50代の経営コンサルタントの独立事例

職業:経営コンサルタント

188views

会計系経営コンサルティング会社から独立 (53歳 千葉県在住)

 

男性(50代)

 大学卒業以来、ずっと金融畑で育ちました。前職の会計系経営コンサルティング会社には16年お世話になりました。妻が病弱のため、出張の多い仕事ではワークライフバランスが上手に取れなくなってきたので、独立することに決めました。

 

 クライアントは前職の頃にお付き合いをさせていただいた中小製造業が7割を占めます。経営者の資産運用アドバイスや、事業承継の支援を行っています。個人になると新規顧客の獲得が難しくなります。この辺りは独立前から十分に承知していました。前職で築き上げた人脈に助けられて、今では紹介でたくさんのクライアントとお付き合いをさせていただいています。

 

 独立して良かったことは、妻との時間、家族と過ごす時間が増えたということです。逆に大変なことは、前職のように部下や同僚がいないため、全てのタスクを自分でこなさなければいけないということです。

 

マーケティング系経営コンサルティング会社から独立(52歳 東京都在住)

 

男性(50代)

 大学卒業後、広告代理店に就職し、そこから前職のマーケティング系経営コンサルティング会社に転職しました。ライティングやグラフィックを作成することに自信があったので、いつか独立しようと考えていました。しかしこうした業界はコンペチターの数が多く、個人で独立した後の食いぶちが不安だったので、なかなか踏み切ることができませんでした。

 

 そこに救世主のように現れたのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングのプラットフォーム上に上がっている仕事依頼をいくつか在職中にこなしていくと、ある程度の収入を得られることが分かりました。また、個人コンサルタントを集めたコンサルティングのプラットフォームも誕生したことで、私の経験を求めてくれる多くのクライアントと繋がることができるようになりました。

 

 今では前職よりも1.3倍ほどの年収を得ることができるようになり、同時に自分の趣味などに費やす自由時間も増えました。

 

IT系コンサルティング会社から独立(54歳 静岡県在住)

 

男性(50代)

 前職では、企業のシステム導入、改築時の条件整理を支援するコンサルティングを行っていました。こうした経験から仲間3人で新たにEC事業を立ち上げることにしたのが3年前のことです。中心となるのはリユースECです。Webで商品の買取をし、東南アジアを中心とした途上国に輸出しています。最近では輸出先であるタイ、カンボジア、ミャンマーにリサイクルショップをオープンし、現地での収益も得られるようになりました。

 

 私も残りの人生、そんなに長いわけではありません。子供たちが独立したのをきっかけに起業しました。起業家としては遅いスタートかもしれませんが、自分の子供たちに引き継げるビジネスに育てたいと思って、楽しみながらやっています。

 

本記事は2016/01/13の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する