経営コンサルタントの履歴書の例文

職業:経営コンサルタント

141views

rirekisyo

 

 経営コンサルタントの方が転職時に書いた実際の履歴書をもとに、注意点を解説していきます。

 

経営コンサルティング会社から商社総合企画部への転職を希望する29歳Aさん(男性)

 平成22年に大学を卒業し、同年4月に戦略系経営コンサルティング会社に入社。アナリストとして現場調査や分析を2年間経験し、コンサルタントとして年間20本以上の戦略系プロジェクトに携わりました。この経験が認められ、平成26年より1年間、マネージャーとしてプロジェクトマネジメントのポジションに就きます。現在も在職中で、総合商社の企画部への転職を希望する事例です。

 

①免許・資格

平成18年4月 普通自動車第一種免許 取得

平成17年3月 実用英語検定準1級 取得

 

②特技・趣味・得意科目など

実際の文章

「大学時代にASEAN経済を専攻しておりました。その知識と経験を活かし、現職の経営コンサルティングにおいても、国内メーカーとASEAN諸国のバイヤー、販売店をマッチングさせることに成功しました。特に、国内メーカーがASEAN諸国に進出、出店した場合の経済的効果、組織的効果などを事前にシミュレートすることを得意としてきました。これまでに繊維メーカー2社、食品メーカー6社、部品加工業2社の進出サポートを成功させてきました。」

 

  • 特技や趣味の項目は前職時代に得た経験を中心に記述するといいでしょう。特に自分が中心として手がけた成果を数字で表現できるのが理想的です。今回のケースですと、総合商社の企画部への転職希望ですから、グローバルな視点で営業マネジメントができるということ、そして総合商社が海外戦略の中でも特に重要視しているASEANでの実績があるということをアピールするのが効果的です。学生時代やサークルでの経験ばかりを書きすぎても、精神論や仲間論だけでは経営コンサルタントの転職は成功しません。どの業界で、何についてどれくらい実績を上げたのか、という部分をしっかりと明確に記述しましょう。

 

③志望動機

実際の文章

「経営コンサルティングの現場で数多くの海外進出支援の経験を得ました。特にASEAN諸国への進出に関しては、明確な調査根拠と、数値的シミュレートが決め手となり、進出したクラインとの8割以上が3年以内に黒字化企業へと成長しています。私のこうしたASEAN進出コンサルティングを更に多くの企業へ提供したいと考えました。総合商社でありASEAN事業に力を入れている貴社のフィールドであれば更に自分のビジョンが成し遂げられるものだと確信しています。また、私が現職で経験したプロジェクトマネジメント能力も貴社において活躍できる要素であると考えます。決められた時間と予算、メンバーのレバレッジを最大へと引き上げるプロジェクト管理は貴社でもお役に立てられるものだと存じます。」

 

  • 志望動機は「なぜこの会社を志望するのか」が明確であればあるほど理想的です。経営コンサルタントが他の業界に転職する場合、自分のどんな知識と経験を具体的にどう活かすのかはもちろんのこと、なぜこの会社でなければいけないのか、ということを明確にしておくべきです。「総合商社ならばどこでも一緒ではないか」と言われないためにも、「他と比較しても一番ASEAN事業に力を入れているから」「プロジェクト型の組織体制を採用しているから」など、自分がこの会社を志望する動機を明確にしておくことが大切です。

 

④本人希望記入欄

実際の文章

「初年度の年収は700万円以上を希望します。
 翌年度以降は貴社の評価制度に応じた年収でお願いします。」

 

  • 本人記入欄を空白にするのはよくありません。何も特別書くことがなければ「特になし」と記入して問題ありません。経営コンサルタントの転職の場合、前職での年収イメージがどうしても高給であると判断されてしまうため、初年度の年収は最低これくらい欲しい、という意思表示をするのがいいでしょう。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する