経営コンサルタントの年収相場

職業:経営コンサルタント

250views

employees and salaries binders

 

新入社員・アナリストの場合

 経営コンサルタントの年収は、新入社員当初は年収350万円~400万円ほどで、職種やジャンルに関係なくどこも同じくらいです。

 

 経営コンサルティングという職業は激務であるとの評判が高いように、1年目で退職者が続出するケースも会社によってはあります。そのため1年目~2年目の年収は低めに設定されているという説もあります。

 

  • 新入社員の年収は、コンサルティングの種類に関わらず350万円~400万ほどが相場。

 

マネージャークラスの場合

 マネージャークラスになると年収は飛躍的に上昇し、600万円~1,500万円ほどとなります。このクラスでは職種によって年収が異なる傾向が出てきます。

 

 最近ではM&Aコンサルティング系の職種が最も年収が高く、シニアマネージャーになると2,000万円を超えることもあります。M&Aニーズは近年非常に高まっており、大手企業だけでなく、中小企業からの依頼も増加傾向にあります。M&A成立額に応じてコンサルティングフィーが変動するため、年収もそれに比例するという構造です。

 

 その反面、Webコンサルティングや販促支援コンサルティングの経営コンサルティング会社の年収は、マネージャーといえども600万前後と、他と比較して低くなる傾向があります。

 

 いずれにしてもボーナスが年収の大半を占めるという場合が多く、その年に個人として、組織としていくら稼いだかという結果に応じて年収が大きく変動するのが特徴です。

 

  • 職種・ジャンルによって年収に開きが出る。ニーズが高いM&Aコンサルティング系ならば2,000万に届いたり、Webや販促支援系コンサルティングは600万円ほどに留まることも。

 

パートナー・役員クラスの場合

 パートナーや役員クラスともなれば3,000万円から、高いところでは5,000万円以上というケースも出てきます。彼らは主に経営者としての仕事を求められているため、会社の業績に応じて年収が変動するという仕組みです。昨年の結果に応じて年俸で支払われる会社も多くあります。

 

 パートナー・役員クラスまで来れば、年収は青天井であり、講演料金や書籍執筆の印税などが個人収入として加算されたりします。ただしパートナー・役員クラスになれるのはほんの一握りのコンサルタントだけであり、簡単に目指せるポジションではないことは確かです。

 

  • パートナーや役員クラスの年収は5,000万円を超えることもあるが、そのポジションに就けるのはごくわずか。

 

本記事は2016/01/08の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する