百貨店・デパートのアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

271views

imasia_1537027_M

 

百貨店やデパートが直接求人を出している

 百貨店やデパートには、テナントとしてアパレルショップが入っているところがほとんどですが、売り場やフロアごとに百貨店・デパートの社員も配属されています。特に催事売り場があるフロアは、一定期間ごとにテナントが入れ替わるので、百貨店・デパートの社員がそうしたテナントのサポートをしています。

 

 そのため、人材を募集するときも、百貨店・デパートが直接求人を出しています。百貨店やデパートの社員、パートとして働きたいなら、ホームページで求人を探してみるといいです。ただし、接客業務よりもフロアを統括したり、アパレルメーカーなどのテナントのサポートをする業務のほうが多くなる可能性もあります。

 

  • 百貨店やデパートは自社のホームページで人材を募集している。

 

百貨店やデパートを専門に扱う人材紹介会社に登録

 百貨店やデパートは、幅広い年齢層のお客様が来店します。高級なブランドや商品の取り扱いもあるため、年齢層が高いお客様も多いのが特徴です。そのため、しっかりとした丁寧な接客ができる人材が求められていますし、人材育成をするために研修なども行われます。より上質な接客技術を身につけたいという人は、百貨店やデパートに転職するのも一つの選択肢です。

 

 ただ、テナントのアパレルメーカーに転職すると、路面店やファッションビルに配属されることもあります。百貨店やデパートを専門に扱っている人材紹介会社に登録して仕事を紹介してもらえば、確実に配属先は百貨店・デパートになります。人材紹介会社では、正社員や契約社員のほか、派遣社員、パート、アルバイトなどさまざまな雇用形態の求人を扱っていますから、より希望に近い転職先を紹介してもらえるはずです。

 

  • 百貨店やデパートで働きたい場合は、それらに特化した人材紹介会社に相談するといい。

 

応募する前に条件をよく確認する

 百貨店やデパートのアパレル販売員は、ファッションビルや路面店のアパレル販売員とは違って、条件が厳しいことがあったり環境が大きく異なったりしますから、応募前によく確認しておかなくてはいけません。

 

 まず、百貨店の社員として働く場合は、百貨店の制服を着用することが義務付けられたり、髪型や髪の毛の色なども派手になりすぎないように指導されたりすることがあります。

 

 また、アパレル販売職に応募しても、実際に配属されるときは飲食店フロアや催事場、会計係りなどにまわされる可能性もあります。勤めているうちに異動があることも考えられます。どうしても百貨店・デパートでアパレル販売員がしたいのなら、応募する前に配属や異動がないかどうかを確認しておきましょう。

 

  • 百貨店やデパート勤務は、ファッションビルや路面店の販売員とは条件や環境が異なることがあるので、応募前に確認しておく。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する