高年収・高時給のアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

424views

imasia_13522519_M

 

派遣の販売員は高時給

 アパレル販売員というと、給料が安いイメージを持たれがちです。確かにアルバイトやパートは時給1000円以下のところも多いですし、正社員でも給料が安くボーナスもほとんど出ないと、年収200万前後しかもらえない企業もあります。都市部など家賃の高いところで一人暮らしをするのは厳しいという人も多いのが現実です。

 

 しかし、派遣のアパレル販売員は、時給1500円以上の求人がたくさんあり、残業代を含めると年収が300~350万円を超える場合もあります。派遣社員といっても待遇が悪いわけではなく、社員割引で自社ブランドの商品を購入できたり、有給休暇が取得できたりします。アパレル販売員を続けたいけれど給料面が不安だという場合は、高時給の派遣社員を検討してみるのも一つの手です。よく知られている人気ブランドが派遣社員を募集していることもあります。 

 

  • 派遣社員は時給が高めで、年収に換算すると300~350万円を超えることも多い。

 

外資系ブランドはインセンティブがつくことも

 アパレル販売の中で時給や年収が高いのが、外資系ブランドです。ある程度の販売員経験があれば、年俸350~400万円はもらえるはずです。外資系ブランドは、ショップマネージャーやセクションマネージャーなどの役職がつくと、年収がアップするのに加えてインセンティブがつきます。他社から引き抜きの話がくるほど優秀な販売員の場合、年俸500~800万円ということも夢ではありません。

 

 ただし、外資系ブランドはいつ日本から撤退することになるか分かりません。実際にイギリスの人気ファストファッションブランド「TOPSHOP」は、2015年1月に急に日本からの撤退を発表。すぐに店舗は閉店してしまいました。また、有名な外資系ブランドだとしても、日本企業がライセンス契約をして展開している場合、契約が切れてしまったら店舗は閉鎖ということもあります。外資系ブランドは高収入な反面、急に職を失うというリスクもあるのです。

 

  • 外資系ブランドは年俸が高く、役職がつくとインセンティブももらえるが、突然日本から撤退する可能性もある。

 

特技や語学力があると高収入が狙える

 アパレル販売員は、ある程度の年齢になると年収アップが難しくなってきます。それを理由に販売職から離れてしまう人も少なくありません。アパレル販売員として更に年収をアップさせたいなら、自分だけの特技や語学力を身に付けるといいです。

 

 特に海外からの旅行客が多い近年は、外国人の接客をすることが多々あります。ショップ内で英語や中国語ができるのが自分だけなら、外国人客の接客で売り上げを伸ばすことができますので、評価も高くなるはずです。そうした「自分だけの特技」があると、転職の際も武器になりますし、給料交渉もしやすくなります。

 

  • 販売員として年収アップしたいなら、語学力などの特技を身に付ける。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する