティング会社を立ち上げるケースです。こうした起業を後押しする経営コンサルティング会社も最近は増えており、「のれんわけ」のような制度を用意しているところもあります。

 

 経営コンサルタントが独立して開業するケースはその数も非常に多く、競争率も激しくなります。独立後の苦労として顧客の獲得が挙げられます。前職の経営コンサルティング会社のブランド力を自分の力だと過信してしまい、独立してみると顧客の獲得がなかなか今までのように上手くいかず、失敗してしまう事例も後を絶ちません。

 

  • 顧客を持っていくのは基本的にNG

 経営コンサルタントが個人として独立する場合、在職中に担当していたクライアントをそのまま独立後も持っていくケースがあります。しかし基本的にはこれをNGとしている経営コンサルティング会社が大半です。実は経営コンサルティング会社の多くは、社員として雇用する際に交わす契約書に「退職後いかなる理由があっても顧客の情報を持ち出さず、個別にコンサルティング契約を交わさない」というような一文を記載しています。

 

  • 独立する経営コンサルタントは非常に多く、競争も激しいので、独立後の顧客獲得が大きな課題。顧客持ち出しは契約で禁止している会社がほとんど。

 

在職中に独立準備を進める

 経営コンサルタントとして長年キャリアを積み重ねると、会社の登記方法や金融機関からの融資の受け方などの起業ノウハウが蓄積されます。こうしたノウハウや経験を活かして、自らの起業を準備するのが理想的です。

 

 在職中であれば尚のこと、その情報収集や人脈などの構築が有利に働きます。過去に作成した事業計画書などをベースに自分自身の事業計画書を作成する、会社のブランドを利用して個人では会えない人に会い、起業後の人脈を構築しておくなど、在職中にできることはたくさんあります。在籍中に独立準備をしっかり進められる人は、起業後も比較的スムーズに成功への道のりを歩めるはずです。

 

  • 独立を考えている場合は、在職中だからこそできる情報収集や人脈形成といった準備を進めておく。

 

本記事は2016/01/13の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する