アパレル販売員のステップアップ

職業:アパレル販売員

350views

imasia_3156767_M_R

 

店長やマネージャーを目指す

 アパレル販売員になったら、まずはいちスタッフとして接客のスキルを磨いたり、売上管理や店頭のディスプレイなどを学んでいきます。接客の技術が上がってコンスタントに売り上げがとれるようになり、新人スタッフの教育などの経験を積んでいくと、副店長や店長へとステップアップしていきます。

 

 副店長や店長になると、シフトを作ったり、週に一度店長会議に参加したりと業務は増えますが、その分役職手当がつきます。店長を数年経験していると、転職の際に給料交渉ができたり、自分の好きなブランドに転職しやすかったりします。

 

 企業の規模にもよりますが、大きなアパレルメーカーや外資系のアパレルブランドだと、店長として活躍したあとはマネージャーやスーパーバイザーなどの役職にステップアップすることができます。同じ地区にある複数店舗を統括したり、担当店舗を指導して売り上げが伸びるように工夫をしたりするのがマネージャーやスーパーバイザーの仕事です。

 

  • アパレル販売員は副店長や店長からマネージャー、スーパーバイザーへとステップアップしていける。

 

バイヤーやプレス、マーチャンダイザーへ

 店長経験がなくても、ある程度の年数働いていてブランドへの理解が深まれば、バイヤーやプレス、マーチャンダイザーなど本社勤務をする道もあります。特に、バイヤーやプレスは求人がかかることも少ない人気の職種なので、販売職で経験を積み、ポジションに空きが出るのを待つのが近道です。

 

 将来的に本社勤務を希望しているのであれば、日頃から売り上げの成績がよく、ディスプレイのセンスがいいなど、何か光るものをアピールしておかなければいけません。それほど狭き門なのです。

 

  • バイヤーやプレス、マーチャンダイザーとして本社勤務する道もある。

 

接客経験を活かして他業種へ転職

 アパレル販売員から他業種へ転職する人もたくさんいます。販売・接客経験を活かせるブライダル関係やエステティシャン、飲食関係、営業職など人と接する仕事のほか、事務や総務など特別なスキルがなくても採用してもらいやすい職業が人気です。アパレルの知識が豊富な人は、出版社に転職して雑誌の編集者になったり、ECサイトの運営スタッフになることもあります。

 

 アパレル販売員として店長やマネージャーにステップアップしていくのも一つの選択肢ですが、給料が安い、立ち仕事が辛い、土日に休めないなど、年齢を重ねるにつれて販売員を続けるのが難しくなってくることもあります。自分らしい働き方ができるように、他の職業に転職してステップアップを試みるのもいいことです。

 

  • 接客経験やアパレルの知識を活かして他業種へ転職し、ステップアップしていく人もいる。

 

本記事は2016/01/07の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する