経営コンサルタントの転職理由

職業:経営コンサルタント

105views

imasia_16562406_M

 

ヘッドハンティングの誘いが多い

 経営コンサルタントという職種が日本でもずいぶん浸透してきました。一昔前までは敬遠されていましたが、今では100人~1,000人のコンサルタントを抱える中・大規模のコンサルティング会社も登場し、その実績も比例して高い地位を確立しています。

 

 経営コンサルタントという職種は若くして経営トップとの接触が多く、戦略構築プロジェクトに多く携わることから、そのキャリアを欲しがる企業が多くあります。そういった意味でも、経営コンサルタントはある程度のキャリアを重ねると、多方面からヘッドハンティングの誘いがあります。

 

  • 経営コンサルタントのキャリアはあらゆる業種から重宝され、ヘッドハンティングの誘いも多い。

 

年収にこだわる

 経営コンサルタントの多くは年収に強いこだわりがあります。商品が自分自身であるため、年収はその市場価値を判断する一番の指標だからです。キャリア5年以上の経営コンサルタントの場合ですと、約1,000万円以上の年収を提示してもらえる会社に転職を希望します。

 

 現役でバリバリ活躍し、役員候補とまで噂が立った経営コンサルタントも、他社からの高額年収の提示によりあっさりと転職してしまうというケースもごく日常的です。

 

  • 年収=自分自身の市場価値を示すものと捉え、年収にこだわるコンサルタントは多い。高額年収を提示された会社への転職はよくあること。

 

自己成長を求めて転職する

 転職の動機は様々ですが、大きく分けると、経営コンサルタントというハードな職種に体力、精神的ダメージを抱えてリタイアするケース。それと、自身の更なる成長を目的として転職するケースです。

 

 経営コンサルタントはある意味では年収以上に、自己成長をやりがいに仕事を続けている人も多くいます。従って、自分が更に成長できるフィールドを求めて多方面に転職のチャンスに目を光らせています。

 

 例えば財務系のコンサルティング会社で顧問先の財務に対するアドバイスをある程度マスターし、顧問先でも実績と信頼を得るようになると、次はその顧問先の業績アップ、つまり新たな商品開発や顧客獲得といったマーケティングに対するコンサルティングスキルに興味を持ち始め、マーケティング系の経営コンサルティング会社への転職を検索し始めるといった具合です。

 

  • 自身の成長意欲が高く、キャリア向上や自己実現のために転職するケースが多い。

 

本記事は2016/01/08の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する