40代の経営コンサルタントの転職例

職業:経営コンサルタント

184views

戦略系経営コンサルティング会社から人材紹介会社へ (42歳 神奈川県在住)

 

男性(40代)

 私は過去のクライアント企業からのお誘いがきっかけで転職をしました。前職の戦略系経営コンサルティング会社では大手企業の課題解決プロジェクトを年間に20本以上指揮してきました。この経験が買われ、条件も良かったため転職に踏み切りました。

 

 面接らしいものは社長との会食程度です。人材マーケットは衰退期に入っており、事業拡大には外国人の登用と現地でのスクール運営であるという意見が今の社長と合致しました。経営コンサルタント時代に培った経験を活かして、国内の人材マーケットの再改革ができるようにしたいです。

 

金融系経営コンサルティング会社から商社へ(45歳 広島県在住)

 

男性(40代)

 大学を卒業してからずっと東京で仕事をしてきました。子どもたちも小学校を卒業したので、自分のライフスタイルを考えて田舎に帰ろうと夫婦で決意したのが転職のきっかけです。

 

 金融畑で育った私はこの分野でしか力を発揮できず、転職先は広島の銀行か、中小企業の財務部ぐらいが妥当かと考えていましたが、ネットのキャリアマッチングサイトで見つけた広島の老舗商社がM&Aで事業拡大に力を入れているのを見つけました。M&Aは東京で仕事をしていた時に私が最も携わった分野でしたので、力が活かせるのではないかと思いエントリーしました。

 

 前職のブランドもあったため、面接は2回ほどですんなり内定が出ました。転勤をしないという私の無理な条件もご理解いただき、現在は広島で仕事もプライベートも充実へと向けて歩み始めています。

 

マーケティング系経営コンサルティング会社からベンチャーキャピタルへ (47歳 大阪府在住)

 

女性(40代)

 長年経営コンサルタントとして勤めてきました。経営コンサルタント時代は小売業の新規出店戦略構築からオープン、運営サポートまで行いました。経営コンサルタント時代にずっと思っていたのが、融資のできるコンサルティングをしたいということです。経営コンサルタントはあくまでノウハウの支援であり、資金支援ができません。もっと責任を共有した状態で経営コンサルティングの経験を活かしたいという思いから、ベンチャーキャピタルへの転職を希望しました。

 

 希望する会社は2社あり、いずれからも内定をいただきましたが、女性の多い職場が私にとっては働きやすいという経験から、現在の会社を選びました。

 

本記事は2016/01/13の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する