経営コンサルタントの転職と面接

職業:経営コンサルタント

120views

imasia_12780240_M

 

経営コンサルタントの面接のポイント

  • 前職での実績が重要

 経営コンサルタントの転職では、前職の実績が問われます。ストレートに言うと、経営コンサルティングで「いくら稼いだか」です。この稼ぎの対象というのは、個人の年収ではなく、会社に貢献した売上や利益のことを指します。

 

 人が商品だと言っても過言ではない経営コンサルタントの価値は、稼ぎの金額で判断されやすいです。まずは自分の価値を具体的にプレゼンテーションする必要があります。コンサルティングを展開していた中心の業種、コンサルティング商品となる具体的なソリューションなどは、初めて聞く人でも理解できるように整理してから面接に臨みましょう。

 

  • 転職理由は明快に

 経営コンサルタントは、他の職業と比較すると、転離職率が高く定着しにくいというイメージを持たれています。そのため、転職理由を明快にしておく必要があります。現状の年収に不満があるというケースを正直に面接の場で伝えても違和感はありません。

 

 自身のスキルアップのためという場合は、それだけではなく、どんなスキルをいつまでに身につけるか、その次のステージまでを見据えたプレゼンテーションが必要となります。

 

  • 前職での実績、転職理由を分かりやすく説明できるように準備しておく。

 

面接はまるでコンサルティングの場

 経営コンサルタントの転職では、受け入れ先の会社は「うちの会社をコンサルティングするなら何をしてくれるのか」というイメージで面接します。それもそのはずで、営業や販売職と違って経営コンサルタントは企業にとっての起爆剤となる可能性を秘めており、相手も期待をしています。

 

 特に30代以上の経営コンサルタントの場合は、課題解決に向けてのより具体的な仮説を求めてくる場合が多くなり、まるでコンサルティング現場のような空気で面接が行われることもあります。面接前に業界の専門家やインターネットなどで情報を収集しておくといいです。

 

  • 課題解決の具体的な案を求められるなど、さながら実際のコンサルティング現場のような雰囲気のことも。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する