店長・店長候補のアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

201views

imasia_12616616_M

 

店長・店長候補は経験が必須

 アパレル販売員は、未経験や経験年数が短い人でも比較的採用されやすいですが、店舗の運営やスタッフの管理を任される店長は、経験がなければ採用は難しいです。

 

 店長としての経験は、年数だけでなく働いていた店舗の規模も重要視されます。スタッフが5名ほどの小さな店舗で店長を務めていた人が、いきなりスタッフが30名もいる大型店舗の店長を務めるのはなかなか難しいです。店長は、売り上げを上げるのはもちろん、スタッフの管理も非常に大切な仕事だからです。

 

 また、「どれくらいの規模のフェアを行ったことがある」「インポートアイテムのバイイングに携わっていた」「売り上げをあげるために商品企画にも関わっていた」などの業務内容も重要です。店長・店長候補として応募する場合は、店舗の立地条件や客数、方向性などあらゆる点から研究し、自分のどんな経験が活かせるのかをまとめてから面接に臨む必要があります。

 

  • アパレルショップの店長・店長候補は、前職の店舗の規模や従業員数、業務内容を含めた経験値で採用が判断される。

 

店長・店長候補のアパレルの求人は高年収

 アパレル販売員の年収は一般的に低めとされています。しかし、店長や店長候補となれるだけの経験、実力があれば、ある程度の年収は見込めます。店長の平均年収は350~400万円が相場で、外資系のアパレルブランドやラグジュアリーブランドになると年収が1000万円を超えることもあります。

 

 ただし、地方のアパレルショップやアウトレットのショップでは、店長でも年収が300万円前後ということもあります。大体は前職の年収を考慮し、それ以下にはならないように設定されることが多いですが、もし前職よりも低い年収を提示された場合は交渉してみましょう。

 

  • 店長・店長候補は高年収の場合が多いが、前職より低い年収を提示されたら交渉すべき。

 

店長・店長候補は人柄が大切

 店長や店長候補は、その店舗をまとめる代表者です。店舗の雰囲気が良ければお客様は自然と来店してくれますし、逆に雰囲気が悪ければお客様の来店数や滞在時間も減っていきます。

 

 お店の雰囲気が悪くなる原因は色々とありますが、人間関係が悪いとどんよりとした空気が流れてしまいます。誰かと誰かが仲が悪いということだけでなく、「仕事がつまらない」「やる気が出ない」というスタッフにはこまめに声かけをし、仕事に対して前向きになれるようにケアしていかなければなりません。

 

 そのためには、店長や店長候補自身の人柄はとても大事です。店長が信頼できる人でなければ、スタッフも仕事の相談をしようとは思いません。テキパキと仕事ができるだけではなく、思いやりがあって細かいところにまで目が行き届くということも、店長にとっては欠かせないスキルです。

 

  • 店長は仕事をこなせるだけではなく、スタッフが相談しやすいような人柄も重要。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する