アウトレットのアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

106views

imasia_11971533_M

 

郊外にあるアウトレットのアパレル販売員の求人

 アウトレットのアパレル販売員の求人は、ブランドのホームページや求人サイトで探すことができます。また、アウトレットのホームページにも求人情報が載っています。

 

 ファッションビルや百貨店は、土日だけでなく仕事帰りの人が立ち寄る平日の夕方以降も混み合いますが、アウトレットは土日が特に混雑します。そのため、勤務時間にはシフト制と書いてあっても、応募条件のところには「土日祝日勤務できる方」「繁忙期に出勤できる方」と書いてあることが多いです。働き始めてから「条件が違う」ということにならないよう、必ず業務内容や応募条件をよく見てから応募しましょう。

 

  • アウトレットの求人は、土日祝日や繁忙期の出勤が条件のところもあるので、応募前によく確認しておく。

 

アウトレットはアパレル販売未経験でも採用されやすい

 アウトレットは郊外にあることが多いです。都市部に住んでいる人からすると通勤がしにくいため、駅周辺にあるファッションビルや百貨店に比べると求人をかけても応募が少ない傾向にあります。ですから、アパレル販売の経験がなくても採用されやすいというのがアウトレットの特徴です。はじめはアルバイトや準社員としての採用になるかもしれませんが、経験を積めば正社員登用しているブランドもあるので、未経験からアパレル販売に挑戦してみたいという人はアウトレットの求人を探してみるのもいいです。

 

 もちろん経験者は大歓迎なので、ある程度のアパレル販売の経験があれば店長候補として採用してもらえることもあります。ファッションビルや百貨店だと倍率が高い人気ブランドでも、アウトレットなら採用されやすいこともあります。通勤が難しくなければ、アウトレットの求人も視野に入れてみるといいです。

 

  • アウトレットは立地条件がよくないため募集をしても人が集まりにくく、未経験でも採用されやすい。

 

アウトレットのアパレル販売の接客

 アパレルショップは都市部だけにあるわけではありません。大きなアウトレットは、周りに商業施設がほとんどない地域にあります。駅の近くにあるファッションビルや百貨店と比べるとアクセスは悪いですし、仕事帰りにふらりと立ち寄れるわけではないので便利とは言い難いです。

 

 しかし、その分アウトレットにはアウトレットの良さがあります。たとえば、ファッションビルや百貨店では一着10,000円以上するワンピースが、アウトレットなら5,000円で買えたりととにかく破格です。また、アウトレットの中にはアパレルショップだけでなく雑貨店やインテリアショップ、飲食店など数多くのテナントが入っています。色々な商品が格安で手に入るということで、週末は家族連れや観光客がたくさん訪れて賑わっています。

 

 格安で人気アパレルショップの商品が購入できるというシステムは、ファストファッションブランドに似ています。接客の仕方も、販売員から積極的にお声がけしていくというよりも、お客様のお買い物をサポートするという接客方法のほうが一般的です。個人売り上げに縛られるような接客スタイルが苦手という販売員にとっては、とても働きやすい環境です。

 

  • アウトレットはお客様の買い物をサポートする接客スタイルが多いので、個人売り上げに追われることが少ない。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する