実行支援型の経営コンサルタントの特徴

職業:経営コンサルタント

89views

imasia_4277687_M

 

実行支援型の経営コンサルタントとは

 実行支援型の経営コンサルティングは、小規模のコンサルティング会社が取ることが多いサービス提供のスタイルです。特徴は以下のようなものです。

 

① クライアントの規模が年商1億円~10億円以下と比較的小さ目

② クライアントに対して1年~3年と長期の契約期間を設ける

③ クライアント企業を毎月1回以上のペースで訪問し、経営課題に対して1つ1つ丁寧に対応する

 

 実行支援型の経営コンサルタントは、クライアント別に担当が決まっており、基本的には最初から最後まで同じ担当コンサルタントが支援します。実行支援の内容は多岐に渡りますが、マーケティングからマネジメントまで全てを取り扱う必要が出てきます。

 

  • 比較的小規模のクライアントを長期間に渡って支援し、同じ担当コンサルタントが密に訪問して1つ1つの課題を解決していく。

 

根気と経営感覚の高さが求められる

 実行支援型の経営コンサルタントには、まず根気が求められます。その理由は、1年以上同じクライアントとずっと付き合いが続くからです。すぐに業績が伸びるケースもあれば、2年、3年経っても結果が出ないケースもあります。こうした時にすぐに諦めたり、飽きたりするのではなく、原因究明と課題解決に向けた施策を根気強くクライアントに提供できる素質が必要です。

 

 また、クライアントが中小企業の場合、「経営者の代行」という依頼のケースがあります。そのため会社を経営するというセンスの高さも求められます。社員からすれば、突然知らないところから代わりの社長がやってくるという印象になるため、コミュニケーションスキルも非常に重要です。

 

  • 同じクライアントと数年付き合うこともあるため根気強さが必要。経営代行の場合は経営センスやコミュニケーションスキルも求められる。

 

特定業種に特化することが成功のポイント

 実行支援型の経営コンサルタントの強みは「業種特化」です。経営者の代行というニーズが多くなるため、どんな業種でも器用にこなすのではなく、ある特定の業種を深堀し、同じ業種の実行支援コンサルティングを何度も経験している会社やコンサルタントに高い評価が付きます。

 

 転職する際には、転職希望の会社がどの業種に対するコンサルティングを行っているかを知っておくこと、自身が経験してきたコンサルティング経験が、どの業種向けであれば活用できるを予め整理しておくことが大切です。

 

  • 幅広く手掛けるのではなく、特定の業種を極めたコンサルタントの方が高く評価される。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する